中秋の名月と東浜のメバルポイント

GEDC4763.JPG

昨夜は中秋の名月でしたが、団子などは食していません。


GEDC4735.JPG

今朝は5時に起きて、暫くしてからベランダから、中秋の名月の名残の写真を撮りました。


天体のことには疎いので、南の空にあったお月様がなぜか朝方西の方に沈んでいくのが、地球の公転、時転、月の公転、自転という言葉と理屈は知っているだけで、なんとも不思議です。


大昔の人がこのような理屈を知っていたのかが気がかりです。


日没が早くなりましたので、今日は少し早めに前回のエサの残りを持参して、東浜の御笠川沿いのポイントに赴くこととしました。


GEDC4737.JPG


あいにく、一番のポイントには海上保安庁の「ちくぜん」がいつもより、やや後ろに停泊して、一番ポイントを塞いでいました。(涙)


グダグダ言うつもりも全くなく、いつもどおりエサをつけると1投目からアタリがあり、ハンドメイドの極軟調の竿を曲げた挙句に勝手に浮き上がってきたのはこの方でした。


GEDC4738.JPGGEDC4739.JPG


20センチ台後半のチーバスと言うか、セイゴと言うか微妙なサイズ


もちろんリリース。


更に同じポイントにエサを付けて探りますと、妙なアタリ。


竿先を絞り込まないですし、微かにしかアタリがないのですが、イトフケから何かがエサを咥えているのが分かります。


アワセを入れますと、底に潜ろうと抵抗しつつ、やはり勝手に浮かんできたのはこの方。


GEDC4740.JPG


今年はどこで釣っても、キビレメイタの2歳魚ばかりです。


その後はエサをつける→サカナが釣れる→ハリを外す→写真を撮る→リリースする
・・・といった一連の動作の繰り返し。


GEDC4744.JPGGEDC4743.JPGGEDC4741.JPGGEDC4746.JPGGEDC4745.JPG


それからというもの、チーバスの入れ食い!!


100%アタリがあって、100%釣れます。


ウンザリしていた頃に小さくて、妙なアタリを逃さずにアワセますと、この方。


GEDC4747.JPG

大物の?チイチイフグ。


この自転で、この場所を諦めてメバルが良く釣れたポイントに移動しました。


ところが・・・。


ここでも。


GEDC4748.JPGGEDC4751.JPGGEDC4750.JPG


もはや写真など・・・、撮る気力さえ失せました。


チーバスの入れ食いです。

GEDC4752.JPG


稀に、20センチ台後半が釣れますが、リリースです。


メバルが1匹でも釣れたら!!と思っていたら、妙なアタリがあり、
期待とは裏腹に海面に浮かんできたのはこの方。


GEDC4760.JPG


またしても、2歳魚のキビレメイタ。


この時点でエサもほとんどなくなり、納竿。


釣った魚の3分の2は撮影していません。


とにかく、チーバスの入れ食いと言うか猛攻。


1ヒロのタナでも、3ヒロのタナでも、チーバスだらけ。


7月、8月の不毛の時期を過ぎたら、これかい!!??


ちなみにハンドメイドの竿のグリップは釣れた魚の粘液でドロドロ・・。


手もドロドロ・・。


水汲みバケツに海水を汲んで、手を洗い、タオルを濡らして竿を拭きあげました。


メバルもまだまだのようですし、型の良いメイタ(チヌとも言う)や型の良いセイゴ(フッコとも言う)などが際ではアタリません。


退屈はしませんが、逆にウンザリ。


チーバスは少なくとも30枚は釣れました。


このようなサイズを何枚釣ろうと、ゼロに等しい。


スポンサードリンク










posted by ジャズフィッシュ at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!