私も大好きな福岡の画期的な釣具メーカー!!

博多湾の湾奥で2年ぶりにメバルのアタリを堪能できました!

箱崎埠頭や須崎埠頭の常連の方でも口を揃えて「メバルがおらん!!」と言いますし、私もメバル不在の博多湾を悲しんでいました。


妻が「釣って帰って喜ぶNO1の魚」だからなのです。


私は釣った魚を最近では、ほぼ口にしませんが、妻が言うにはメバルは
・アラカブより味が繊細
・タケノコメバルは美味しくないからいらない
・メイタ〜チヌは持って帰らなくて良い
・セイゴ〜スズキも肥えたモノ以外はいらない
・アイナメは絶対お持ち帰り
・・などという魚好きからすると半ば呆れるようなことを平気で言うのです。^^;


そんな妻がなぜか喜ぶのがメバルとアイナメなのです。


妻が喜ぶから個人的に狙うと言うこともあるのですが、メバルのアタリは本当に面白い!!


急に竿を曲げて走り出すかと思えば、
クサフグの様な腹立たしいアタリ方をするものもいます。


小さいくせに引きはなかなかです。


6月の後半になって、やっとメバルのマル秘ポイントを探し当てました。


6月27日の釣果がこちらです。
GEDC6236.JPG


僅か8匹ですが、2年ぶりに数匹釣れた感じがしました。


6月29日がこちら。
GEDC6247.JPG


丁度10匹


たいした数でもなく、入れ食いとは程遠いのですが、ここ2年間のメバルの釣れ方を勘案すると、上出来です。


現在の私にとっては、40センチオーバーのチヌを同じ数釣るより価値があります。


チヌはメバル釣りのバイプレーヤー(脇役)であり、メバルが釣れなくなる真夏に仕方なく釣っているようなものなのです。


20年前とは立場が逆転しました。^^;


目の色を変えて沖防に渡ってまでチヌを狙っていたのが、本当にウソのようです。


進化したのか、経年劣化したのか、単に飽きたのかは私も良くわかりません。^^;


魚が少なくなった」だとか、「サッパリ釣れなくなった」と言うことが、釣り場では挨拶のようになっている博多湾の湾奥では明るい兆しではないでしょうか?



「朝の来ない夜はない」とも言いますが、以前のようにメバルやアイナメやカレイがたくさん釣れる博多湾になれば!!と思っています。


今のままではかなり悲しすぎます。






















posted by ジャズ、フィッシュ at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。