「オラはしんじまっただ」を口ずさみながら、釣りをするバカタレ!!

私は釣りをするときは毎回意味不明の鼻歌を口ずさんでいます。(笑)


今日はなぜかこの歌。





数日前に聴いたこのボサノバ調のこの歌がいたく気に入ってしまいました!!(笑)


私と同年代以上の方は100%ご存知なはずのこの歌は、今聞くと改めて新鮮です。


今日は7時過ぎから博多湾にご出勤


前回のアオムシの残りをもって一番最初に行ったのがココです。


GEDC4597.JPG


須崎では知れたるポイントです。


GEDC4598.JPG


幸いなことに税関職員から質問を受けたことはございません。


日没までまだ少し時間がございますれば、ココでメイタなんぞと遊ぼうと思いやして来たのです。


前々回2尾のチビキビレを釣ったポイントですから・・・。


GEDC4601.JPG


なんとなく・・・、良い感じ!


1投目から、明らかにメイタのアタリがありまして、竿を送り込んだ途端にメイタはエサを放し、どこかへ行ってしまいました。


「神よ許したまえ!」


まっ、いいか!


その後このポイントではアタリはなく、このポイントを諦め、メバルが1匹だけ釣れるポイントで夕日を眺めていました。


GEDC4603.JPG



なぜかココにはアマチュアのカメラマンの方が数人いまして、行く度に「博多湾の日没」を撮っています。


私にとっては見慣れたアングルです。


もしかすると、福岡市民で一番「博多湾の日没」を見ている男かも?(笑)


ココも5分で断念し、思い切って東浜のデカメバル・バラシポイントに向かいました。


なんとココでも、アタリのアの字すらありません。(涙)


まだ少し時間がございますれば、ココに寄りました。


GEDC4608.JPG


東浜の船溜まりの際沿いです。


タナを1ヒロにして、ゆっくりと仕掛けを海水に入れたまま移動しますと、忙しなくガサツなアタリがありました。


この仕業はこの方です。


GEDC4606.JPG


20センチ〜チョイの2歳魚のメイタ。


当然、少し離れたところで、ポイ


さらに5メートルぐらい進むと、同じようなアタリが!

GEDC4607.JPG


先ほどのメイタとほぼ同じサイズの2歳魚。


再び、ポイ!


ウロウロした挙句が、こやつら2匹。


家路への帰宅のクルマの中ではなぜか、「オラはしんじまっただ」を口ずさみながらハンドルを握っていました。












































posted by ジャズフィッシュ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!