中央埠頭にチイチイフグが湧いていました!

中央埠頭のいつものポイントに向かいますと、今日は違う船が停泊していました。

GEDC0001.JPG

ですが、ココでアタルのはチイチイフグばかり。

GEDC0005.JPG

この付近のどこにエサを落としこんでも、
どのタナを探っても釣れるのはチイチイフグ。

GEDC0003.JPG

イヤになるほどいた20センチから30センチ弱のセイゴの姿はまるでありません・・・。


徒にエサと時間を消耗するばかり・・・・。(涙)


チョイと移動してみました。


明らかに違うアタリで、一気に竿を引きこんで、私を驚かせて下さったのがこの方でした。


GEDC0020.JPG


25センチはあろうかと言うクロ
何を食べているのか、丸々と太っています。


今の時期の博多湾の風物詩だとも言えます。


ですが、ココにもあいつが!!!(苦笑)


GEDC0004.JPG


暗い中、太目のアオムシを程よいぐらいにハリに刺したときに限って、登場してくれます。


ですが、いつものように2歳魚のキビレメイタの登場を皮切りに、入れ食い状態とはいかぬまでも、退屈しない程度にアタリがありました。


GEDC0008.JPGGEDC0006.JPGGEDC0013.JPGGEDC0014.JPG


いつもの常連さんです。


チイチイフグにエサを齧られたために50グラムのアオムシが底をついたのは以外に早く、8時前に納竿。


GEDC0011.JPG


バッカンの中に海水を汲んでいたのを引っくり返し、
リリース。


海は本当に生き物で、今日はセイゴのアタリがほとんどなく、
1枚しかアタリませんでした。


GEDC0012.JPG

メタボなクロが3枚釣れましたが、彼らは早晩すぐにどこかへ雲中霧散してしまいます。


博多湾の湾奥も、すっかり秋の様相を呈して参りました。


そういえば、須崎埠頭でキビナゴのエサにサゴシが釣れ始めたようです。


私はタチウオが釣れ始めるのを密かに待っています。


昨年も10月ぐらいからだった・・・と記憶しています。
































posted by ジャズフィッシュ at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!