生涯初のヒイカをついに釣りました!!

12月の4日の今日は12月とも思えないほど、天気が良くて、まさに小春日和という感じです。


幸いなことに今日は仕事がお休みで、いつになく潮見表を見て釣り場に行くことと致しました。


大潮で、アバウトなんですが、干潮が夕方の4時ぐらいで、満潮が10時ぐらい。


少し早めの夕方4時ぐらいに自宅を出て、
途中ポイント築港店でアオムシ50グラムを購入し、
メバルもヒイカも狙える箱崎埠頭の最西端に向かいました。


GEDC0250.JPG


かなりご年配のご夫婦が投げ竿を10本も出しているので、
「カレイ釣りですか?」と、尋ねますと、
「ハゼを狙いよるとよ〜!」と言うご返事。


気合十分、大量のハゼを捕獲して、正月の雑煮の出しにするのかもしれません。(憶測です!)


もういい加減、メバルが釣れても良いだろう!とばかり、
ハンドメイドの落とし込み竿でメバルが釣れるタナを探りましたが、
生体反応ゼロ。


さすがに、チイチイフグもいません。


セイゴぐらいアタッても良さそうなもんですが、
な〜んもアタらん!!!            
(チクショウめ!!)


そうこうしているうちに、クルマがドンドン押し寄せてきては、ルアーみたいなものを投げています。


まさかここじゃ〜、ヒイカは釣れんやろう!!??と思っていると、
近くにいた釣り人が、ここで昨日ヒイカを1パイ釣ったので・・・と言うコメント。


でも、1パイじゃ〜、なかなかヤル気が起こりません。(笑)


55年の生涯において、釣り歴がもうすぐ50年になろうとしている私は、
ヒイカなるイカの実物を見たこともなければ、釣ったことなどありません。


ヒイカの存在を知ったのも、ここの常連さんの気の合うKさんにヒイカの情報を聞かされてからのことです。


こんな無風の小春日和にKさんがいるであろう場所に移動しました。


案の定、おられました。
これも、釣り師の勘と言うヤツです。(笑)


相手の話す内容や言葉、行動パターンを観察・洞察することで、
推察が推察ではなくなります。


そんなことは、どうでも良いのですが、
Kさんにご挨拶をしてヒイカのエギングを教わりました。


習って、2投目でついに妙な重みが竿にかかり、
リールを巻きますと、生涯最初に釣り上げたヒイカが・・・!!


GEDC0251.JPG


まさに小さなチビイカです。


こんなヤツが博多湾の湾奥にたくさんいるなんて!!


GEDC0255.JPG


イカをカウントするには1パイ、2杯・・・とカウントするのが、
慣わしかもしれませんが、このヒイカは1匹、2匹でも良いんじゃ〜ないか?と思います。


1パイ、2杯・・・というほど大袈裟なもんではございませぬ。


ですが、退屈しない程度に9杯釣れました。


GEDC0260.JPG


Kさんはタッパーの中にそうめんのツユを予め入れてきて、
釣ったはしから、タッパーの中にヒイカを入れて、
「ヒイカの沖漬け」を作っています。


クルマ横付けの場所で、「沖漬け」も妙な感じが致します。


GEDC0257.JPG


漁師さんが、何日も寄港しない洋上で仕方なく作るのが本来的な沖漬けであり、
クルマ横付けの場所であえてする必要があるのか?と言うことと、
ネーミングが気になります。


クルマ横付けで来られた方は、「ヒイカの横漬け」なんて言うネーミングは、どうでしょう?


クルマを横付けにして釣り上げて、生きたまま、おつゆの中にドボン!と入れた類稀なる食品です。


生涯初のヒイカを釣り上げて、
今日は何かしら、愉快な気分です。


そういえば、今日はひとつ年上のカミサンの誕生日でした。


GEDC0262.JPG


とりあえず、あまり高くもない白と赤のワインを購入して、プレゼント。


この年になっても、ヒイカごときに夢中になる私を目を細めて、
文句も言わずに好き勝手やらせてもらっている彼女に感謝!です。

































posted by ジャズフィッシュ at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!