2020年の東京五輪開催決定の日にも、メイタ釣り

朝起きて、パソコンを立ち上げると、2020年のオリンピック開催地が東京に決定したことが報じられていました。


3兆円の経済効果という記事を過日、何かの媒体で拝読しましたが、
一説によると、インフラ整備の前倒しで100兆円を超えると指摘する専門かもいるそうです!


更に、大和証券のナンテラカンテラと言う役職のナントカカントカと言う方は『150兆円くらいの経済効果が
出てくる可能性があるというふうに思います。大きい効果は、7年後が見通せる ということです。これまで、1年先すらも見通せない経済情勢が続いていました。
7年後が見えるということは、企業にも、所得環境にも大きなプラスの効果を
今の段階で生んでくれる』というようなことを語っています。


だから・・・、株を買いましょう!・・ってか?


それはともかく、内戦でごたごたしているイスタンブールや経済危機に瀕しているマドリードを横目に、五輪誘致は成功したわけです。


私も懸念した、福島の放射能汚染水漏れを世界が突っ込んできましたが、ナントカ・・かわした感じ。


だからと言って、汚染水漏れの問題は何も解決していません。


政府が国費(税金)を470億も使って凍土壁を作っても、お粗末な貯水タンクの寿命は短いと言う記事を読みました。


これが、五輪誘致のための単なる短絡的なデモンストレーションでないことを祈るばかりです。


しかし、7年先とは随分気の長いお話です。


私は、還暦をとうに過ぎ、その間に諸般の事情により他界しているかも知れない。(苦笑)


さすがに7年後にはボルトが100メートル走男子決勝にいるとも思えない。


今から7年後のオリンピックの見所は何か?と、ど素人の私がない頭で考えてもどうにもならんので、オリンピックのことはこれで打ち切り。


先月末の雨天と今月初めの台風のおかげで、暫く釣りに行けなかった私は今日は完全アンパイのポイントに向かいました。


荒津オイルセンターです。


バカは1~2度楽しい想いをすると、執拗に同じパターンを繰り返します。(苦笑)


須崎の釣れそうなポイントを廻ろうかとも思ったのですが、久しぶり(たった10日ぐらいですが・・・)ですし、台風と長雨で釣り場がどのように変化しているのかを確かめるべく、荒津のオイルセンターに向かいました。


自宅近辺は無風で暑さも和らぎ、釣り場はベタ凪かと思いきや、そうではありませんでした。


GEDC4693.JPG


北混じりのかなり強い風が吹いていて、白波が立っています。


GEDC4692.JPG

でも、メイタ~チヌにはなかなか程よいコンデションです。


エサをつけて際を狙いますと、すぐに竿先にアタリがあり、釣れたのは2歳魚のキビレメイタ。


GEDC4697.JPG


それから、この方々の入れ食い・・・!

GEDC4698.JPG

GEDC4699.JPG

GEDC4702.JPG

20センチから25センチのチーバス。


写真はこの3枚ですが、20匹ぐらいハリに掛かって来ました。(涙)


途中まで、バッカン釣れたメイタを活かしておいたのですが、ドロボー猫があたりを徘徊しており、全てこの時点でリリース。


GEDC4703.JPG


よほど、ハラをすかせていたのか、地面にハリが外れて落ちたチーバスを銜えて、ドロボー猫はいなくなりました。


それから、チーバスの猛攻にあいながら釣れたのがこちら。


GEDC4701.JPG


更に、チーバスの猛攻が続く中釣れたのはこちら。


GEDC4700.JPG


仕掛けが根掛かりして、ハリがなくなった時点で納竿。


今日は、大物の気配がまるでしません。


大物が釣れるときは、何かが違います。


なんとなく気配を感じるのですが、今日の気配は0%。


でも、元気なメイタやチーバスがこれから増えそうです。





























posted by ジャズフィッシュ at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!