私も大好きな福岡の画期的な釣具メーカー!!

中州ジャズ2015がいよいよ今月の11日、12日に開催!

早いもので、2009年から始まった中洲ジャズ


中洲にはジャズがよく似合う!を合言葉にしたこのフェスは
100年以上も前にニューオリンズの歓楽街から始まったとされるジャズの歴史から
考えると、まんざら似合っていないはずもない。


別に、雑餉隈ジャズでも構わん!!??


私は基本的にブームには疎く、
好きなことをとりとめもなく追求するタイプなので、
ジャズを聴き始めてから今年で42年目と言うことになります。^^;


ビートルズやストーンズに飽きて?ハードロックやプログレ、パンクロック、
マービン・ゲイやダニー・ハザウェイやAW&Fなどのブラックミュージックを
聴いていた当時の私にとってマイルスの「アガルタ」と「パンゲア」は忘れられないアルバムでした。







ジャズを聴き始める人のファーストアルバムは十人十色でしょうが、
私はありきたりといえばそれまでですが、マイルスから・・・・・でした。


今ではまるで聴くこともなくなった、コルトレーンにもはまった!!



40歳前後から管楽器の音が煩わしくなり、
10年近くピアノトリオばかりを聴いていました。^^;


でも、今年の中洲ジャズ2015で聴きたいのは、
こちらの女性サックスプレイヤーのmichiyoさん






2012,2013年にもソロで参加しているんですけどね。





最近はジャズ界も女性の進出が目覚しく、
平均年齢32歳、総勢11人という女性ユニットが人気を集めています。


その名も「ジャズ・レディ」。


ジャズにうるさいオッサンは聴かないでください!!」と言うのが売りで、
女性目線による女性のジャズを手掛けているらしい。









私はジャズを42年間も聴きいてきたが、
別にジャズにうるさいオッサンではない!!


北島三郎の「祭り」も好きだし、
矢沢永吉の「アリよさらば!」の大好きですバイ!!^^;



自分が好きならば、カテゴリーは何でも良い!!というお話に尽きるのだと思う。


中洲ジャズに行って、ジャズを聴きたくなった!!と言う方が
増えれば、それはそれで大変嬉しい!!


アメリカの唯一の良心」とまで言われるジャズやけんね。










posted by ジャズ、フィッシュ at 12:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いつも楽しくブログを拝見させて頂いております! 毎回の釣りの話にしっかりとした状況推察や理論の話があり、とても勉強させて貰ってます! これに加えて、毎回の何とも言えないブラックユーモアあふれる文章が面白くて仕方ないですw 当方もよく博多湾に釣りに出掛けておりますので、青いホンダのスパイクを見かけられた際は、ぜひお声かけください!
齢30の若造ですが、よろしくお願い申し上げます!ジャズについてもレクチャー受けたいですw
Posted by バティスタ at 2015年09月27日 10:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425263539
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック