竿を出すことなく、見学に徹しました。

今日は早めに自宅を出て、はなから釣りをする気はまるでありませんでした。

午前中にクルマに積んである釣具をベランダの物置に全て収納し、クルマの中をキレイに?しました。

釣具が積んでいなくとも、釣り場には行って見たいとばかり、いつもより3〜4時間早い昼の2時ぐらいに
家を出て釣り場の散歩をしました。

まずは、行きつけのコチラ。
GEDC4793.JPG

日曜日だというのに誰も釣り人がいません


対岸の東浜も・・・・!
GEDC4794.JPG


モエビをつけて際を探れば、セイゴぐらいは釣れるかもしれませんが、いかんせん道具がありません。


須崎埠頭に行ってみました。


荒津大橋の下や、西側には釣り人は皆無。


ところが、先端正面の西側にはかなりの数の釣り人がいました。
GEDC4795.JPG


皆さん、コウイカ狙いの様子。


エギングの方もいれば、
スッテを垂らしている方もいました。


珍しく、沖防の白灯台と赤灯台の間には山が出来ていました。
GEDC4796.JPG

デジカメの焦点を一番遠くに合わせましたが、この程度の写真が精一杯。


かなりの鳥山でした


釣り人は結構いますが、誰の竿も曲がってはいませんし、獲物も見られませんでした。


東側の一番つけ根のところに行きますと、私と同じようなハンドメイドの竿を持った方が、私と同じような釣り方をしていました。


ビニールバケツの中にはなんと、モクズガニとドンコのようなハゼの仲間が数匹入っていました。


今年の博多湾はコレでもマシなほうです。
GEDC4797.JPG


例年ですと、このポイントではモエビですと、メバルがかなり釣れるはずなのですが、
今年は期待するべきでもありません。


この場所で釣りをされている方としばしお話をいたしました。


ハリの使い方まで良く似ています。


しかも、この方からあるポイントでメバルが釣れた情報を仕入れました。


上げ潮の8分ぐらいで釣ったことも、その場所ですと、整合性が合致しています。


今日は竿も出さずに単なる釣り場の見学&散歩でした。


スポンサードリンク























posted by ジャズフィッシュ at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!