前回の記事を書いた後に出かけて、メイタ入れ食い!!

いつもどおり、夕方6時過ぎから自宅を出てポイント築港店に行きました。


平日とは言え、サービス業に従事している方が多い福岡市では、釣具のポイントにいたっては、無関係にお客がかなりいるはずですが、ポイントにお客らしき方がいません。


W君に「お客さんが少ない?」と、尋ねますと、「高水温でサカナがいないためにお客さんも少ないです!」とのこと。


「博多湾の海底でも海水温が30℃あるらしいですよ!」とも言っていました。


私は数時間前に書いた自分の記事のこの部分を思い出しました。


・メイタ~チヌ  13℃〜23℃
・セイゴ~スズキ 15℃〜18℃
・メバル     8℃〜22℃
・アラカブ    13℃〜18℃
・キス      18℃〜24℃
・カワハギ    18℃〜24℃
・アジ      16℃〜26℃
・タチウオ    18℃〜23℃


海底での海水温が30℃などと言うことは規格外・想定外・論外・問題外です。


そこで釣りバカはいつもの散歩がてらの釣りを少し変更し、バカはバカなりの仮説を立てました。


海水への溶解酸素が少ないからサカナがいないのであれば、溶解酸素が比較的豊富なポイントは??と、ない頭で自問自答。


河口付近などアテになりません。


ない頭で、ひらめいたのがココです。

GEDC4650.JPG

須崎の対岸の荒津オイルセンターです。

GEDC4651.JPG


ココは例の排水溝からドブのような色をした排水が恐ろしいほどの量が流れ出るポイントです。


ですが、少なくとも博多湾の通常の溶解酸素量に比べますと、この付近は比較的溶解酸素が多いのではなかろうかというのが、おバカな私の仮説でした。


仮説は検証しなくてはいけません!!


ココで釣れるかどうか?


エサのアオムシを落として行ってもアタリはなかったのですが、
あるポイントで凄い浅いタナで妙なアタリがありました。


私は海底付近を探っていたのですが、アジゴかな?と思ってアワセて釣れたのがこの方でした。


GEDC4656.JPG


オイ!オイ!

こんなタナで??と私は一瞬ためらいましたが、同じように釣りますと、この方が釣れました。


GEDC4657.JPG

この方は30センチ超えていました。


以後、短時間で同じことの繰り返しです。


サカナが釣れる⇒ハリを外す⇒エサをつける⇒手を拭いて竿を握る⇒エサをつける⇒アワセる⇒釣れる

GEDC4658.JPG

サカナが釣れる⇒ハリを外す⇒エサをつける⇒手を拭いて竿を握る⇒エサをつける⇒アワセる⇒釣れる


GEDC4659.JPG

サカナが釣れる⇒ハリを外す⇒エサをつける⇒手を拭いて竿を握る⇒エサをつける⇒アワセる⇒釣れる


GEDC4660.JPG


サカナが釣れる⇒ハリを外す⇒エサをつける⇒手を拭いて竿を握る⇒エサをつける⇒アワセる⇒釣れる


GEDC4662.JPG

サカナが釣れる⇒ハリを外す⇒エサをつける⇒手を拭いて竿を握る⇒エサをつける⇒アワセる⇒釣れる

GEDC4661.JPG

サカナが釣れる⇒ハリを外す⇒エサをつける⇒手を拭いて竿を握る⇒エサをつける⇒アワセる⇒釣れる

GEDC4665.JPG

GEDC4666.JPG


サカナが釣れる⇒ハリを外す⇒エサをつける⇒手を拭いて竿を握る⇒エサをつける⇒アワセる⇒釣れる


GEDC4664.JPG


サカナが釣れる⇒ハリを外す⇒エサをつける⇒手を拭いて竿を握る⇒エサをつける⇒アワセる⇒釣れる


GEDC4663.JPG


全て一枚の魚につき、一枚の写真で撮影しました。


水増しもなければ、何もありません。


時間的にはこれらは全て1時間どころか30分程度で釣れました。


私の仮説はとりあえず間違ってはいなかったようです。


ゴールデンウィーク以降辛酸を舐めっぱなしでしたが、魚は居るところには居るものです。


「1場所、2エサ、3仕掛け」の格言は不滅です。


サカナが居るところを見つければ、私のようなヘボ釣り師でも、入れ食いを堪能できます。


今年は、本当にサカナが少ない年です。


例年であれば、今回程度の釣果は須崎でも、箱崎でも、東浜でも、中央埠頭でも、その気になればあるんですが、今年はいささか事情が違うようです。


キーワードは海水の中の溶解酸素が豊富なポイントではないでしょうか?


このブログを見ている方は、そういうマイポイントを発見してくださることを願っています。


ちなみに、これらはもちろん全てリリースですが、リリースする時は最低10メートルぐらい離れた場所で優しく逃がしてやってください。


釣れた場所でリリースしますと、群れが散るような気がします。


リリースポイントも決めておきましょう!







































posted by ジャズフィッシュ at 23:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
狙いが当たって良かったですね!

その場所の先端の角に、以前のジャズフィッシュさんの記事を拝見して初めて行きました。スズキ狙いで4本竿を出しましたが、餌もほとんど喰われずボーズでした。

私の腕が悪いのか、狙いの魚が悪かっのか?
スズキ狙いの常連さんもさっぱりということでした。
狙う魚が悪かったんでしょうか?(笑)
Posted by 桜花 at 2013年08月23日 16:59
桜花さん、コメントありがとうございます。


先端の角での、スズキ狙いはムラがあると思います。



そもそもセイゴ〜スズキは昨日入れ食い、今日はボウズなどと言うのがおかしくない魚です。


釣れるときは飽きるほど釣れるのに、釣れないときはアタリすらありません。


そういう魚であると割り切ってお付き合いした方が腹が立ちません。



まさに神出鬼没な連中です。



ところが、裏を返せば、昨日釣れないので、今日も釣れないと言うこともない魚でもあるんです。



イヤになりますが、何度も同じところに通いますと、色々なことがお分かりいただけると思います。



腕が悪いなんて・・・・、とんでもないと思います。



4本の竿を出せること自体凄いです。














Posted by jazzfish at 2013年08月24日 13:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!