2012年11月08日のつぶやき

jazzfish2010 / ゴリラ13
『防波堤・埠頭の際の探り方あ・ら・か・る・と』安・近・短の海釣りを目指す博多の釣りバカ|http://t.co/2JckDQPc at 11/08 15:05
posted by ジャズフィッシュ at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寒っ!

 昨日は粉雪交じりで積雪はなかったものの、今日も寒いですね〜!

とても釣りのお話をする気にはなれない天気でございます。(笑)


右サイドバーの一番上の写真集をご覧になっていただけましたでしょうか?

私自身は画像よりも音楽が気に入っています。

もしも今日釣りに行かれる方がおられたら、防寒対策はバッチリとしていきましょう。

ベランダに出ただけでブルブル震えます。

休日ですとこんな天気でも私は釣りに行くことが多いのですが、今日はあいにく仕事でございます。

10年ほど前は須崎・箱崎埠頭でクルマ横付けでカレイを狙っていましたが・・・・。

今はサカナもほとんどいませんし、釣り場も制限されます。

色々な意味で釣りも閉塞感があります。

年末だと言うのに、頭の中は「Tシャツ・短パン・ビーチサンダル」で手軽にできる夏の釣りに思いをはせています。(笑)

早く、暖かくならんかな〜と!!

posted by ジャズフィッシュ at 07:27 | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスの日に10万PV達成!!

 昼の2時ごろに自宅を出て、昼飯をとりに行ったのですが、車の多いこと、多いこと。

晴天ですが、風は強くしかも冷たい風です。

そういえば、かれこれ5年ほど前のクリスマスイブの日も休みで箱崎埠頭に出かけて、帰りは「地獄の渋滞」に遭遇した記憶が
蘇りました。

クルマの中でトイレに行きたくても、クルマが全然進まずに気が狂いそうな目に会いました。
1回の信号でクルマが2台ほどしか交差点を渡れずに、もう道路の真ん中で放尿寸前でした。(笑)

今日も県外ナンバーのクルマがドンドン福岡市内に入ってきています。

「クリスマスは地元でやっておんなさいマシ!」と、慎んで申し上げたいのですが、福岡の経済効果と若者の夢やお愉しみをぶち壊しても
いけませんね〜。

てなワケで、海に向かうことは断念いたしまして、ここに行くことにいたしました。

007.JPG

榎田インター近くのヤマダ電機でごわす。

使っているHPのプリンターがボロなくせに、インク代がやたらと高くてランニングコストを考えるとあきらかに
複合機のちょっと良い物を買ったほうが断然お得!

なので、エプソンの複合機を買いました。

帰宅して、今までのHPのプリンターを外し、エプソンのプリンターを繋ぐのに1時間半かかりました。
取り説を見ながら、アーでもない、コーでもないと。

接続が完了して試しに1枚印刷すると、今までより驚くほど早くてビックリ!

そうこうしていると、妻から「水の駅に行って、お水を買ってきてちょうだい!!」と言われて、シブシブ水の駅に向かいました。

帰りには過日ご報告いたしましたイルミネーションをまじかで見てまいりました。

008.JPG

近くで見ると一段と綺麗です。
デジカメの性能がよろしくないので、綺麗には見えませんが、実際は数倍綺麗です。


お蔭様でクリスマスイブの日に右サイドバーに150記事ほど書いたぐらいから設置したブログラムのPV(ページビュー)が10万を
超えました。

これも皆様のおかげでございます。

更に今日は右サイドバーの一番上に「デジブック」を置きまして、1年間のハイライト映像をお届けいたすようにもいたしました。

適当にクリックして、スピーカーの記号をクリックすると心地よいギターが印象的な曲が流れます。
30日間無料設置とのことで、置くことにいたしました。

何はともあれ、「メリー、クリスマス!」なので、ございます。

お互い飲み過ぎないようにいたしましょうね!!



posted by ジャズフィッシュ at 00:11 | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスイブは魯山人を読む!?

 釣りに行けずに、ストレスが溜まっているかと言いますと・・・・・・それがそうでもありません。(笑)

釣りに行けなくても愉しみなどはいくらでもあります。(ちょっとやせ我慢)

ですが、「冬将軍の訪れ」と言う文言を聞いただけで気分がへこみます。

私は夏が大好きなので、対極にある冬はダメです。ホント!!

「サンダル履きでちょっと出かけてみるか!」
と、いう気にもなれませんよね?(苦笑)

そんなときはパソコンで遊んだり、ジャズを聴いたり、本を読んだり・・・・

本の数もかなりありますが、本には幾つか種類があります。

1度読んだら2度とは読みたくない本。
何度読んでも面白い本。
たまに引っ張り出して読見たくなる本。
すぐに捨ててしまう本。
存在自体を忘れてしまうようなどうでもよい本。

エトセトラ、エトセトラ・・・。

たまに引っ張り出して読みたくなるのがこの本。

001.JPG

北大路魯山人の「魯山人味道」と言う本。

書画・陶芸の天才と言うばかりではなく、料理人としても随一の方で本当に尊敬と憧れの念をもってしまう才人であります。

「なんでも開運探偵団」にこの方の陶器が出てくると、小さな茶碗やお皿でも数百万はくだらないという方ですが、
私はこの方の陶器が大好きです。

骨董マニアになるほどのお金はないので、勿論この方の陶器など持てはしませんが、尾形乾山の皿とこの魯山人の皿は雰囲気が似ていて、
独特のアイデンティティがあります。

どちらもオンリーワンの芸術家です。

さらに、この魯山人と言う方は漫画「美味しんぼ」の海原雄山のモデルとして知られる美食家ですが、食についての本はこの1冊のみでございます。

この本の大半が海産物のことが書かれています。

釣り好きの方には、非常に参考になる文献でもありますし、この方の着眼点の凄さを思い知らされる本でもあります。

また、126ページからのオオサンショウウオを食べるときのお話や
133ページからのガマ蛙(ヒキガエル)を食べたお話などは、なんとも驚くばかりです。

今や特別天然記念物のオオサンショウウオを食べるなど・・・・。
今ではご法度ですが、当事は良かったみたいです。(笑)

魯山人は昭和34年に77歳で亡くなられていますので、ほとんど私が生まれた頃に亡くなったような方です。

このような偉大な方の残した文章を僅かな金額で読める有難さを感じます。

クリスマスイブの日にこれを読んで、飽きたら海にでも出かけてみようかな〜。

いかんせん私のパワースポットだと思い込んでいますから・・・・。

寒くても海辺を見るだけで元気になれそうです。





posted by ジャズフィッシュ at 11:50 | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りとパチンコ、釣りと株取引は似ているか?

 釣りをする方でパチンコをする方もたくさんいますね?

そのような方は、「釣りとパチンコはよく似ている!」と、言います。

つまり、良い台に座ると入れ食い状態になる・・との、ことです。

私自身20代後半でパチンコとは決別し、以来1度も言っていません。
誰に誘われようが、いかなる状況でも絶対にいたしません。(笑)

社長命令で、軍資金をいただいてもお断りいたします。
断じて。
絶対にです。

これほどまでにかたくなに拒む理由がありますが、あえて書きません。(笑)

人がパチンコをするのは、一向に構いません。
パチンコをする方が嫌いなどと言うことも断じてありません。

ですが、私自身は死ぬまですることは100%ありません。アーメン!!

それと変わって私はパチンコをやめてから、株取引を始めました。
バブルまっただ中で、それこそどの銘柄を買っても儲けましたが、ご他聞にもれずブラックマンデー以降の急激な暴落で結局損をしました。(笑)

暫くしませんでしたが、ITバブルのときに再び始めましてソコソコ儲けました。
が、これもライブドアショックで損を出してしまいました。

思えば、凝り性な性格がたたり、株の本をはじめ、株式新聞、四季報などを読み漁ってやりましたが、結局ダメでした。

ところがそれに懲りるわけでもなく3度目の正直を試みています。

機関投資家や証券会社、仕手グループなどにもほとんど影響されずに独自の投資法を見つけました。

釣りとよく似ています。

釣りニュースや雑誌、ネットでの釣りニュースなどを見ている方は、良い釣りをする可能性は極めて低いと言わざるを得ません。

株でいう儲け話など、何処にでもいくらでも転がっていますが、そうなるためしはほとんどありません。

つまり、情報を流した方が安い値段で仕込んでいたりするだけのお話。
儲かるのは情報を話したヤツラだけでございます。

証券会社の営業マンの方の話を聞いて大金持ちになった方と言う人をご存知ですか?

いませんよね〜?

つまり、プロが推奨しても株価は1ヵ月後のことなど、誰にもわからないのです。

まあ、たまにそのとおりになることもあります。

ですが、私自身そんな情報など全く無視して自分なりのルールでやり始めてから確実に利益を出す方法を編み出しました。

勿論ここでお話しするわけにはいきません。

今はやりの情報商材ですと、数万で売れるはずです。(笑)

ですが、そのようなこともいたしません。

あまりに簡単で、恐らく買った方からクレームがきそうなので・・・。

ヒントですが、私はここ数年たった一つの銘柄しか売り買いいたしません。
数千ある銘柄の中でたった一つです。

それ以外は見向きもいたしません。
暴落、急騰も無関係なやり方です。

若い頃は経済誌を読んで、ロジカルな思考の元にこうなるからこの銘柄が上がる、PERがどうだからこの銘柄は上がるだとか、
業績や一株あたりの収益からこの株は見直されても良いだとか、そんなことを考えていましたが、

そのようになったためしはありません。
あったとしても、たまたまです。

理論や理屈など無関係な動きをします。
多くはは心理戦でもあります。

そんなのを考えるほうが無駄だと言うことを知りました。(笑)

なので、私なりの投資法を考えたのですが、
ヒントを言いますと、機会がなければ1年間に1度も買うことも、売ることもありません。

素人がお金を休ませてはならないなどといって、次々に違う銘柄を買ったところで儲かる見込みなどほとんどありません。
そんなことなら、証券会社や機関投資家は損失など出しません。

素人がこんなことをすると売買手数料で証券会社が儲けるだけのお話です。
この世界はそんな甘い世界では、ございません。

完全なゼロサムな世界です。

株の相場に乗らないのも株取引でございます。

時期が来るまで、知らん顔。

時期が来たら、少しつまみます。
儲けたらすぐに逃げます。

口で言うのは簡単ですが、1000人中999人はできません。
もしかすると10000人中9999人はできないかも。

実はこれをするには精神力が要ります。

釣りで言いますと、「私にはボウズなどない!」
その秘訣は、「誰でも釣れる時期にサビキでアジゴ釣りしかしない!」と、言っているようなものなのです。

釣り好きの方が、アジゴしか釣らないだとか、誰でも釣れる時期にしか釣らない・・などと言うことは、地獄みたいなものですし、
面白くもなんともありません。

チヌが釣れる時期にも、スズキが釣れる時期にもアジゴしか狙わないのですから、生き地獄でもあります。(笑)

私の株式投資はそんな感じです。
面白くもなんともありません。
利益を得ても、アジゴを釣った程度の喜びです。(釣れて当然)
額など問題外です。

陽転思考とばかり、アチコチに行ったところでろくなことはありません。

まあ、釣りでボウズを食ったところで、痛くも痒くもありませんが・・・。












posted by ジャズフィッシュ at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

荒津オイルセンター西側先端でカレイねらいのはずが・・・。

 スズキの泳がせ釣りをしている年配の方に会釈をしてその場を去り、周囲をゆっくりとクルマで回りました。

ところどころに釣り人がいまして、皆さんサビキ釣りをしています。

例の赤茶色の排水溝の脇でも3人ほど竿を出しています。
私はここでは竿を出す勇気がありません。(笑)

正面のメイタ〜チヌのポイントには釣り人がいません。

西側先端に着きますと、一人の年配の方が竿を出す準備をされていました。
常連さんのようです。

「単なる退屈しのぎ・・・・やけん!」と、苦笑いしながら竿を出されていました。

私も1本だけ竿を出してジェット天秤の20号に市販の投げ釣り仕掛けをつけて、「エイや!」とばかり、遠投。

最近のこの場所の近況を尋ねましたが、良い返事はありませんでした。

私が使った竿はヒラマサ用の磯竿の5号で、遠投する際はかなりの威力を発揮いたします。

オモリが海底について余分なイトを巻き取り、仕掛けをずらして手を離した瞬間に竿先にアタリがあります。
竿を持って少し送り込ませてからアワセますと、サカナが付いているようです。

リールを巻いて釣れあがった魚は、なんと27〜28センチのキス。


028.JPG

私の親指から小指までの長さが21センチです。
手のひらを当てると、残りが6〜7センチありましたので27センチか28センチくらいのキスでした。
写真ではわかりにくいかもしれませんが、丸々として太いキスです。

隣の常連さんも、「いい型のキスですね〜、こんなのが10本も釣れるといいんやけどね〜!」と、ニッコリ。

船釣りではこのサイズはいくらでも釣ったことがあるので、驚くこともありませんでしたが、
エサを付け替えて同じポイントに投げ込んでアタリを待ちます。

027.JPG

時間だけが徒に過ぎていきまして、お隣さんと釣り情報を交換。

つい先日大岳海岸にカレイ狙いに行き、フグしか釣れなかったそうです。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

30分ほどしてアタリがあり、キスよりも小さなセイゴが釣れました。(苦笑)

それから又暫くアタリもなく、退屈しっぱなし。

常連さんは竿をたたんで、挨拶をしていなくなりました。

更に何匹かセイゴを追加しましたが、大きくても30センチぐらいです。

退屈なので、磯竿を出して折角モエビを買ったので、ウキ釣りをすることにしました。

040.JPG

私のお気に入りのウキを使うことにしました。

テトラの切れ端や岩場のところを底スレスレで流しますと、ウキが沈んだのでアワセますと、
釣れたのは何と・・・・・・・この方。

044.JPG

メバルバリの8号によくかかったものです。(苦笑)

「あんたは誰?」と言いつつ、リリース。

エサをアオムシに換えて流すと、再びウキが沈んでいきました。

でも・・・・・・・・・・。
釣れたのはこの方。


039.JPG

いつものように膨らんでいますが、可愛いやつです。

まともなサカナがいないことを悟り、投げ竿も磯竿もたたんで、道具を片付けてしまいました。

036.JPG

きれいな夕日を眺めながら、エサもたっぷり残っているし、「折角だから姪浜にメバル狙いにでも行くか!」などと、
一人で「太陽に吠えろ!ごっこ」していました。








posted by ジャズフィッシュ at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多湾の湾奥でメバルが釣りたい!! 3

 もう1隻の船がなかなか出て行かなくて、イライラしていると・・・、ようやく業が終わり船が出て行きました。(笑)

船が着いているところが、一番のポイントです。

船が出て行った後は、スクリューで海水がものすごい勢いで渦を巻きますので、落ち着いたところを見計らって竿を出しました。

ですが・・・・・・。

何のアタリもありません。

深い水深ですので、底を探ったり、底から1メートルぐらいのところを探ったり、水深7〜8メートルほどの真ん中あたりを探ったりもしましたが、
まるでアタリがありません。

メバルどころか、何にもいない!!

諦めかけていると、底から30センチ程度のところでかすかなアタリ。

もしかして・・・・・、と思ってアワセますと、なんだか妙な引き方で、明らかにメバルではありません。

012.JPG

30センチ程度のセイゴです。

引いているんだか、遊んでいるんだかわからないような引き方です。

更に同じポイントでもう1匹追加したところで、そのポイントの左右10メートルぐらいを探りましたが、ダメです。

再び同じポイントにエサをつけて落としますとアタリがあってまたしてもセイゴ。

結局、ピンポイントでセイゴを8匹ゲット。

016.JPG

大きなハゼが目立ちますが。。。

今回も湾奥でのメバル釣りは失敗。

いつになったら、行けば必ずメバルが釣れることやら・・・・。


タグ:メバル
posted by ジャズフィッシュ at 23:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多湾の湾奥でメバルが釣りたい!! 2

 メバルを求めて夕方から箱崎埠頭に行きましたが、まだ暗くなっていませんので、少し遊びます。

今日はいつもと違いハンドメイドの落とし込みの竿は使いません。

その代わりに妙なタックルを使います。

005.JPG

短めで柔らかいルアーロッドに、ハリス1号を50メートル巻いたスピニングリールです。
ハリスをリールに巻いていますからその先端にジグヘッドをつけます。

これに、メバル用のワームだとごく普通ですが、アオムシをジグヘッドにつけます。

暫くこのタックルで釣りをしていますと、シーバス狙いのルアーマンが怪訝そうに私を見ていました。(笑)

「極端にに短いルアーロッドの先にアオムシなんぞぶら提げて、コイツは何をしておるのだ?」と言う表情をしていました。(笑)


006.JPG

確かにこんな釣りをしていると、ただでさえ「怪しいおっさん」が余計に怪しいので、ルアーロッドをそのままクルマに仕舞って、
チヌ専用の短竿に3号のオモリをつけて際を狙いました。


竿先を海面に向け、リールの糸巻きをオフにすると、スルスルと仕掛けが海底まで落ちていきます。

最初に釣れたのがいつものお馴染みの常連さんのこの方。

007.JPG

そうです。コイツです。

底にえエサを落として、少ししゃくると激しい引き方をして釣れたのは、この方。

008.JPG

「ハゼどん」、で、ごわす。

更にフグのような小さなアタリがありまして、少し待ってあわせると、かなりの手ごたえです。
いかんせん水深が13メートルぐらいありますから、底でアタルと、海面まで上げるのにいつもの数倍の引きがあります。

何だろうと思いきや、釣れたのはこの方。

009.JPG

25センチほどの体高があるキビレ。

まだ、こんな連中が底付近をウロウロしているのです。

一番釣りたいポイントはあいにく2隻の船が停泊中で、釣れない状態ですが、そのうち1隻が作業を終えて、港から出て行くようです。

010.JPG

ラッキーですが、その向こうにはまだ1隻の船がいて、クレーンで船から鉄骨をトレーラーに積み込んでいるようです。

そのうち作業を終えたら、この船もいなくなるに違いない・・・と、勝手に想像してこの船がいなくなるのを待ちました。

すぐにまたほとんど同じサイズのキビレやハゼが釣れました。

真っ暗になったら・・・・、お目当てのメバルが来るかも?

そう思いつつ、船が離岸するのを待っていた私でした。

が、その結果は・・・・。




posted by ジャズフィッシュ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多湾の湾奥でメバルが釣りたい!! 1

 私が良く見るブログに「青虫大好き!」と言うブログがあります。(リンク集にあります)

相互リンクしていますが、実は話し合って相互リンクしたわけではありません。

何気なく福岡の釣りサイトと見ていると、私のこのブログがおススメサイトにあったので、私もそのブログを読みましてリンクさせていただきました。

「礼には礼を尽くすのが男の掟」だと思っています。(笑)

しかも良く釣るポイントが非常に似ていますし、釣りのスタンスが良く似ています。
自分で言うのもなんですが、私は私なりに今の釣りスタンスを作り上げるまでに45年かかっています。

たいていの釣りをやったつもりですし、大物も随分釣りました。
しかし、ボウズなど何十回どころか、気が遠くなるほど味わいました。

チヌにはまって、夜討ち朝駆けの生活をしたこともあります。
スズキにはまって、2ヶ月間連続で毎日のように同じ釣り場に夜釣りに行ったこともあります。

船に乗って色々な釣りもやりました。

瀬渡しで、クロ釣りにも行きました。

エギングもしますし、アジングもしますが、行き着いたのが今の釣りなのです。

シーバスをルアーで狙ったり、フラット・フィッシュをルアーで狙ったりも幾度となく致しました。

このブログをマジで書き始めて約1年ちょっとですが、私の釣り歴の44年分が割愛されています。(笑)

で、今はメバルがメイン・ターゲットなのです。

20年ほど前にチヌにこだわっていた頃にメバルが外道でよく釣れたものですが、速攻でリリースしていました。
まるで眼中になく、リリースと言うよりクサフグ同様、捨てると言ったものでした。

あれから20年・・・。まさか真剣にメバルを狙うなどとは思っても見ませんでした。

そんな私を最近興奮させてくれた記事がこれです。
http://bbmaeno.naturum.ne.jp/e1048164.html

今の私にとっては博多湾内の50センチオーバーのチヌも90センチオーバーのスズキもそれほど興味はありません。

ですが、20cmオーバーのメバルには興味深々。

以前も記事に書きましたが、博多湾内でのエサ釣りでの尺メバル(タケノコメバルは除外!)はチヌの60センチ、スズキの110センチオーバーに匹敵いたします。

つまり、見たことも聞いたこともありません。

もしもこのブログを見た方で、「それなら釣ったことがあるぞ!」と、いう方は是非ともご一報くださいませんか?

既に6年ほどメバルを追っていますが、今のところ博多湾内では最大24センチ・・・と言うのが、私のレコードです。

今日も「青虫大好き!」の記事を読み、写真から釣り場がわかりましたので釣りに行きました。(笑)

クルマ止めの色や形、メバルが写っている写真の遠くの景色から場所が特定できましたので、そこに行きました。(蛇の道は何とか)

020.JPG

この写真で場所がわかる方は、なかなかのもんですバイ!!

その釣果については次回。続きを読む
posted by ジャズフィッシュ at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事帰りのK君の須崎釣行

 仕事が終わってからK君が須崎埠頭にフッコを狙いに行くとのコトでした。

「気が向いたら、見に行くけん!」とだけ言っていた私ですが、どうにも釣り場を紹介した手前気になります。

私よりも3時間早く職場を切り上げたK君がいる須崎埠頭の某所に私が到着したのは20時30分過ぎ。

暗闇の中で黙々と一人で竿を出していました。

001.JPG

寒いだろうと思って、缶コーヒーを近くで買って差し入れ。

「なんか釣れた?」と私が尋ねると、

「手のひらぐらいのメイタが1匹とアジゴが・・・・。」と、弱々しい声が返ってきました。

全く場違いのポイントで彼が釣っていましたので、ポイントが違うことを告げましたが、
ポイントを変わっても釣れません。

「ちょっと竿かしてん!」とばかり、竿を借りてセイゴポイントにエサを入れるも、サカナの気配すらしません。

「・・・・・・・・・・・・!!!」

「今日はつまらんみたいやけ、何箇所か移動したほうが良いかも・・・?」と告げて私は帰りました。

後日、K君にその後の事を聞きますと、

「移動したら妙な魚が釣れて、毒があるのではないかと思って、触らずに逃がしました・・・」と言って、携帯の待ち受け画面を見ると、
タケノコメバルがしっかり写っていました。

タケノコメバルを知らずに、毒魚と思ってリリースしたそうです。

「・・・・・・・・・・・!!」

まあ、初心者なのでこんなこともありますよね?

ハリスが短いと思ったら、市販のイトつきのハリを買っていたようです。

この前の能古島で懲りて、市販品ときたか・・・・!

私としては、自分でハリスとハリを結ぶことを覚えて欲しかったのですが・・・・。


posted by ジャズフィッシュ at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡市近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!