人生初の喪主になりました!!

9月12日0時19分に私の母が息を引き取りました


北九州在住の弟より真夜中に電話がかかってきて、そのことを知りました。


実は6月8日の母の誕生日に海ノ中道のホテルのザ・ルイガンズで、バーベキューをして母の喜寿を祝った時、母が私の自宅に泊った時よりもずっと以前から「母が末期がんであること」は、私の親族・姻族の間では周知のことでした。


もちろん、勘の良い母も知っていました。^^;


母が最初にガンになったのは、私が二十歳の時で、目の前が真っ暗になった記憶があります。


子宮がんでした


その当時の大学生は電話を持っていることは99%以上なくて、父から手紙で「母がいつ死んでもおかしくないので、覚悟はしとけ!」という様な内容だったことを思い出しました。


一命は取り留めたものの、それ以降母は今日に至るまで、常に病気を抱えていました


常にです!!

・胆石
・腎臓結石
・腸ガン
・門脈シャント
・リュウマチ
・・細かい病気に至っては記憶にもありませんが、体中の手術をしてきました。


ピーターとオオカミの話ではありませんが、母が●●●と言う病気になったと医者から聞かされても、自分でも恐ろしいほどに、凄く冷静且つ沈着でいられました。


いつ死ぬかわからないと言われ続けて36年も生きた母ですから。


母が末期ガンであると分った時も私はある情報を思い出して、母に食事療法をするかどうかを問いました。


母からはあっさりと断られました


祖母は74歳で昼ごはんを食べるまで庭掃除をしていましたが、昼ごはんを食べて、昼寝をしている時にポックリというか静かに息を引き取った記憶が鮮明にあります。


婆ちゃんよりも3年も長生きしたけん、もう〜、いいよ〜!!」と言うのが母の言葉でした。


おりしも私よりも11歳も年上の神奈川県相模原市在住の従兄弟が九州旅行を兼ねて、奥さん同伴で母の顔を見に来るという矢先でした。


従兄弟が10時10分に福岡空港に到着するとのことで、迎えに行くと約束した直後に母は息を引き取りました。


弟と連絡すると、葬式は14日の日曜日
それまでは某所の死体安置所に墓の遺体を保管するとのことで、約束どおり従兄弟を福岡空港まで迎えに行きました。


従兄弟と奥さんが荷物を入れ込み、一段落付いたところで、「実はおふくろはもう死んでしまったよ〜!!」と言うと、従兄弟が「なんとなくそんな気がしたんだよな〜!!」と、切りかえして来ました。


母と9歳しか離れていない従兄弟はほとんど母と一緒に育てられたような状況でしたので、母のことは誰よりも知っているのです。


従兄弟もこの旅行が九州に来るのが最後だと決めていたようですし、すぐに北九州に行って母の死体を見ても事態が変わることないので、従兄弟が行くと決めていた大宰府に向かうことにしました。
GEDC5220.JPGGEDC5225.JPG



大宰府で名物の梅が枝餅を1個づつ食べて、天満宮に赴き、豚骨ラーメンが好きだと言うので、昼飯はここに向かいました。


従兄弟も奥さんも「美味しいね〜!!」と喜んでくれました。


それから従兄弟が最後に行きたい場所・会いたい人がいるとのことで西戸崎に向かいました。


最初に立ち寄ったのは西戸崎小学校
従兄弟が5年生まで通った小学校だとのこと。
GEDC5229.JPG



西戸崎炭鉱に勤めていた叔父さんが西戸崎炭鉱が閉鎖になって北九州の戸畑に転居するまでの従兄弟の思い出の場所のようです。


更に、西日本新聞の西戸崎周辺の記事に登場する藤川さんと言うのが母の従兄弟で、私の従兄弟は幼い頃この母の従兄弟の藤川さんに勉強を教わったとのことで、この藤川さんに会っておきたいというので、アポなしで突然お邪魔することになりました。(汗!)


現在84歳になられるとのことで、ちょうど横浜在住の娘さんが来られていました。


私も母からこの藤川さんのことはよく聞かされた記憶がありますが、お会いするのは初めてでした。


西戸崎興産株式会社の常務取締役をされていたそうです。


従兄弟の姓も藤川ですし、私の母の旧姓ももちろん藤川です。


従兄弟が昔話をすると大変喜ばれていました。


母が他界した日に母から聞かされていた人にお会いできたこともある意味巡り合わせです。


気さくな方で、「今日はうちに泊っていくか?」などと言ってくださいましたが、
いよいよ母の死体安置所まで従兄弟夫婦と行く時間になりました。


弟の家族と夕方6時に八幡東区の某所で待ち合わせをしていましたので・・・。























posted by ジャズフィッシュ at 00:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大助うどんの唐揚げが懐かしいです。
ご冥福をお祈りいたします。
Posted by おみつ at 2014年09月14日 04:26
おみつ様、ありがとうございます。

大助うどんの唐揚げを食べたい!!です。
Posted by jazzfish at 2014年09月14日 19:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!