私の、庭のような釣り場!!!

画像 077.jpg

この写真をクリックしてください。
大きくなりましたか?

ここが、私が良く行く須崎埠頭(那の津埠頭)の先端部分です。

ここは、20年来行っているところです。

季節季節の釣りモノが楽しめます。

これからの時期ですと、メイタ・ハゼ・セイゴ〜スズキ・アジ・カマス・サゴシ・キス・カワハギなどが狙えます。

釣り方は、これまで書いてきたので参考にされてください。

クルマが横付けできますので、移動も簡単です。

また、夜になると、釣りモノが変わります。
何が釣れるかは、あなた自身で試してください。
posted by ジャズフィッシュ at 23:15 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋になると行く近場のポイント

画像 091.jpg

ここは、毎年9月になると、ちょくちょく通うポイントです。

ルアーでシーバスを狙う方であれば、ご存知の方も多いと思います。

私はここで秋口になると落とし込み釣りでメイタ〜チヌを狙います。
調子のいいときは、40センチオーバーが出ます。
しかも、キビレです。

さらに、セイゴ〜スズキは勿論ですが、マゴチやヒラメの幼魚(ソゲ)も釣れることがあります。
これは、落とし込み釣りではなく、以前書きました連玉仕掛けでです。

先日行ったときは、手のひらほどのメイタやキビレ、さらに木っ端グロばかりでした。
画像 093.jpg

つまらない釣果でしたので、リリースしましたが、これに大物が混じります。
エサは、アオムシで十分です。
posted by ジャズフィッシュ at 22:56 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜釣りの釣果

画像 071.jpg

ここは、姪浜漁港の中心部から出ている波止です。

満潮に近づいているのがわかる方は、かなりのマニアです。
どこで見るかって?
波止の土台のコンクリートブロックの露出度で潮の干満がわかります。

(写真をクリックすると拡大します)

この、穴の開いたコンクリートブロックの中に魚が住み着くのは容易に想像できると思います。

案外、大物が着きます。
2号のハリスを飛ばすような得体の知れないサカナも潜んでいます。

昼間は漁師さんの迷惑にもなりますので、夜に行きます。画像 069.jpg

これはゴールデンウィークごろの映像ですが、こんなことはザラです。

あまり、デジカメで写真を取るようなこともありませんので、実例をお見せできなくて残念です。
posted by ジャズフィッシュ at 11:35 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多湾のこの夜景も見納めですよ!

画像 073.jpg

ここはどこかお分かりでしょうか?

前回の記事で紹介しました姪浜漁港から見たマリノアの夜景です。

実は、日本一の大観覧車の「スカイドリームフクオカ」は9月までの運行です。
と、言うのも、今後の補修費用が数億円もかかるそうで、運営会社のエバーグリーンが解体して、台湾企業に売却して、台湾に建てられるそうです。

そんなことで、これは、貴重映像になりそうです。

話は変わりますが、ここは夜釣りで昼間とは全く違った、釣りモノが楽しめます。

まさか、こんなところで・・・・という魚にもめぐり合えます。

何よりも、夜は涼しく人がほとんどいないので、集中できます。
しかも、水銀灯があって釣りやすいものです。

5月から11月頃の夜釣りは気持ちいいモンですよ!

エサも、アオムシでたいていはOK!です。

「夜の魅力」にはまること請け合いです。
posted by ジャズフィッシュ at 23:50 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多湾内屈指の好ポイントです!

画像 072.jpg

ここは、私が20年前から通い続ける西区の姪浜漁港です。

姪浜といえば、能古島行きのフェリーがでる波止や人工海浜の波止を思い浮かべる方もおられると思いますが、釣りモノにもよりますが、私はここの漁港内でいろいろなポイントを探っては、季節季節のサカナと遊んでいます。

3月〜6月   メバル・タケノコメバル・ソイ

6月〜11月  アジゴ・セイゴ〜スズキ・メイタ〜チヌ

10月頃    カワハギ

9月〜10月  超特大のハゼと20センチほどのアイナメ・クジメ

変わったところでは、タカバ・シマイサキ・サゴシなども稀にいます。

手長タコ・コウイカ・岩ガ二なども、夏は多いものです。

上げ潮の5分くらいから下げ潮の5分くらいが釣りにいい時間帯です。
ド干潮では、ほとんど何も釣れません。

私は、ここの全てのポイントを丁寧に落とし込み釣りをするのですが、
遠くに行くより確実にいい釣りができます。

アオムシ100グラムで、中型のクーラー満タンぐらいは珍しくありません。

まさに、「安・近・短」の真骨頂ですね!
posted by ジャズフィッシュ at 08:18 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多湾のここがどこかわかる方は、鋭い!

画像 078.jpg

ここがすぐにわかる方は、かなり鋭い釣り人です。

ここは、小物から、大物まで狙えるポイントです。

写真の左側では、今、10センチほどのクロが湧いています。
まあ、こんなもの釣っても仕方ないのですが、ここは干潮からの切り返しにチヌが釣れる事もあります。

勿論、セイゴ〜スズキは一級ポイントでよくルアーマンが仕事帰りに、
ワイシャツ姿で竿を振っています。
まるで、若かりしころの自分のようで、そんな方が懐かしくて、すぐに好きになれます。
画像 079.jpg

ここは、前の写真の反対側です。
3週間ほど前に、40センチほどのセイゴを4匹際で釣りました。

今は、アジゴだらけです。

もう、おわかりですよね?

ここは、須崎埠頭(那の津埠頭)の西側の先端、荒津大橋の下です。
posted by ジャズフィッシュ at 23:09 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここがどこかわかる方は多いと思います!

画像 036.jpg

ここは言わずと知れた、箱崎埠頭の先端です。

春先は、メバル・タケノコメバル・セイゴが釣れます。

夏は言うまでもなく、メイタ・チヌが狙えます。

勿論、家族でアジゴやコノシロも狙えます。

以前は、冬場にここでカレイが爆釣りしたこともあったのですが、
人工島ができてから、ハゼすら釣れなくなりました。
アイナメなんかも良く釣れていたのですが、今は幻ですね。

posted by ジャズフィッシュ at 13:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなこともあります

画像 005.jpg画像 005.jpg画像 005.jpg画像 005.jpg画像 005.jpg画像 005.jpg

チョイ釣りでこんなこともあります。
posted by ジャズフィッシュ at 13:45 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知り合いからのリクエストでアジゴ釣り

 アジゴの唐揚げと南蛮漬けを食べたいので、アジゴを釣ってきてくれと言う知人のために、須崎埠頭に行きました。

いつも、セイゴ〜スズキを狙う場所で、荒津大橋の下です。

ここは今、5センチほどのアジゴが湧いています。
5センチほどですので、サビキは4号を使いました。

1投目から、プルプルとアタリがあり、暫くほったらかしにして、追い食いさせると、8本のハリに6匹のアジゴが釣れていました。

でも、これまで何度となくやったことがある釣りですので、感動も興奮も何もありません。
小さなアジゴを数百匹釣ったところで、迷惑なだけです。

100匹ほど釣ったところで、アジゴをエサにしてスズキを狙いました。
大きなウキがアジゴが暴れるたびに揺れますが、、とうとう水中に消えて行くこともありませんでした。

後片付けが大変です。

釣竿を良く拭いて、リールなども良く拭いて、アミがかかったところは綺麗にしておかないと、車の中がとんでもないにおいがします。

手のひらも、サビキのハリが刺さったり、アジゴのゼンゴでキズだらけです。

まま、今回は予め欲しい方がいたので、釣りに行きましたが、我が家にもって帰ると、家内が怒りますので、アジゴはリクエストがあったときだけの釣りにしています。

posted by ジャズフィッシュ at 00:16 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スズキのリベンジ戦

 先日、大物を取り逃がした須崎埠頭に行きました。
今日は先日のリベンジとばかり、ハリスを3号にして、ハリは丸セイゴの11号にしました。

風もなく穏やかです。
ですが、こんな日はあまりよくはありません。
少し、波っけがあるほうが、チヌやスズキにはいいものです。

エサも、よくはありません。
太目の青虫がいいのですが、幾分細いものばかりです。
キス釣りには良いかもしれませんが、セイゴ〜スズキには細すぎます。

まあ、仕方なくエサをハリに刺して、竿3本先ぐらいに投げました。
潮は右から左に流れて、いい条件ですが、ほとんどアタリはありません。時折、小さなアタリがありますが、5センチほどの豆アジがえさをつついています。

そんな中、ウキが沈んで、暫く待ってからアワセると、35センチほどのセイゴが釣れました。

これからだ!とばかり、気合を入れて、竿を2本にして遠近投げ分けますが1時間ほど当たりなし。

辺りは、だんだん暗くなってゆき、全くサカナの気配が感じられません。

そこで、タナを、1・5ヒロに浅くして、防波堤のキワを釣ることにしました。
運がよければ、チヌもアタルかも・・・と思いつつ、ウキをキワに落として1分もたたないうちに、ウキが沈んでいきました。
ゆっくりアワセると、先ほどと同じサイズの35センチぐらいのセイゴ。

それから、1時間ほど、ウキをキワに流して合計7匹のセイゴを釣りました。
大物は出ませんでしたが、これは狙って釣れるモノでもありません。

帰りに、コンビニでカチ氷を買って、バッカンに活かしておいたセイゴをすべてシメて、帰宅しました。

沖にいないときは、キワ狙いなどしてみるものです。
今日はたまたま釣れましたが、セイゴ〜スズキは予想しにくいものです。キワに沿ってうろつくこともあるので、諦めずにやってみてください。
posted by ジャズフィッシュ at 00:29 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!