7月22日は「土用の丑」の日なんですが、ウナギを食べたい??

古来と言っても、真夏の暑い「土用の丑」の日の時期にウナギを食べると夏バテ防止精がつくと言われる風説・俗説を流布したのはご存知この方。


A_PORT~1.JPG


エレキテルで有名な平賀源内です。


彼は今で言うところの優れたマーケッターであり、コピーライターでもあったようです。


実を言いますと、「土用の丑」の日にウナギを食べると体力が回復するなどと言う効能は医薬業界でもそれを突き止めた研究成果は出ていないはずです。


img_20090819T131022906.jpg


スッポンの生き血を飲むと精がつくだとか、鹿の角の粉末、マムシの粉末・・・と言うようなモノが本当に、真実の事実、精がつくのかどうかは、医学的に検証されたのでしょうか?



7-1.jpgmamusi.jpg


随分昔に読んだ本の中では、スッポンというのは基本的に単独行動で雄と雌が出会う確率が低いために、30時間以上の交尾をするようなことが書かれていた記憶があります。


つまり、この異常なまでに長い交尾時間を昔の方々はご覧になり、スッポンを食べたり、その生き血を飲めば、同じように精力が高まるのではないか?と思っただけのことなのでは??


・・・・・、詳しくは存じません。


話をウナギに戻します。

6f22f9a9.jpg


夏にウナギを食べると精がつくのかどうか?


既に、ウナギはレッドデーターブックの絶滅危惧種の仲間入りを果たしました。


皆さんの食卓に上る国産ウナギはほぼ100%の確率で養殖モノです。


何せ、養殖ウナギの稚魚のシラスウナギの平均取引価格は、1キロあたり248万円と2年前の約3倍。
10年前の2003年と比較すると、じつに15倍以上の価格になっているそうです。


100グラムで、凡そ25万。


岩虫が高い!などと言っている場合ではございませぬ


本当の国産の天然ウナギを食べたい方は、那珂川や御笠川でウナギ釣りをしてみては?


真実の事実の天然&国産のウナギの蒲焼を食べれるかも?


調理法などは、色々なサイトを見ればどうにかなりますし、秘伝のタレなども売られています。


天然ウナギを食べたい!方は、那珂川や御笠川に夜釣りに行ってみるのも一興。


それで精がつくかどうか?は分かりません。


私のこの記事を読まれて、よし!那珂川や御笠川に夜釣りに行って、ウナギを釣るぞ!!などと言う好奇心&行動力のある方は、コチラでも十分ではないかと思います。


b0200198_16203346.jpg


ウナギなど食べなくても、あなたは既に精力が旺盛なはず??


そのような方がウナギを食べたりすると、スッポンのような行動をする危険性があるかも?


アーメン!で、ございます。




























posted by ジャズフィッシュ at 23:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時計 アプリ ソーラー腕時計 http://www.lacostefarewell.com/
Posted by ソーラー腕時計 at 2013年07月28日 05:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!