暗雲立ち込める博多湾湾奥!!

今日は、前回買ったアオムシの残りを持参して箱崎埠頭のあるポイントに行くこととしました。


日没が遅くなりましたので、5時半に家を出ました。


釣り場には6時ぐらいに到着しそうですが、まだまだ明るいので、バナナ埠頭に寄ってみました。


GEDC4473.JPG


予想通り、コウイカ釣りのメッカと化しています。


私が見ている限りでは、誰の竿も曲がっていませんし、釣ったコウイカをビクに入れている方は見て廻ると、二人だけ。


変わった竿受けをを出されて、7本の竿を出している方にお話をうかがいました。


GEDC4474.JPG


ハンドメイドの竿受けを自作し、飯塚から母親とご一緒にこられているとのことで、その方が私よりも明らかに10歳は年上ぐらいですから、母親はいったい何歳なのでしょうか?


竿受けのことをかなりディープな内容まで聞かせていただきました。


それにしても、親孝行ですよね〜!!


飯塚から母親を連れて、アチコチに釣りに行かれるとのこと。


とても、私にはマネが出来ません。


そうこうしているうちにその隣の釣り人にコウイカが掛かりました。


GEDC4475.JPG


「昨日は4杯で、今日は3杯!」
「今日はもう、やめるバイ!!」と、言われていました。


時間となり、予定していたポイントに向かいました。

GEDC4476.JPG


昨年買った7・2メートルの落とし込み竿ABUリールをつけて、ビートルの桟橋を係留しているチェーンの付近を落とし込みましたが、何にもアタリません。


底をエサをつけても、ハゼすら釣れません。


ココで、暫くポイントを攻めましたが、恐ろしいほど魚がいません。


7・2メートルの重くてどうしようもない落とし込み竿(笑)をしまって、中央埠頭のポイントに向かいました。


GEDC4477.JPG


1ヒロから4ヒロぐらいまでずっと歩いて探りましたが、1度のアタリすらございません。


ボラも跳ねなければ、セイゴも跳ねません


結局ここでもアタリすらない有様。


シーバス狙いのルアーマンも誰一人やってきません。


まさに、「LEFT ALONEの世界」です。


ジャッキー・マクリーンのサックスが渋すぎるLEFT ALONEですが、釣り場でのLEFT ALONEはカッコよくも
なんともない!!


魚がいない場所で、バカが糸を垂らしているだけ!!(笑)


岸壁の際&海底にこんなに魚がいないことは、私の釣り人生の中でも未曾有の経験


空梅雨が原因なのか、何が気に食わなくて魚が寄っていないのか??


バカが考えたところで、解決もできるはずもないので、納竿。


今日も夕方から夜にかけて、竿を持ったお散歩と思えば、どうにでもよい、取るに足らない一幕でした。
























posted by ジャズフィッシュ at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!