福岡市内の博多湾に注ぎ込む河川でのウナギ釣りに警鐘

近年ウナギがめっきり減って、絶滅危惧種になっていることは周知のことだと思います。


土用の丑の日には平賀源内が蒲焼がスタミナ食になると謳ったおかげで?日本人はこの日にはウナギの蒲焼を無理してでも買うような傾向があります。


5年ほど前ぐらいまでは、中国の食品偽装問題のために、中国産ウナギはとても安価で入手することも出来ましたが、国産需要が高まり、国産品は品薄、世界的な減少も加勢して中国産ウナギまでもが一般的には高嶺の花となりました。


そんな事情もあってか、最近では自分でウナギを釣る方が密かに増えているそうなのです。(苦笑)


12.jpg


しかも、私自身もうなぎが一番良く釣れるのは梅雨時だとばかり思っていましたが、さにあらず。


実はこれからが良く釣れるんだそうです。


hqdefault.jpg


ですが、私はこのブログでもウナギ釣りのことなど書いたことはないはずです。


釣れると分かっていても、決して釣りません。


長モノと呼ばれるウナギやアナゴは年に1回ほど食べれば十分で、釣りたくもありません。

・釣って帰っても、家人が嫌がることが必至。(笑)

・エサをつけて、適当な本数の竿を出せば、勝手に釣れそうだから・・。(笑)

世界的な絶滅危惧種なんで・・・。


博多湾からアイナメやカレイが釣れなくなった・・・などいうお話のレベルではございません。


img_maeumimon240_22.jpg


素人が釣ったところで、ろくに捌くこともできません。


もはや、世界の海の宝石と化したウナギを今釣るべきではないんです。


今でしょう!と言う言葉が流行りましたが、
釣らないことを覚悟するのは今でしょう!


ポイント築港店からすぐそばの釣り場ですが、私はこの記事を書くべきかためらいました。


食い意地の張った爺がウナギ釣りを毎晩したおかげで、うなぎが居なくなった・・・などと言われたいですか?


一人釣っても1匹まで!ぐらいと、しませんか?


出来れば、ウナギ釣りは辞めていただきたいと思います。


どこかの釣具屋にはウナギ釣りの特設コーナーもあるそうですが、知らん顔するのが利口です。


































posted by ジャズフィッシュ at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!