メイタ乱舞IN中央埠頭

今日、朝方は酷い雨でした。

雷鳴で目が覚めてしまい、朝の5時から自分の部屋で静かに本を読んでいたのですが、神経質なカミサンは僅かな物音で目を覚ますタイプで、「も〜う、休みの日に何でこげん早よから起きようと〜!!」とブツブツ・・・。

ブツブツと文句を言いながら自分の部屋に消えて行き、再び寝たようで、小さいながらイビキが聞こえました。(苦笑)

お互い若い頃はイビキをしなかったのに・・・。


私の場合は過日読んだ本によると、明らかにテストステロンが減少傾向にあるようです。


AMS(エイジング・メイルズ・シンプトンズ)質問票」という17項目をチェックすると、明らかなテストステロン減少が見受けられます。(汗!!)


テストステロン??とは何か興味のある方はヤフーなり、グーグルで検索してみてください。
40歳過ぎたら知っておくべき内容です。)


さて、日ごろの行いが良い??私には今日も神が味方してくれました。


エレベーターを使わずに階段を下りていきますと、既に夏の残骸が!!
GEDC5149.JPG

クマゼミの死骸がマンションの随所で見受けられます。



雨は止み、夕方には路上も乾くような状態。


前回キャスティングで購入したアオムシの残りが冷蔵庫にあるため、それを持って夕方から中央埠頭に直行。


たった2日しか経ってないのに、冷蔵庫に入れておいたアオムシは既に瀕死の状態


20グラムあるかないか程度の弱りきったアオムシがエサです。


1・5号のフロロ・カーボン系のハリスが残り僅か1ヒロぐらい残っていましたので、それにいつもどおりの袖型8号とオモリを付けて太めで元気がないアオムシを付けました。


1投目からアタリが2ヒロぐらいであり、アワセても、じっとしています???


これは間違いなく大物だとばかり、イトを送り出したのですが、底に向かう動きにレスポンスできずに1・5号のハリスが飛ばされました!!!


無傷で新品の1・5号のハリスが飛ばされたことで、頭に血が上ると言うより、アドレナリンとドーパミンが大量放出されたのか、ここでスイッチが「真剣モード」に久しぶりに入りました!!(苦笑)


アタリがあったのは2ヒロチョイの深さでです。


エサも少なく今日はここを集中して狙うこととしました。


タナを浅くすると、当歳セイゴとクロから残り少ないくたばりかけたエサを容赦なく略奪されるのが必至だから。


目印のケミホタルの使い古しを2ヒロ半にセットして、同じタナを探りますと明らかにメイタのアタリが!!


あまり引かずにスンナリとあがったのがこのメイタ。
GEDC5152.JPG

27センチぐらいです。


貴重なエサとハリを引っ張り出して、すぐに海に落としますと浅いタナでエサを咥えるヤツが!!


当歳セイゴかと思いきやこの時期特有の風物詩であるクロでした。
GEDC5151.JPG


エサは食べられ、ハリしか回収できずに僅かなエサの残りを付けて探りますと、妙な気配が!!


既にエサを食っているようで、竿先だけが妙な曲がり方。


すかさずアワセますと、魚は海底目がけて急降下!!


リールのイトが容赦なく放出されますが、ストップした時点で反撃開始!!


途中何度かイトが出ることもありましたが、獲物はこの方でした。
GEDC5161.JPG


40センチに満たない30センチ台後半のヤンチャなメイタです。


よく引いてくれました。


リスペクトを込めてハリを速攻で外してリリース。


エサのアオムシがほとんどありません。


まるで動かないブヨブヨとしたアオムシをハリに刺してピンポイントを垂直に狙うと、やはり2ヒロ半でアタリが!!


竿先をお辞儀させてから、じっとしているのでアワセますと、突然沖に向かって魚は走り出しました。


リールからイトが5メートルほど出たところでストップ。


タモは15メートルぐらい離れた場所に置き去り


イトを出しながらタモがある地点までゆっくりと移動し、ここから反撃開始!!


これまたよく引いてくれますが、過日の50センチオーバーとは比較にならない程度の引き方。


リールを強引に巻きますと、途中でイトが出る始末。


のらりくらりしながら海面に上がってきたのがこの方。
GEDC5156.JPG

さっき釣れたメイタと同じぐらいの40センチ未満のメイタです。


ここで、ハリスがザラザラになっていますので、10センチほど切ってハリを結びなおし、オモリをつけ直しました。


ですが、エサはこの時点でほとんどありません


きれっぱしを繋ぎ合わせたような情けないエサが最期のエサとなりました。


モゾッとするアタリが!!


竿先がゆっくりと静かに曲がっていくのが分ります。
ある程度曲がったところで止まり、ここですかさず竿を跳ね上げますと、今度は海底目がけて走ります。


コレもある程度イトを出しながらその引きを堪能しつつ釣り上げました。
GEDC5159.JPG


これまた30センチ後半のサイズ


今の時期のメイタ〜チヌは元気が良いのが特徴です。


エサが無くなりここで納竿


活きの良いエサがあるときには釣れずに、くたばりかかったエサが残り少ない時に限ってメイタが釣れます。


今日は活きのいいアオムシが更に50グラムあれば、更にガンガン釣れるような状況ですが、神様はお見通し
です。


くたばりかけた動かないアオムシが良いのかどうか?
(そんなはずもない!!)



求めよ、さらば与えられん!!」と言う言葉には続きがあり??
、「しかして、求めすぎるのは、強欲なり!!」です。


神は強欲を許しません!!(苦笑)




スポンサードリンク








































posted by ジャズフィッシュ at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!