メイタや他の魚と久しぶりにご対面!!

前回海面でメイタをばらした中央埠頭に夕方から出かけました。

日が長く、いつまで経っても夜にならないもどかしさを堪えながらメイタのポイントに竿を出すのを待っていました。

今日は際にコノシロの大群がウジャウジャ泳いでいますし、ボラもありえないほどアチコチでジャンプしている中、セイゴも海面付近で跳ねています。

ワールドカップに乗じての海のお祭り??なのかな??

こんな光景は久しぶりです。

今までの「静」から「動」へのシフトチェンジを感じさせる海の状態です♪♪♪

なので、今日はいつもと違うタックルで気分転換。
GEDC5025.JPG
ペランペランのハンドメイドの竿とメタルリール。

わたしがあまり使わない組み合わせです。

アタリがあり、大して引かないので、ミチイトをもってブリ上げたのは30センチ弱のセイゴ。
GEDC5027.JPG
ハリを外して、ハイ!チーズならぬリリース。

その直後にガツガツガツ・・という明らかにセイゴではないアタリがあり、竿先を送り込みますと、ハンドメイドのペランペランの竿先がグイグイ曲がっていきます。

もういいだろう!!とばかり、アワセますと、横走りした後に底に向かって走り出しました。

ハンドメイドの竿が曲がること、曲がること!!

久々の感覚です♪♪

タモがないので、海面から少しメイタの顔が上がるようにミチイトを引っ張り、空気を吸わせ、おとなしくなったところを見はからってミチイトをもって抜き上げたのがこのメイタです。
GEDC5030.JPG
32〜33センチと言うところですが、かなり丸々としてなかなかのナイスバディでしたが、海にお引取り願いました。

その直後に再びアタリがあり、アワセると同時に沖に向かって走り出して、4メートルほど離れた場所で勝手にエラ洗いをしている御仁が!!

ですが、その直後に海底に向かって一直線。

セイゴはたまにこのアクションをやりますから、このときは楽しい♪♪♪

ナイスファイトの末に?簡単に上がったのがこのセイゴ。
GEDC5032.JPG
先ほどと同じく30センチ程度でしたが、良く暴れてくれたので、お礼を申し上げて、リリース。

そうこうしているうちにパトカーが廻ってきて、なんとなくソワソワ。

30代の頃あまりに日焼けしているので、密入国者と勘違いされて職務質問された場所と同じ場所です。(笑)

ここで少し休憩。

パトカーが去り、エサをつけなおして探りますと、セイゴでもなく、メイタでもない妙なアタリがあり、
魚が付いているのですが、まるで引かないので何だろう??と思いきや、犯人はこの方でした。
GEDC5034.JPG
20センチぐらいのアラカブです。

今年初のロックフィッシュ!!

煮付けにはピッタリサイズ。

その後立て続けにアタリがあり、メイタを2枚追加しました。
GEDC5029.JPG
30センチ程度のメイタ。

GEDC5035.JPG
26センチ程度のメイタ。


アラカブを除いてはすべてリリースです。
GEDC5036.JPG
本当に、久々の魚のお持ち帰りです。

入れ食いではありませんが、短時間での釣りとしては久々にアタリと引きを楽しめました。

安・近・短の釣り本来の釣りの様な気がします。

昨日はワールドカップで残念な結果に終わりましたが、死の海同然だった博多湾の湾奥にもようやく明るい兆しが見えてまいりました。


























posted by ジャズフィッシュ at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!