博多の釣りバカはイボ痔になって病院行きのあとに釣り

 朝目覚めると、昨日ほど痛くはなかったので、一瞬喜んだが、束の間の喜び。

2〜3分すると、ケツがいてぇ〜!!

昨日買った薬は何にもならん!

すぐさまパソコンで「肛門科+博多区」を検索すると、8件該当して、一番自宅から近い上牟田の病院に電話をしました。

「あのう、一昨日から痔が出て痛いんですが、診察する時は肛門を見せんと・・いかんのですか?」と。


横でカミサンが、「なんちゅうアホな電話、かけよっと〜!」と、うるさい!!

「肛門科に行って、肛門を見てもらわんと、意味がなかろ〜もん!」と、やかましい。

痛いので朝一番で病院に行く。

古〜い病院で昔懐かしい感じする病院だ。

院長先生も70歳は既に超えていると思われる。

院長先生の説明に耳を傾けるが何を言っているのかが聞き取りにくい。(笑)

そして診察だ。

ベッドの上に横に寝て、太ももの間に枕を挟まされて、「パンツを脱いで待ちください!」と、看護婦さんから言われた。

自慢にもならんが小学校の低学年の頃から既にオフクロにも見せたことがないケツの穴を簡単に見せられるか!などと思っていると、院長先生が痛いところを、痛くなるように触っておいて、私が痛みで唸ると、

「痛いかね!?」だって・・・。

『バカ野郎!!いてぇからこんなところで、恥を忍んでケツ出しているんだろうが〜!』と思ったが、
声が出ないほど痛かった。(汗)

そのあと、院長先生がパウチされた肛門周辺部の図を見せながら詳しく説明してくれたが、相変わらず何を言っているのかがはっきりわからず、こちらで勝手に察するしかない。

ケツを見られた看護婦さんから、「こちらに来られてください、注射しますから・・!」と言われた。

「2本注射しますね。1本は肩にします。もう1本は静脈注射です。肩の方はかなり痛いので頑張ってくださいね〜!」などと、喜んでいるようでもある。

肩に打つ注射が痛いなど・・・、言わなくても良いだろうに・・・。「2本目は採血してからそのまま静脈注射しま〜す!」と、これまた明るく言われた。

注射も終わり、看護婦さんからクスリの説明・使用法のレクチャーを受け、お金(4190円)を払って無事放免

看護婦さんに相談し、円座を求めて家の近所のサンキに行くとよさそうな物がありました。
2つ買っても898円。(安っ!!)

早速自宅の自分の部屋の椅子において座ってみる。

001.JPG

なかなか良いんじゃないの??

クルマから先日ミニクロガイドが外れたハンドメイドの竿を修復するために持って上がる。

002.JPG

軽く留めておいたので外れたのだろう。

瞬間接着剤をつけてイトを巻き巻き。
ベランダに置いて乾かして完成。

更に、夕方から須崎にスズキ狙いに行くために船釣り用の中型クーラーを洗って干すことにしました。

004.JPG

これで準備は万全かな?

カミサンから「痔で唸っているのに釣りになんか、いかんやろ〜??」と、言われましたが・・・。







posted by ジャズ、フィッシュ at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔のマジメなお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

痔が痛くてメチャ早起きしてしまいました。(汗)

 
 昨日勤務中に肛門がいてぇ〜な〜と思っていたら、痛みは増すばかりでございました。

恐る恐る肛門の付近を触ってみると、小指の腹ほどのできものが・・・!!

これが世に言う「イボ痔」であることが判明。

何せ初めてなもんで、いつもどおり晩酌をし、いつもどおりの●煙。

寝る前は一晩寝たらおさまるだろうとタカをくくっていたが、
朝方4時ごろに痛さのあまりに目が覚めた。

寝られないのでゆっくりと椅子に座りパソコンで「痔」に関する内容を次々に読む。

「アルコールとタ●コは厳禁!!」と、読んで一瞬で凍てついた。
おい、おい・・。

職場に出勤する前に知り合いがいるドラッグイレブンによって薬を買うことにしたが、あいにく知り合いはまだいなくて私と変わらぬ年の女性に、

「あっ、あ、あのう、肛門が痛いんですが・・、何かすぐ効くクスリありませんか?」と尋ねますと、

『「痔ですか?」「イボ痔?」「切れ痔?」「出血は?」「慢性ですか?」などと、矢継ぎ早に言われまして、言葉がなかなか出ませんでした。』

「肛門のところにイボができて痛いんです。」

「それはイボ痔ですね、でしたらこれが良いと思いますよ〜!」といって薦められたのがこれ。

001.JPG

「これですと、塗ることもできますし、注入することもできますよ!」と、薦められたのだが、
注入ってまさか自分で肛門にこんなもんをぶち込んでクスリを出すのか?
何か恥ずかしいぜっ・・・!

大正製薬のプリザエース注入軟膏というものだ。

箱の表書きを見ると、ヒドロコルチゾン酸エステル、塩酸テトラヒドロゾリン配合などと書かれているが、
全くわからん。

こんな名前の物質が何に効くのかすら見当がつかん。(笑)

裏書を見ると、注入する場合と塗布する場合の説明が書かれている。

「注入は少し恐いな! 何か照れくさいな〜!」などと思い、読まずに塗布のところを読む。

●次ぎの量を肛門部に塗布してください。なお、一度塗布にしようしたものは、注入には使用しないで下さい。
15歳以上が適量。15歳未満は使用しないこと・・と書いてある。

適量と言うのはどのくらいを適量と言うのかさっぱりわからん。
まあいい。

職場のトイレでウォシュレットをして、早速塗布することに・・・。

なんだかウンコをしかぶったような感触。
これで1日仕事をするのは嫌だな〜と思いつつ職場へ。

全く痛みなどおさまらん。

時間が経つほどにズキズキしやがる。

昼食後も更に塗布。

「こんな感触は50年以上生きて一度もないぞ!!」と言うような情けない感触だ。
もはや完全にしかぶってしまった感じだ。

「すまん!俺が悪かった!」と言うような卑屈な気持ちにもなる。(笑)

だが痛みはおさまらず、帰りに車に乗り込むときの肛門の痛いこと!!
カバンを助手席に放り投げて、息を止めてゆっくりと腰掛けるが、拷問のように痛い。

運転する気にすらならん。

咳をすると、これがまた最高に痛い!!

これだけではダメバイ!と思いつつ、帰りに自宅近辺のドラモリで飲み薬まで購入。

いつも釣りに行く時に氷を買う際にいる若い女性がレジに・・・。

なんかこれだけじゃ、
「私はイボ痔です!!」と言っているようなものなので、ガムと飲料水も購入。(笑)

若い時にレンタルビデオでエロビデオを借りる際に、それだけじゃ「俺はドスケベです!」みたいな感じがしてついつい洋画の準新作なんかも混ぜる作戦を練ったが、あれとほぼ同じだ。(笑)

買った飲み薬はこれです。

002.JPG

小太郎漢方ぢ内服薬・・・と、いうもの。

なんだかアヤシイ名前だ。
余計に痛くなりそうだ。(笑)

明日は山笠の本番で休みを取ってる。
山笠を見に行くためではないが・・・。

折角須崎で今度はウキ釣りでスズキを狙おうと思っていたのであるが、
明日の朝起きて痛いようであれば、病院に行くことにしました。

夕方までに痛みが治まることを祈るのみ。

カミサンが、終始ニヤニヤしている・・・。
チクショウめ!









posted by ジャズ、フィッシュ at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 痔のマジメなお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。