開花宣言で山王公園に立ち寄り、いつもの場所に「散歩の釣り」に行きました。

まだまだ寒い日が続いています。

職場では、「仕事が終わってから夜桜を見に行こう!!」などという輩も多数いますが、私は聞いていながら知らない顔をしています。

過去何十回となく夜の花見に行って、その寒さに耐え切れずに、皆で居酒屋になだれ込んだ記憶しか脳裏に残っていません。(笑)

しかも、ライトアップされていないところですと、夜に何をしに行っているのかすら理解しがたいような状況にも何度も遭遇しました。

まだまだ、2〜3分咲きですが、桜の花は日が出ているうちに見るのが心が穏やかになります。
GEDC4532.JPG
GEDC4533.JPG
GEDC4534.JPG
まだまだ満開には程遠いのですが、この時期の桜には言葉には言い表せない「期待感」を感じます。

桜を見てから、山王公園を後にして前回と同じ御笠川沿いのポイントに行きました。
GEDC4535.JPG
これまで見たことがないような船が泊っています。
(どうでも、よいのですが・・・・・!)


今日は過日ヤフオクで仕入れた落とし込みの竿とリールのセットを試してみることとしました。
GEDC4536.JPG
この手のドラックなし、ギア比1:1の木ゴマリールと同じパターンのリールを使うのは本当に久しぶりです。

スプール口径が大きくミチイトのクセが付きにくいということ以外はあまりメリットを感じられないリールです。

過日たまたまダイソーで見つけたケミホタルの代用品を使いました。
GEDC4537.JPG
1本ずつ8本入って105円ですから、ケミホタルミニと比べますと随分お安いのですが、明るさはイマイチです。値段が知れていますので、それなりですが、2時間ぐらいしか竿を出さない私にはうってつけのアイテムです。

埠頭の端のクルマ止めにはなぜかほとんど手つかずのアミエビの袋がありました。
GEDC4538.JPG
どなたかが、サビキ釣りをして何も釣れずに置いて帰った残骸だと推定します。

この時期にサビキ釣りをする方は、少なくともベテランではなさそうです。

ピクリともせずに、エサを放置したはず・・。

私はいつもどおりアオムシをハリに刺して、3ヒロからスタートして、際をゆっくりと歩いていきました。

100メートルぐらいの距離を往復してアタリは皆無。(涙)

次はタナを2ヒロにして同じ様に歩いていますと、竿先にアタリが!!

慎重に送り込んで、アワセますと・・・・、まるで引かないあの方が!!
GEDC4539.JPG
20センチちょいの泣けるようなセイゴです。

竿先を絞り込むことも皆無。

しかも、その後にアタリは皆無。

まるっきり、面白くない釣りでした

今年の博多湾はつくづく、「釣りとはこれほどまでに面白くないものか?」と考えさせられる状況です。

過去に良い体験をしていなければ、リールの付いた竿ごと足で踏んでへし折って、海の中に投げ捨ててしまいたくなるような状況ばかりが続きます。

どの釣り場も、釣り人もほとんどいません。

皆さんお利口さんです


























posted by ジャズフィッシュ at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!