久々の釣りは痛恨のバラシ2連発!

 異常な豪雨が続いて、北部九州は観測史上最も遅い梅雨明けになりました。

暫く、釣りにも行けませんでした。

それどころか、7月末の豪雨のときは道路に川の水が氾濫して、車がダメになるかと思うほど、福岡市内は水浸し状態でした。

その後も、雨は降り続き、博多湾は茶色になっていました。

昨日、やっと休日と晴れの日が合致したので、夕方から須崎埠頭に行くことにしました。

先端の上組倉庫の前から、砂山のあるところまで、カニをつけてチヌを狙いましたが、アタリすらありません。

で、場所を変えて荒津大橋の下でセイゴを狙うことにしました。

滅多にしないウキ釣りでです。
ハリス2号にメバルバリ9号をつけて大きめの青虫を1匹がけで15メートルぐらい沖に投げました。
ウキ下は2ヒロ半にしていました。

海面には浮遊物が多くてウキがどれかわからないほど、いろいろなものが浮かんでいます。

イとを張って2本目の竿を用意していると、竿がゴトゴト動いています。竿をを立てると、ものすごいヒキです。

ですが、5秒ぐらいでハリスが飛ばされました。
2号のハリスが切れています。

大型のスズキに違いないと思って、ハリスを3・5号にして再度同じポイントに投げると、ウキが多って仕掛けがなじんだかと思うまもなく再び、ウキが沈んでいきました。
ゆっくり待ってあわせると、これまた凄いヒキです。

ドラッグを緩めて臨戦態勢に入ろうとしたときに、またもや軽くなりました。
ハリスにガン玉をつけたところから、切れていました。

再び気を取り直してハリを結んで仕掛けを投げること1時間半。
アタリも何もなく、8時半に納竿しました。

ほんのワンチャンスをモノにできずに、久々のボウズです。

長く釣りをする気にもなりませんでした。
次の日は仕事ですし、夜の9時が限度です。
釣れるかも知れなくても、夜の夜中まで釣りはしたくはありません。

深くため息をついて、クルマのハンドルを握りまして、オリジナルの報復プランを練りながら帰りました。

こんなこともあるのです。
posted by ジャズフィッシュ at 10:55 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多湾のサバを釣ろう!

 夏が過ぎて、アジゴ釣りも一段落した頃に登場するのが、サバだ。

アジゴも少し大きくなっている時期なので、8〜10号のサビキを使っていると、とんでもなく引くやつが釣れるが、これこそがサバである。

面白いのは、水深を測って底カゴのオモリにあわせたウキをつける釣り方だ。

大きなウキが、イッキに海中に沈んでいく。

2匹かかったときなどは、大変である。

おまけに、大暴れして仕掛けがメチャクチャになってしまう。
後の祭りではなく、後のオマツリだ。

こんなときは、安物のサビキ仕掛けは、すぐさま交換したほうがいい。

釣れた、サバであるが、すぐに首を折ると、血が飛び出す。
それをバケツに入れた海水で洗ってから、水氷の入ったクーラーに入れる。

サバは「生きグサレ」と言って、すぐに鮮度が落ちるので、必ず、すぐに締めることである。

持って帰って、考えることは「刺身で大丈夫だろうか?」ということではありませんか?

こういう場合は、ゴマ醤油に漬け込んでおいて、サバ茶漬けにしたり、サバのタツタ揚げにするのがいいものです。

アニサキスという寄生虫がいるので、なるべくなら、刺身はやめたほうが無難です。

シメサバぐらいが限界です。

刺身であたったなどと言っては、洒落にもなりません。
用心に越したことはありません。
言われているより、腹がとても、とても、痛・・・・・・・・・・・・・・・、痛くてたまらない!ということを経験者から聞いたことがあります。
ご用心!ご用心!
posted by ジャズフィッシュ at 23:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の博多湾のチヌの攻略法 C

 さて、エサも、釣り場も条件が揃ったらあとは釣り方であるが、チヌを釣るためには、釣り場全体の構造を知ることも重要である。

これを理解せずして、チヌを仕留めることができたら、それは、単なる運かマグレである。

1〜2匹はマグレで釣れても、10匹となると、これはもう運やマグレでは釣れるモノではない。

チヌは「釣れた・・ではなく、釣った・・・」でないと、面白くないのだ。

今は、立ち入り禁止になっている須崎埠頭の東側は、ヘチから10メートルぐらいは、コンクリートのプレートを海底からコンクリートの支柱で支えている構造になっている。
箱崎埠頭にも、こういうところがあるが、普段潮が満ちているときは、そんなことはわからないが、干潮になると、足元が空洞になるのだ。

このときがチャンスなのだ。
払い潮が出て行くのを待って、送り潮に乗せて足元からどれだけ奥深く支柱周りにエサのついたハリを届かせるかが技術である。

うまくいくと、即座にメイタ〜チヌがアタる。
真昼間にガンガン、アタるからたまらない。

ここは、小潮や長潮、若潮では空洞ができないので釣りにならない。
中潮、大潮の干潮のときに釣りができる「爆釣ポイント」だったが、今は立ち入り禁止だ。

私が言いたいのは、釣り場の構造を理解すると、有利に釣りができると言うことだ。

他にも、マル秘ポイントが何箇所かあるが、それは、そのうちのお楽しみ!
posted by ジャズフィッシュ at 20:27 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の博多湾のチヌの攻略法 B

前回は、ポイントが重要であることを書いたが、それに次いで重要なのがエサだ。

釣り雑誌や釣りの本、はたまた釣りニュースなどでは、エサに関することが、あまり詳しく載っていない。

が、コレこそが、キモである。
確かに、夜釣りでは、青虫でも食ってくるが、昼間は絶望的に釣れない。
不思議であるが、ほとんど絶望的に釣れない。

3月4月のメバルもそうである。
モエビや田エビなら、日中でもメバルは釣れるが、青虫だと、釣りをしないほうがいい。
全く、釣れない。
ところが、夜になると、青虫のえさでメバルがガンガン釣れる。
コレと、良く似ている。
理由は、わからないし、考えても、正解なんてわかりますか?

チヌを昼間に狙うなら、岩ガ二やカラス貝が定番だが、実を言うと、私はこのエサが大嫌いだ。
アタリがないときは、「本当にこんなことしていいのだろうか?」と、真剣に思ってしまう。
更に、チヌ以外にアタリなんぞ、まず、ない!

だから、退屈するし、30分もやってアタリがないと、嫌気がさしてくる。

エサ盗りのフグにエサをかじられないのは良いが、竿先にアタリすらないと、我慢できなくなる。

だから、ついつい、アタリが出る岩ムシなどを使うが、コレが、べら棒に高い!
100グラム1800円ぐらいが相場だ。

こんな高価なエサをつけて、クサフグにエサばかり盗られると、心が折れてしまう。
ハゼなんかが食いつくと、腹立たしくなる。
「あんたらのために、こんなバカ高いエサを用意したのではありません!」と、言いたくもなる。

ガ、しかし実際にチヌがいるところでは、、この岩ムシは効果はあるエサだ。
しかも、カニなどと違って、遅いアワセで良いので、チヌを仕留める確率は上がる。

更に、チヌがいるときは、他の魚がエサをつついたりはしない。
アタリがなくなったり、エサ盗りがいなくなったときこそ、ご用心!ご用心!
チヌがその周辺にいることが多いものだ。

以前、宮田釣具に「シラサエビ」ガ売られていたが、コレはチヌ釣りには最適のエサだった。
モエビよりも大きく、アピ^−ル度は満点だ。
スレたチヌでもこのエサを見たら、食いたくなるだろう・・・という、オーラがある。
今は、売られているかどうかは、わかりませんが。

しかし、こいつも、ブクに入れて、プレート氷の入ったクーラーで管理しないといけないので、厄介ではある。

チヌを何が何でも釣りたい方は、岩ムシかシラサエビを使うことをおススメします。

でないときは、夜釣りに限ります。

カニや、カラス貝で釣るには、「運、根、勘」がいります。
自信がある人は、それでもいいのですが、そうでない方は、エサは考えましょう!
posted by ジャズフィッシュ at 22:52 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の博多湾のチヌの攻略法 A

 チヌは神経質な魚だといわれますが、そんなことはないと思います。

確かに、みんながサビキ釣りしているところでは、あまり見かけません。

昼間に釣ろうとすると、もともとそんなに数がいないので、釣れないがために、そう言われているふしもあります。
チヌは、基本的には夜行性です。

昼間に釣れないわけでもありませんが、夜のほうが簡単に釣れます。

夏にいくら朝早く起きたとしても、すぐに明るくなります。
ですから、なかなか釣れません。

確かに昼間でも釣れないことはありませんが、夜のほうが簡単です。

釣り人は、早起きして釣り場に出かけて、夕方には帰宅したいものです。
しかし、コレがそもそも、チヌのサイクルとは違うのです。

昼間は全くアタリがないところでも、夜になると1ヒロぐらいでガンガン、アタるポイントがあります。
メバルとよく似ています。

昼間は全くいないのに、夜になるとどこからともなくチヌがいる場所があるのです。
要は、この場所さえ見つければ、チヌが難しいなどとは、思わないはずです。

エサは、青虫で十分です。

チヌやメイタがこんなに簡単に釣れるのか?と、驚きながら、釣りをすることができます。

そんなポイントが、博多湾の各所にあります。

場所は言えませんが、夕方の6時頃から落とし込みの竿を持った釣り人が登場する場所が
チヌの楽勝ポイントです。

探せば、必ず出くわします。
posted by ジャズフィッシュ at 23:16 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏の博多湾のチヌの攻略法@

 博多湾のチヌを釣る為には当たり前だが、ポイントをしっかり選ばないといけません。

コレが、言うのは簡単だが、実際は難しい。

新聞や雑誌あるいはネットで「●●埠頭でチヌが3〜5枚」などというのを見て、●●埠頭に釣りに行っても
釣れる確率は極めて少ない。たいていは、ボウズである。

何故そのようなことが起こるかと言うと、●●埠頭なんて漠然としたエリアでは、釣り場を特定できないからだ。
釣りはピンポイント勝負である。
ポイントが1メートル違っただけでも、チヌは釣れない。
落とし込み釣りをされるかたならすぐに理解していただけるであろう。

更に、上げ潮がいいポイントなのか、それとも下げ潮が良いのか?と言うことも当然考えるべきである。

エサは?
仕掛けは?
釣れる時間帯は?

これらをすべてクリアーしないと、チヌはなかなか釣れるものでもない。

がしかし、これらをすべて把握できれば、効率よく短時間でまとめてチヌを釣ることができます。

博多の沖防もそうですが、いきなり・・・ではなかなか釣果に恵まれません。
posted by ジャズフィッシュ at 07:59 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏だ!アジゴだ!アジゴ寿司を作ろう!A

 さて、釣ってきたアジゴをどうして食べるかは、私の及び知らぬところですが、たいていは唐揚げか、南蛮漬けでキマリではなかろうか?

釣れたてのアジゴの唐揚げは、文句なく美味しい。2度揚げすると、丸ごと食べれる。
ビールにぴったりだ。
美味しいビールを飲むために、アジゴを釣りに行っているようなものだ。

南蛮漬けも美味しいし、タッパーに入れておけば、何日も持つ。
(我が家では、すぐになくなるが!)

唐揚げにカレー粉を加えても美味しい。
これまた、ビールと相性のいい献立だ。

だが、これらだけでは飽き足らずに、私がよく作るのが「アジゴ寿司」。

多少の面倒は食い意地が優先すれば、何とかなるものなので、是非ともチャレンジしていただきたい。

アジゴ寿司に適したアジ後は頭を落として10センチぐらいの大きさのものが最適だ。
あまり、小さなものは食べるところがないし、面倒このうえない。


まず、釣ってきたアジゴを左手で掴んで、親指でアジゴの頭を後ろに折る。
右手でエラのところつまんで引っ張ると・・・・・内臓も一緒に出てくる。
右手で頭をひねって、頭と、内臓を捨てる。
コレを水洗いにして、ザルに並べて、水気を切る。(ここまでで、ひと段落)

水気の切れた頭のないアジゴを3枚におろす。
コレをアルミバットに次々に並べていく。
この上から、3枚おろしがひたひたになるように酢をかけて、冷蔵庫に30分ほど入れておく。
(ここで、またひと段落)

酢に漬けたアジゴの色が酢でしまってピンク色になったらアジゴをザルに上げる。
酢を捨てる前に昆布に振りかける。
色が変わったアジゴを尻尾のほうから皮をむく。スルスルとむけるので、楽しい!
で、皮をはいだアジゴの身を酢で濡らした昆布の上に並べて昆布締めにする。

こうすると、1枚1枚が寿司ネタになるし、そのまま生姜醤油で食べても美味しい。
酢飯を適当な形に握って、その上に青シソの葉を半分に切ったものを乗せ、お好みでワサビをつけたり、
おろし生姜をつけた味の昆布締めを載せて完成!!!!

手間、ヒマがかかるが、やはり年に1度は食べたいので、我が家では恒例になっています。

料理のことではありませんが、アジゴを釣りに行ったら、道具は真水で綺麗に洗いましょう!
そのままにしておくと、車の中が異常なほど臭くなりますし、リールや竿が傷みます。
できれば、サビキをするときは、専用の竿を決めましょう!
何万もするようなクロ釣り用の竿はもったいないです。
posted by ジャズフィッシュ at 12:51 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏だ!アジゴだ!アジゴ寿司を作ろう! @

 子供達の夏休みが始まる頃から、福岡市内はクマゼミの鳴き声で朝もゆっくり寝ていられない!

「ワシワシワシ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」とまるで、騒音だ!

福岡市内はやたらとクマゼミが多く、ニイニイゼミやアブラゼミよりも圧倒的に多い。

とにかくこいつらが泣き始めると、朝もおちおち寝ていられない。
朝早くから、午前中に鳴いて鳴いて、鳴きまくっている。

こいつらクマゼミ君たちに謹んで申し上げたい!
「鳴いても良いから、昼から鳴いてくれ!」と。
不思議と、昼頃になると鳴くのをやめる。
人の安眠を妨害するためだけに早朝から鳴いているのではないかとすら思うこともある。

話は、クマゼミの話ではない。
夏休みが始まる頃には、博多湾のどこでも、アジゴが釣れるはずだ。
どこでも・・と言うには語弊があるかもしれないが、それなりに水深があって潮が通るところであれば、どこでも釣れるはずだ。

大きさに合わせたサビキ釣りの仕掛けとジャンボアミを買って近場に出かけよう!

ムキになって釣るモノでもないし、このクソ暑い中で釣るので、効率よく、手際よく釣りたいものだ。
2時間も3時間もかけて10匹やそこらのアジゴを釣っていると、暑さとあいまって本当にバカになってしまうおそれがある。

基本的には、早朝か夕方に釣り場に行くのがいい。

朝の10時頃から出発して途中で釣具屋やコンビ二に寄ったりして、お昼ぐらいから竿を出すなんてことは、いかにファミリー・フィッシングと言えども、自然の摂理をわきまえていないアンポンタンのすることだ。しかも、ド干潮だったりしたら最悪だ。
「八甲田山・死の彷徨」ではないが、暑さと釣れないジレンマにさいなまれて発狂するかもしれません。

釣れずに退屈した子供達を父親が、怒鳴って釣らせたりしているが、真昼のド干潮にそんなことをさせられている子供達を見ると、こちらの心が痛む。
きっと、トラウマになって釣りが大嫌いになるのではないだろうか?
釣りは誰もが簡単にできて、楽しいということをわからせてあげないといけないのに・・・!である。

ビギナーの方にアジゴ釣りのポイントを言いますと、
1 人がたくさん集まって釣っているところに行きなさい!と言うこと。
2 人のマネをしなさい!と言うこと。
3 釣具よりも、クーラーの中に大きな氷を入れて水氷を作っておくなど、釣具以外の小物を充実させな     さい!と言うこと。

1は撒餌をたくさんする場所にアジゴは集まります。
 一人離れた場所で釣るのは、勝手ですが、効率が悪いものです。
 他人と接するのが嫌いだ・・と言われる方には、これ以上何も言いません。

2は「たかがサビキ。たかがアジゴ」ですが、上手な方は初心者の数倍釣って、とっとと帰っていきます。
 その手際や仕掛けやどんな竿で釣っているか、その方の釣り座の周りの小物を大いに参考にしましょう。

3は、せっかく釣ったアジゴを鮮度がいい状態で持って帰るためには、どうすればいいか考えることです。アジゴ釣りでは100匹なんぞ、当たり前です。
ですから、氷の上に入れていくと、後から釣れたアジゴは氷にあたらず、煮えたようにもなります。
なので、しっかり海水を汲んで氷と混ぜて「水氷」の中に釣ったアジゴを1度バケツの水で洗ってから入れるようにしましょう。あまり、海水を入れると氷が解けてなくなりますので要注意です。
更に、バケツは最低2つは用意しましょう!
1つは手洗い用。もう1つは釣ったアジゴを入れるためのもので、深いほうがいいです。
アジゴがジャンプして外に飛び出しますから・・・・。
釣れる時に一気に釣って、アジゴをバケツに入れておいて、食いが止まったときにまとめてクーラーに入れると効率がいいものです。

更に、「追い食い」のテクニックをマスターしてください。
コレは、アジゴが1匹かかっても、竿を上げずにそのままにしておくテクニックです。
ハリにかかったアジゴが暴れてくれて、サビキを勝手にゆすってくれるので、他のアジゴが勝手に釣れてきます。
食いが悪いときは、1匹ずつあげないといけないときもありますが、食いがたっているときは、是非とも、追い食いをさせてください。
サビキのハリが8本着いているとすれば、1回竿を上げるたびに1匹と6〜8匹とでは、釣果は全然違ってきます。
一連の動作は全く一緒なののコレだけで釣果は全然違ってきます。

暑い時期の釣りですので、短時間で効率よく釣ることを心がけましょう。

「費用対釣果」 「時間対釣果」を意識して釣ったほうが真夏にはいいものです。
真っ黒に体を焼きたい方は、長時間勝手に釣ってください。
私なんぞが言及することではありません。

それと、アジゴは食べる分だけ釣りましょう!
釣るより捌くほうが大変です。
ムキになって300匹、400匹も釣っても、どうにもなりません。
ご近所に配っても小さなアジゴですと、お礼は言われますが、捨てられることも多いのは事実です。
社交辞令だけで、本当は迷惑がられていることもあるのです。
posted by ジャズフィッシュ at 12:11 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須崎埠頭でカニ獲り

 少し、サカナ釣りとは離れた記事を書いているのは、承知の上で書いています。

博多山笠の頃の大潮の時に、須崎埠頭に限らず、博多湾内では岩ガニやワタリガニが夜に泳ぎ回っています。

随分昔、私はこれを掬いに、よく須崎に通ったものです。

強力なライトとタモは必携!
海水が入ったクーラーも必携!

海を泳いでいるカニを掬うだけでなく、岸壁にしがみついているかにを掬うのであるが、コレが簡単にいかないところが面白いのである。
泳いでいるヤツは100%獲れます。

潮が澄んでいて、波がないときでないと、ライトで照らしても、海中はほとんど見えない。

更に、カニを見つけても、、牡蠣やカラス貝がアミに引っかかって、思うように獲れずにカニは逃げてしまう。

だから、面白いのだ。

見つけたカニの半分を獲れれば、上出来・・・と、しよう!

獲ったカニは塩茹でが旨い。
で、ビールが更に旨くなるのは言うまでもない。

私はこの「カニ獲り」は博多湾の夏の風物詩だと思っている。
posted by ジャズフィッシュ at 00:12 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

須崎埠頭でのカワハギ釣り A

カワハギのヒッカケ釣りは、釣具屋さんに行くと売られています。

仕掛けに20号ぐらいのオモリをつけ、仕掛けの上についているアミカゴにジャンボを詰めて、ヘリから仕掛けを沈めます。

暫くして、一気に仕掛けを上げると、カワハギが引っかかっているはずです。

重要なのは、アワセのタイミングです。

通常のつりのように、竿先にアタリがある・・・という、釣りではありません。

仕掛けを沈めたら、ジャンボに群がるカワハギを想像しながら一気にアワセないと、かかりません。

なので、竿は軟らかい投げ竿なんかではダメです。
短くて硬い竿・・・つまり、船釣りの30号〜50号負荷の先調子の竿が適しています。
胴調子の竿なんかではダメです。

コレは、釣りではなく「漁」なので、短時間にかなりの数のカワハギを引っ掛けて、サッサと釣り場から撤収するべきだと考えています。

数年前に私がこの仕掛けを使っているのを見られてから、私のマネをする方が何人もいて、カワハギはあっという間にいなくなりました。

中型のクーラーが満タンになるのにそれほどの時間はかかりません。
こんなことを、何人もの釣り人が連日やっていたら、すぐにいなくなるに決まっています。
posted by ジャズフィッシュ at 08:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!