15年ブリぐらいに「釣り仲間&心の友」に再会

私が社運を賭けて?東京の営業店舗の店長兼責任者として、東京に妻と当時0歳だった息子を連れて赴いたのはかれこれ28年前だった。


当時私は27歳の若造でした。(汗!)


東京では色々な人との出会いがあったし、今尚連絡を取り合うお付き合いをしてくださる方も何人かいる。


中でも、私が店長で、当時大学生のアルバイトだったN君、いや今はN氏とは妙にウマが合って、当時から店長とアルバイターと言う仲を超えた付き合いをさせていただいた。


彼や彼の友人で愛知県出身のパチンコ狂いの友人(現在健康食品の会社の社長)とは、よく多摩川にコイ釣りに興じた。


更に、彼と学部が同じ台湾の大富豪の息子がいて、これまた一緒に多摩川にコイ釣りに連れて行ったりもした。


勿論その台湾の彼は、今は大富豪の雲上人であるが、私が4年近くいた東京から博多に戻る際に、世田谷の経堂の寿司屋でお別れ会をして頂いた。(今でも感謝!


N氏が仕事の関係で「博多に2泊するので合いませんか?」との電話があり、即座にOK!を出して天神で15年ぶりぐらいに再会。


GEDC4478.JPG


もともと実家が東京の彼が大阪で今の奥さんと知り合って結婚する時も結婚式に馳せ参じたし、N氏が九州に転勤になった時も、彼と彼の奥さんと姪浜漁港でサビキ釣りをしていたことを思い出しました。


彼は今現在剣道5段で、道場で子供たちや一般人にも剣道を教えているらしい。


積もる話を色々しました。


お子さんが3人いて一番上が高校1年生・・・・。


途中で、私が信頼している女性の部下を加え、昔話で盛り上がりました。


GEDC4479.JPG


私がすっかり忘れていた福間マリーナでヒラメ釣りをしたときのことが今でも忘れらないようでした。


私が福間マリーナでのヒラメ釣りを教えたら、N氏が単身福間マリーナで1回の釣行で7枚のヒラメを釣ったことが今だに忘れられない九州の思い出になっているようです。


その日に興奮したN氏から電話が掛かってきて、「ヒラメがたくさん釣れたし、アジゴを海面近くまで追いかけてるヒラメを見て、ビックリしましたよ~!!」との電話の内容を私も今でも覚えている。


N氏とは色々な経験をしました。


・羽田空港の前の城南島の波止場で、カラス貝の剥き身でアイナメを爆釣りしたこと。
・横浜の大黒ふ頭で落雷の火柱を見て、二人とも死を覚悟したこと。(苦笑)
・横浜の沖防波堤にしばしば渡り、シーバスのルアー釣り・クロダイの落とし込み釣り、カレイの投げ釣りを したこと。
・・・・・。


中でも私が一番記憶にあるのが、12月24日のクリスマスイブの日にN氏が、
店長、俺、彼女いないんで、夜釣りに付き合ってくれませんか?」と急に言い出したとき。


今だから言うけど、「お前はバカか!!??」と、本当に思いやしたぜっ!!(笑)


ですが、今思えば、この瞬間N氏が好きになった気もするんです。


礼節も常識もあると思しき当時N君が、よりによって、クリスマスイブの夜に俺と二人で夜釣りかい??と。




寒くて何も釣れずに私の自宅に戻り、妻と息子とN氏と4人でクリスマスイブを過ごしたことが忘れられません。


こんな規格外の思い出が脳裏に焼きつくのですね〜。


N氏と別れるときに、次に会うのがいつなのだろうか?・・・などと、頭をよぎりました。


お互い達者で末永く連絡が取れる身であらねば・・・・!!


私にもまだまだ夢もあるし、したいことがたくさんあります。


老いぼれ爺なんぞにならずに、年甲斐もなくエネルギッシュに生きよう!と思います。


N氏よ、暫しのお別れ!


また合う時は、お互い大笑いできる身でありたいねっ!!



































posted by ジャズフィッシュ at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!