またしても釣り雑誌社が破産!!

九州・福岡では、馴染みの浅い釣り雑誌社である(株)海悠出版が破産しました。


福岡では昔よく読んでいた「釣春秋」が破産したことを覚えていらっしゃるでしょうか?


(株)海悠出版が発刊していた釣り雑誌は、月刊「磯・投げ情報」です。


こちらが最後の雑誌です。



全国チェーンの本屋さんなどで、たまに見かけたような記憶がありますが、福岡に住んでいて、関東や関東以北の釣り場情報を書いていても、「誰かこの雑誌を購入する人はいるの?」などと思いつつ表紙だけを見ていたかも?


釣り情報は、自分が行くところや、近隣で行けるところや、船釣りや磯釣りにしても、せいぜい九州・山口までしか興味が湧かないのではないでしょうか?


もともと東北出身だとか、関東出身で、帰省の時に釣りに行くという方であれば話は別ですが、福岡で関東や東北の釣り場を紹介されても、買ってまで読む気はしないはず。


第一、近頃の大学生みたいに、新聞を読まない、本を読まないご時世ですから、雑誌もオマケが付いたものが多くなってます。


でも売れてない!!(爆)


本を購入する方が少なく、釣り人口も減っているから、釣り雑誌社の経営は、本当に大変だろうと思います。


名だたる釣具ブランドも、釣り雑誌の広告枠が減っているか、金額ベースは縮小傾向だろうと思います。


本屋さんもアマゾンなどに売り上げを奪われ、釣具屋さんもアマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングなどに売り上げを奪われています。


各自がスマホやパソコンを持った昨今では、ネットで情報も入手できますし、リアル店舗よりも安く釣具を買えます。


私は個人釣具店が好きでしたが、10年以上も前から早晩なくなる業界だとも思っていました。


まだ勘違いしている釣具店も多く、釣り人が一番欲しいのは「リアルタイムな釣り場情報」だということを理解していないようです。


釣具マニアでもない限りは、釣具などしょっちゅう買うものでもないはず。


量販店で実物を見て、触って、ネットの比較サイトで送料を勘案して最安値のところで購入するスタンスが多いはずです。


このことは釣具だけではなく、多くの商品にも言えることです。


今の50代以降の方は、ネットが面倒だから使わない方も多いのですが、20代から40代の方がこれから30代50代になる頃は、もっとリアル店舗が減少しているはずです。



生活必需品ですらネットでの購入が増えている中、飲食店や食品スーパーと100円ショップ以外は、ネットでの購入が当たり前の時代がすぐ目前のような気がします。



ネットでは絶対に販売できない、ネットで売ると逆に高くつくようなビジネスがこれからの目の付け所かも?



AIが普及しても、人工知能にとって代われないモノやサービスなどもそうですね。



しかし、どれだけAIが発達しても、今日の潮が釣れる・釣れないなどが分かるのだろうか?



そこが一番気がかりな所です。









posted by ジャズフィッシュ at 15:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小池百合子氏の都知事就任で女性活躍社会の到来成るか?

選挙権すらないのにやたらと気になっていたのが、東京都知事選挙


福岡県出身の鳥越俊太郎氏は、週刊誌に書かれた女性問題と高齢のために大きく差をあけられる形となりました。


女性問題の真偽はともかく、選挙前にこういうことが噂されるとなかなか投票されないんですね〜。


さて、東京に限らず全国津々浦々に至るまで多くの課題がある現代社会では、問題は山積しています。


初の女性都知事誕生で、今後の東京がどのように変わって行くのかに興味があります。


東京が変われば、地方も変わらざるを得ないからです。


ところで、7月は本来ならば、博多湾では、大きなチヌが釣れてもおかしくない時季なのですが、今年はサッパリです。


いや今年も!!と言うべきなんです。


昨年もサッパリでしたから、ここ数年サッパリ続きなんです。(涙)


7月だと言うのに、当歳キビレが食ってきたりと、おかしな博多湾です。


025.JPG


メイタ〜チヌが特別釣りたいわけではないのですが、私にとってはクマゼミが鳴くように夏の風物詩の一つであると、これまで感じてきました。


なんとなく、年々博多湾にいる魚の総量が徐々に減ってきているような感じがします。


どの魚種も確実に少なくなりつつあるような気がしてなりません。


気が付けば「激減」となります。


何が原因なのかは、不明です。


春先にメバルやタケノコメバルがここ数年間の中では一番釣れて、復調の兆しを感じたのですが、錯覚だったようです。(涙)


だが、いかなる状態でもこれを甘受するしかありません。


秋にはメイタが活況となるのかも知れませんし、昨年のようにカワハギやサンバソウが湧いてくれることを密かに期待しています。


もうすぐリオ・オリンピックも開幕します。


九国大付属の出場が決まった夏の甲子園も楽しみです。


今年の夏は話題に事欠かないような夏ですね!!




posted by ジャズフィッシュ at 23:47 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本地震の影響

熊本の地震の影響が今なお続いています。


被災地では今も余震が続く中、復旧のメドも立たず、これからうっとおしい入梅に入ろうとしています。


すでに、食中毒なども発生して、仮設住宅や車中泊をされている方々のことを考えると、思い浮かぶ言葉が出てきません。


九州の経済にも大きな影響が出ており、すでにGWでは九州の観光業界は大打撃を受けています。


政府与党も8000億円近い予算を組み、消費増税の先送りも、衆参同一選挙をしないこともほぼ確実になったと思います。


選挙対策などやっている場合ではないのです。


ですが、ジリジリ・・と円高傾向になり、大企業の決算は昨年よりも厳しいものとなっているところが少なくありません。


しかし、これらはまだまだプレリュードです。


恐らく・・・。


地震の終息宣言がなされぬ限り、本格的な復興建設には着手できないとも思います。


本震以降の余震が1400回を軽く超えていて、本震が更に起こる事だってあるかもしれません。


福岡でも警固断層が博多湾から大宰府、筑紫野の下にあり、どういう形でプレートが触発されるか分らないのです。


地震学は大昔から行われてきたわけではなく、今現在では将来的な確たる予想や予報を出すまでには至っておりません。


気象衛星を飛ばして気象を観測するようにもいきませんから、地面の下で起きていることなどは、いかに聡明な方でも憶測の域を出ないのではないかと思います。


南海トラフの予兆などと言うことも週刊誌の見出しに書かれていましたが、本当のことは誰にも分らないのです。


001.JPG


話は変わって、今年の4月から知り合いの方々と日田方面に向かい渓流釣りをする予定でしたが、落石や倒木、土砂崩れが続いていることから、今はまだその気になれません。


002.JPG


気候も今は過ごしやすい時期です。


003.JPG

福岡県でも田舎道に向うと今の時期は麦畑が随所に見られます。


004.JPG


このまま何も起こることなく地震が終息してくれることを、ただただ願うばかりです。
















posted by ジャズフィッシュ at 16:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

休み毎の悪天候と歯医者通いの日々

福岡市の人口が神戸市を抜いて全国の第5番目の都市人口になったそうです。


オマケに新宮町は人口増加率日本一!!


国勢調査で人口が初めて減少したらしいのですが、今後は加速度を増して減少するはずです。


そんな中で福岡市の人口の増加が嬉しいのかどうか??
(凡夫の私には、よ〜分りましぇん。)


春先の気候は三寒四温と言われますが、日頃の行いが良いにも拘わらず?休日は悪天候ばかりで、釣りになかなか行く機会がありません。


しかも、昨年末からの歯医者通いで、休日がいやになっています。 ^^;


行くたびに歯茎に麻酔を打たれ、いろいろなところを削られたりしています。


今日もオヤシラズにはめる金具が合わないと言うよりも、痛みを感じるために再度麻酔注射を打って神経治療開始。


麻酔が効きにくく3回も追加して、フラフラになりました。


目にタオルを置かれると、見えない分いろいろなイメージをしてしまいます。


妙な音がすると、これから何が始まるのだろう??と気になります。


痛いときは左手を上げてくださいね〜!!」などという歯医者さんの言葉に、麻酔をこれだけしても更に痛いことがあるのか??などと、余計なことまで考えてしまいます。


グッタリとして椅子にもたれていると、「大丈夫ですか??」の連発・・・。


奥歯を削られている間中、気をそらすために釣りのことなんか考えていました。


今年はメバルやタケノコメバルに復調の兆しはあるのだろうかだとか、昨年はやたらと少なかったメイタ~チヌはどうなんだろうか・・・などと・・・。


「うがいをしてください!」なんて言われても、口の周りが痺れてまともにうがいができません。


「それではもう少し削りますね〜!!」・・・なんて明るい声で言われても、ちっとも嬉しくないぞ〜!!


それどころか、舌の先が歯を削る機械に触れて血が溢れて七転八倒する姿をイメージするのは私だけでしょうか?


こんな恐ろしい目に遭って、お金まで払わないといけない歯科医院が幾つになっても好きになれません。


でも、歯科医院から外に出たときの開放感は普段なかなか味わえないものがありますよね?


ですが、口の周りが痺れていて、はっきり喋れずに情けない。


GEDC6988.JPG


帰宅後に、釣りに行けずに新調したリールをハンドメイドの竿に取り付けて、ハンドルをグルグルと回している姿をカミサンに見られて、少し恥ずかしくなりました。


GEDC6989.JPG


早く、須崎でメバルでも狙ってみたいと思っています。












posted by ジャズフィッシュ at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食い意地が張った博多の釣りバカ!?

お久しぶりです。  ^^;


冬になると寒さが辛くて?釣りに行くのが億劫になり、食いもんばかりをネットで注文して遊んでいる?食い意地の張った爺になりました。 ^^;


今年、3つ年上の会社の先輩が還暦&退職となり、
年取ったら、なんちかんち言うても、好きなことせんといかんばい!!」との名言を拝聴し、気が向かないことはしない!!と決意しました。


後輩から釣りに誘われても、ほとんどお断りしています。


理由は、団体行動が嫌いで、人と約束するのが嫌いだからです。


約束は守らねばなりませんから、約束をしないようにしました。 ^^;


朝の何時何分にどこどこの釣具屋さんに集合!などと後輩が計画を立ててくれるのはありがたいのですが、
まっぴら・・・・御免です。 ^^;


朝の5時などに、誰がクソ寒いのに釣具屋などに行くか!!などと思うんです。


そんな経験は何百回もしましたし、皆で行動するとロクなことはありません。


海は生き物ですから、昨日釣れても今日はボウズ!でも、不思議ではありません。


私は超・・・短気なので、ダメだと思ったら、場所を替えるか、仕掛けを変えるか、釣りモノを変える・・かすぐに判断します。


ですが、団体行動ではこれが出来ません!!


釣れない場所でチンタラチンタラ・・・していることがほとんどです。


次の釣り場に行こうにも、ビギナーがいると・・・、そうも行きません。^^;


「百戦練磨」と言う言葉がありますが、百回釣りをしたところで、一つの魚種を極めることなど万に一つもないと思う今日この頃です。


そんな私は職業柄か、食い意地が張っていて、ネットで専ら食いもんばかりオーダーしています。^^;


釣りとは全く無関係なのですけど・・・。


ですが、基本的に海産物だとか、水産加工品が気になるので、それらを主に注文しています。


それで、個人的に絶対におススメなのが二つあります。


一つは季節限定で注文した境港のセコガニ


GEDC6806.JPG


GEDC6808.JPG


GEDC6812.JPG


セコガニとは、松葉ガニの雌なのだそうですが、期待もしていませんでしたが、なかなかの味で、カミサンが珍しく「来年も注文しよう!!」と言った逸品でした。


残念ながら、全く同じ商品は既に販売されていません。 ^^;


参考までに、こちらをご覧下さい。
★せこガニ 境港★


カニミソと内子、外子ともに非常に美味しかった!!


私が購入したショップはこちら。
★境港のぅまいごっつぉ屋さん★


もう一つはこちらの送料無料!北海道産 完全無添加朝獲りするめ12枚-10枚




こんな感じです。


GEDC6750.JPG


送料込みでこの値段はありえません!!


GEDC6754.JPG


食べても、グーです!!


どちらも正月前に手に入れると良いです。






















posted by ジャズフィッシュ at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釣りバカ鉄人レース VOL3 中央埠頭でサゴシ狙い

 須崎埠頭からすぐ東側の中央埠頭に移動しました。
特に理由はなく、タダ単に近いからです。(笑)

埠頭先端部分には何人かの釣り人がいました。


005.JPG

皆さん自転車で来られています。
ごく近隣のお爺ちゃんが多いようです。

皆さんサビキで、アジゴを釣っています。
見る限りでは、入れ食いです。

邪魔にならないように、少し離れたところに釣り座を構えました。
沖目を流しますから、エサをつけて遠投しなければならないの、近くに釣り人がいないほうがよろしいです。

仕掛けを作って、エサのキビナゴを刺します。

011.JPG

私は、ナイロン系のハリスのグンダーの6号にルアー釣りで使うチモトの部分が輪になっているハリを結びます。
これですと、軸が長いので鋭い歯をしているサゴシにエサごと丸呑みされない限り、ハリスが切られることは少ないはずです。

タナを2ヒロとって遠投します。
ウキがゆっくりと左に流れていきます。

ですが、アタリも気配すらありません。サゴシがいる気配すら感じません。

タナを変えたり、投げる方向を変えたり、誘ってみたり、色々しますが、サゴシの音信は・・・・・・不通です。

退屈しのぎに、仕掛けを巻いてある渓流竿をクルマから出して、前回の使いかけの青虫をハリに刺して
ウキ釣りで際を狙います。

エサをつけてウキがなじむ前に既にウキが海中に沈んでいきます。

アワセると、面白いように竿がしなってアジゴがなかなか浮き上がってきません。
釣れたのは、18センチ程度の丸々と太ったアジゴ。


014.JPG


この釣り方もアリです。

サビキで短時間に効率よく釣るほうが数も簡単に揃いますが、
ムシエサやサシアミで1匹ずつ渓流竿で釣るのも、趣があるものです。

キビナゴのエサがついた竿をほったらかしにして、ついつい夢中になってしまいました。

1時間ほどウキ釣りに興じていると、あっという間に手のひらほどのメイタやそれより小さなチャリコを含め、
小さなビクには小物が釣れました。


015.JPG

これを釣りに来たわけじゃ〜、ありませんが、いた仕方ありません。

いない魚をムキになって釣ったところで、いないものはいない。
(タダ単に釣りきらないだけかもしれませんが・・・)

キビナゴのエサを生きたアジゴを釣って、流すことにしました。

その時に、緊急事態発生。








posted by ジャズフィッシュ at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今回の休みは、特別老人養護老人ホーム探し

 今回の休日は、釣りどころではなく母がいるショートステイの期限が今月いっぱいなので、特別養護老人ホーム探しに終わった次第です。

北九州に住んでいる弟と待ち合わせをしたのがここ。

001.JPG

スーパー銭湯が好きな方はご存知かもしれませんが、田川郡の金田町にある「日王の湯」というところ。

私の妻の実家はここから5分もかからない場所ですバイ!

なので、私はここには何度も行っていて、お気に入りの風呂ではある。

だが、今回は風呂に入りに来たわけでもないので、単なる待ち合わせ場所。

この付近の特別養護老人ホームを弟夫婦と何件か回ったが、あいにく空室はなかった。

何件か回って思ったことは、車椅子に座っている老人のほとんどが、目はドロリとして1点を見つめているか、車椅子に乗って下を向いてうなだれている方が多かったような気がする。

気のせいかもしれんが・・・。

ご夫婦で、一緒の部屋に入所されている方もいらっしゃった。

お世辞にも・・・・・・・・・・・・楽しそうでもなかった。

だが・・・・・、これも現実だ。

ほとんどの施設は数人待ちだが、これが福岡や北九州になると100人待ちなどザラだ。

100人待ち・・と言うのは、ぶっちゃけ、死ぬまで入れないことを意味するらしい。

誰かが亡くならないと、入れない。
誰かが病院送りにならないとは入れない。
と言うことを意味するらしい。

今すぐに介護が必要なのに、入れない状況が続いているのだ。

保育園も入れないらしいが、老人ホームも入れないらしい。

この国は、「ユリカゴから墓場まで」どころか、保育園から老人ホームまで待たされた挙句に入れない状況なのだ。
訴訟が怖くて産婦人科になる医学生も少ないと聞く。
「ユリカゴから墓場まで心配しながら死なんといかん」国だ。

ろくに仕事もしない天下り官僚に法外な年俸と退職金を払う金は確保されていても、保育園も老人ホームも全く足りていなくて、
教育費すら先進国で日本ほどかかる国もないという。
国民年金の納付率も60%を割ったと聞く。
ひどい有様だ。


過日、先進国の中で最も学校に行く教育費がかかる国だとの指摘があったが、
保育園も足りない。
老人ホームも足りない。
教育費は親掛かりで、勉強できても金がないと進学できないと言う有様。

こんな国なのに、国の財政はご存知のとおり900兆もの借金だらけ。

いったい、誰が何に金を使ってきたのかも、今尚誰がどのような金を使っているのかも不明だ。
近い将来、年金を払ってもない方たちが生活保護申請して、この国は破綻するんじゃないか?

クソの役にも立たない独立行政法人や公益法人を作って公務員をそこに行かせてろくに仕事もせずに報酬だけは一人前みたいなことを長年やってきたツケが、保育園や老人施設の不足にまで及んでいる。

この国の将来は極めて暗い・・と、思うのは私だけか?

民主党代表戦など、下々の身からすれば無関係でないにせよ、期待がもてないのだ。

「誰が総理大臣になっても一緒!」などという感覚を植えつけてきたのは、これまでの政治家の醜態でもある。
私は、誰が総理大臣になっても一緒などとは思わない。

人事院を解体し、国家公務員や地方公務員が身の毛もよだつ公務員法を作り、各省庁の概算要求などその場で破り捨てて、
「MAX50%だ!でなければ、公務員の給料は一律マイナス50%にし、退職金はゼロにして、共済年金も50%マイナスにする!」と言うような
内閣が出来上がらないと、国民は何も期待できないのだ。

国民にその是非を問いかけても85%以上は賛成するのではないか?

何のための民主主義なのだろうか?

更に、公務員の行政立法権はすべて廃止し、殊に独立行政法人や公益法人に関する法律はすべて廃止にしないと、この国はまともになるきっかけすらできないのではなかろうか?

育児介護休業法など、公務員以外に誰が取れる?

95%以上を占める中小零細企業などでは、有名無実な法律だ。

理想はかまわないが、現実問題から片付けないとどうにもならない。

ほとんどの国民が取りたくても取れないような法律を作る提案をするのは、決まって「ろくでなしの公務員」だ。

障害者自立支援法、公益通報者保護法、労働審判法・・・・??

名前ばかりで、ほとんど機能していない。

ライフワークバランスなど謳う前に、労働基準法の罰則を4〜5倍強化するべきではないか?

努力義務や軽い罰など無意味なことが、飲酒運転による道交法の改正でわかったであろう。

性悪説に立つことも必要なのだ。

有給休暇を取らせない経営者は懲役10年だとか、サービス残業・公休出勤を恒常化している経営者は事実だけで懲役20年などにするなどしないと、ワークライフバランスなどあったものではない。

労働法こそ、法律の中で最も機能していない最たるものではないか?
これは、ズバリ経済を優先して資本家に甘くしてきたためだ。
それと税金を多く取るための便法なのだ。

猿芝居はいい加減にして、まともな社会に戻す政治家の出現を心より望んでいるが、しょーもない児童手当がなんだとか、高速道路の無償化だとかばかり言及するが、国民の多くはそんなところに関心などないのでないか?

ここまで書いたので、もう一言言わせていただくと、疲弊しきった「議会制民主主義」を見直すべきではないか?

明治時代にイギリスの議会をまねてできた制度が100年以上もたって今尚やられていることも釈然としないし、
国民の意見など全く反映してないのは、国会議員のあり方を見てもわかるだろう?

誰が、政治をほったらかして代表戦にウツツを抜かせと言ったのか?
そんなことやれ!と言う国民などいないはずだ。

国民からすれば、派閥争いなどどうでもいいの!
悪いが、選挙で立候補するときに地元民のことはすっかり忘れて派閥争いに全力を尽くします・・・などという立候補者がいたら少なくとも私はその方には投票しない。(笑)


そんなことやる暇があれば、中国の漁船が領海侵犯しても尚、中国国民が抗議していることに国際法にのっとり日本が正しいことをして、
今後も少しでもおかしなことをしたら毅然と同様に対処をするといった国連のお墨付きをもらうなどしたらどうだ。
まあ、中国が常任理事国ではあるが・・・!

議会制民主主義では全く国民の意見など反映されないのが、真実の事実だ。

こんな政治が100年以上も繰り返され、多くの世襲議員が跋扈し、国民の意見が反映されていないから、現在の日本があるのではないか?

国民生活をないがしろにして、権力と利権、私利私欲にまみれた政治と行政が行われてきた結果がとんでもない借金と国民の基本的生活を脅かす事態になったのではないか?

高速道路など無料化しなくてもいいから、
老人ホームをもっと増やしたらどうだ。
子供手当てをばら撒くならば、保育園を増やしたらどうだ。

今後は老人がもっと、もっと、多くなるぞ〜!!
俺は、知らんぞ〜!!(笑)


今日は釣りのことには全く触れませんでしたが、釣りをしている方はボケる確率が低いそうです。(本当かな〜?)

法律にほんの少しだけ詳しいおっさんの愚痴を書いてすみません。

釣りに行って、釣りの記事を書くことが幸せなことがつくづくわかってきました。

「何センチの何を釣った!」など、本来どうでも良いことですが・・・・・・・・・・・釣り人はこだわります。

帰宅後に博多湾で赤潮が発生しているとのブログを見て、行かなくて良かった、行けなくて良かった・・・と、妙に安堵した私でありました。




posted by ジャズフィッシュ at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多の夏のチヌ釣り教室 その11(釣り方)

 博多の夏のチヌ釣り教室もいよいよこれで最後です。

その前に、最近私が良く行くポイントの写真をご覧になってください。


画像 802.jpg


博多湾の湾奥のポイントです。

画像 797.jpg

画像 736.jpg

このような場所での際を狙います。

浅いポイントでは、底狙いが鉄則ですが、こんなに暑い時期はかなり上のほうに浮いていることが多いものです。

更に、満ち込みと下げ潮ではタナが違ってきます。

同じ場所に何度も釣りに行ってその場所その場所のタナやヒットしたポイントを把握していく事が大事です。

満ち込みでよく釣れるポイント、下げ潮でよく釣れるポイント、雨の日に釣れるポイント、大雨の後に釣れるポイント・・・などなどは、やはり自分でやってみて自分なりにデーター取りをするしかありません。

自分で引き出しを多く作らねば、他の方は引き出しを作ってはくれませんから。

この引き出しが多くなれば多くいなるほど、僅かな時間での釣行が可能になるわけです。

潮にあわせて休みが取れるということでもないと思いますので、潮見表を見て自分が行く時間帯を勘案して、釣りに行く場所を決めます。

ココで8割ほどがすでに決まってしまいます。(どこで釣るかで・・・!)

メバル同様メイタもだいたい付く場所が決まっています。
日によって多少のずれはあるにせよ、たいていは釣れるポイントは決まっています。
しかもピンポイントですから、初めての釣り人が釣れる確率は極めて低くなります。

たとえばスポーツ新聞やネットの釣り情報で、「箱崎埠頭でチヌ45センチ3匹!」と載っていても、箱崎埠頭のどの場所までかはわかりませんし、釣り人もなかなか教えてはくれません。

落とし込み釣りをしている方をよく見かける場所は、かなりの好ポイントです。
しかも年配の方が良くこられる場所は更に有力視しても間違いありません。

本格的な格好をしている方は単なるポイント探しの場合が多く、私が知りうる限りでは上手な方は必要最小限の道具で、遊びがてら来ているような方が多いものです。

釣り方は、エサをつけて際を狙うのですが、ポイントによっては防波堤から2メートル離れたほどのポイントや水深が1メートルにも満たないようなポイントもあります。

底を狙ったり、中層を狙ったり、色々と試すしかありません。

構造物周りの支柱には必ずチヌやメイタが付きますが、立ち入り禁止区域が多く、ココで釣ることは諦めてください。
そんなところに入り込まなくてもチヌは釣れます。

今年が、カラスガイの付きがよいので今のところはメイタがよく釣れています。

チヌの落とし込み釣りを始める方は、今年はいい機会です。



posted by ジャズフィッシュ at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5時から釣り師の写真集

画像 168.jpg

ここは以前紹介しました荒津オイルセンターの西側の突き出た防波堤から、福岡タワー方面を写しました。
釣り場としては、イマイチですが、景色がいいところです。

画像 123.jpg

ここは、能古島渡船場のところからマリノアを写した景色です。

船と船の間では、ハゼがよく釣れます。
しかも、大きいものが多いです。
夜釣りではセイゴも釣れますし、
4〜5月にかけては、メバルもよく釣れます。

画像 153.jpg

いい写真ではないですか?
ここは、箱崎漁港から東浜のガスタンクがあるところを撮影したものです。
まさに夕マズメ時で、私が一番好きな時間帯です。
夜の帳が下りてから、夜行性のサカナたちがどこからともなく、出てきます。
そんな雰囲気が感じられませんか?

今までは、魚を釣るばかりでしたが、少し心に余裕を持って周りの景色などもデジカメに収める精神的な余裕ができました。

釣りはこういう複合的な要素もまたいいものですね。
いい景色の中で釣りができる時、しかも釣れた時は、至福の時間です。

これからの時期は少し寒いのですが、気持ちが凛!となります。

人が行かない場所、行かない時間帯、行かない季節が案外狙い目です。

posted by ジャズフィッシュ at 00:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨夜のセイゴはプロの手でこうなった。

画像 183.jpg

昨夜の40センチほどのセイゴの半身は元魚屋さんを経営されていた75歳のおじいちゃの腕でこのように変身した。

あいにく、ネギしかなかったのでこのような出来栄えだが、なかなか上手だ。

私も、魚を捌くことは一応はできるが、ここまで上手にはできない。

ワサビ醤油と、ポン酢醤油で酒の肴。

旨くて当たり前なのが釣り人の特権でもある。

例によって、いつもどおりメバルはカミサンが一人でこっそり食べたそうである。

私は、釣るばかりでここ2年ほど、メバルを食べていない!

「俺のは?」と言うと、「メバルを食べたいなら最低10匹は型のいいのを釣ってこないと・・・・」などと、ダメだしを喰らってしまった。

20センチ近いメバルを最低10匹か・・・・!

時期と場所にもよるが、安・近・短がモットーの私にはかなりのプレッシャーだ。

メバルは釣ることは難しくはないが、いかんせんいない。
いても、小さなものが多い。

これは、困った話だ。
posted by ジャズフィッシュ at 00:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!