メイタとクロとセイゴでメバル釣りのトレーニング?

今日は少し遅れて中央埠頭に到着しました。


前回と同じ場所に同じ海上保安庁の「いとしま」が停泊しています。


GEDC0023.JPG


前回もそうでしたが、この場所に到着するとやたらとウ●コの匂いが致します。


海上保安庁の船の乗組員の●●の匂いなのかどうかは分かりかねますが、・・・・とにかく臭い!


スカトロジスト(糞尿愛好家)では決してないので、この場で竿を出すのことを3秒ぐらいで断念!!


息を止めて、違うポイントに向かいました


いつものように浅いタナでサグリを入れますと、ガツ、ガツ・・・と、けたたましいアタリがあり、竿先を送り込んでアワセますと、サカナは沖に向かって疾走し、竿先を容赦なく曲げてくれます。


ココで、リールのドラッグを緩めて、イトを出すほどのサイズでもないのですが、ハンドメイドの竿をグイグイと曲げてくれます。


適当に遊んで、サカナを浮かせ、ハリスを持って抜き上げたのがこちらです。


GEDC0024.JPG

今の時期のレギュラーサイズの25センチほどのメイタ


よく引いてくれます。


ところが、暗くなってもコヤツラは健在で、まさに釣りの税金


GEDC0026.JPGGEDC0025.JPG


消費税増税が決まったと同時にコヤツラも増えたような気がします???


GEDC0029.JPG


15分ほどで、同じぐらいのサイズのメイタを1尾追加し、
いつもの手のひら+尻尾サイズのキビレメイタを2尾追加しました。


悲しいことに、ケミホタルが竿先に絡まり、PEラインを切って修復しようとしますと、妙なところからPEラインが切れてしまい、暗闇の中で落とし込み竿のUガイドにPEラインを通すのに一苦労。


新しくナイロンのピンクホワイトのラインを買ったのですが、巻き直してしない天罰が下りました。


仕掛けを修復し、気を取り直してアオムシをハリに刺すと、妙なアタリがありました。


例のあいつです。


GEDC0030.JPG


前回に比べますと、丸々としていますが、尻尾まで入れて20センチ程度のクロ


しかもエサを食って、穴に入り込んで、ミチイトを手で掴んで、穴から抜きあげました。


エサをつけて再び落とし込みますと、メイタでもない、クロでもない、あいつがエサをいじっているのが分かります。


暫くして、竿を送り込んでアワセますと海面で飛び跳ねるのがいつものこの方。


GEDC0031.JPG


虫エサを使うときは徹底的に竿先を送り込んで遅アワセに徹したのが裏目に出て、ハリがセイゴの喉深くに刺さっていて、ハリを外そうとすると、ハリスがプッツン!!


「この暗い中、ハリを結ばんといけん・のか・・!」と、舌打ちしながら、独りごと。


暗闇の中ではガン玉を外し、ハリスを少し切ってハリを結び、ガン玉を付けるという・・・・一連の何のことはない動作が非常にやりづらいものです。(涙)


LEDライトがあっても、日中に仕掛けを作る倍以上の時間が掛かります。


そうこうしていると、バッカンに活かしておいた連中がアップアップしているので、
この場で一端リリース。


GEDC0032.JPG


時間もエサもまだありますので、リリースポイントから20メートルぐらい離れたポイントで、
再び釣り開始。


すぐにアタリがありましたが、コヤツはじっと「居食い」をしています。


竿先にほとんど変化が出ませんが、100%食っていると確信し、アワセますと・・・。


GEDC0037.JPG


レギュラーサイズのメイタです。


それから少し離れたポイントで、50センチ程度の浅ダナでアタッて、竿を一気に絞り込んだのがこの方。


GEDC0036.JPG


20センチちょいのクロです。


例によって、丸々・・!


再び同じタナをサグリますと、ここでも居食いが・・!


竿先にアタリがでませんが、何かがエサを咥えています。


50センチほどリールでミチイトを巻き、竿先を跳ね上げますと、一気に竿をグイグイと曲げてくれたのがこちらの方です。


GEDC0039.JPG


30センチぐらいのメイタ。


沖に深く走り、竿をのしてくれました。


ですが、ペランペランの竿ですから、痛くもなければ痒くもありません。


メイタが抵抗すれば、抵抗するほどハリが深く刺さるだけのお話。


GEDC0038.JPG


次もレギュラーサイズです。


この時点で8時近くなりましたので、納竿。


私の釣りのスタイルは常にメバルをターゲットにしていますので、タナはほぼ2ヒロ以内にして、横に動いてまわるようにしています。


縦に、深く探れば、大物のチヌと出会えるのかも知れませんが、
それは最近一切しないこととしています。


メイタやクロやセイゴを釣るたびに思うのが、
メバルよりも面白くはない!!と言うことです。


浅ダナで、居食いを交えてポンポン・・と釣れるメバルですが、
言葉では説明しがたい絶妙な千差万別なアタリがあるんです。


なので、2ヒロより深いタナは全て捨ててサグリません。


あくまで、2ヒロから海面までをジグザグに誘う釣り方で、横に横に動いています。


メバルのためのトレーニング??


こんなバカな釣り方をしている釣り人は私ぐらいかも??







































posted by ジャズフィッシュ at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!