箱崎漁港は死んだ!!??

須崎埠頭の東側からいつものメバルポイントの中央埠頭に行くこととしました。


平日の夕方とあって、未だ釣り人はいませんが、暗くなるとルアーマンが次々とルアーを投げては、ソソクサと撤収するポイントです。


まだ明るいせいもあって、ここでも何もアタリません。


GEDC4348.JPG

対面の東浜の西側にいつもの妙な船が入ってきました。
何の用途のためにこのような形をしているのか素人の私には見当がつかない不思議な船です。


ここも10分もせずに諦めました。


バナナ埠頭はサーチライトが点いて釣り易いのでコウイカ釣りの連中が押し寄せるのは毎年のことなので、
過日大荒れで竿すらまともに出せなかった箱崎漁港に向かいました。


GEDC4349.JPG


箱崎漁港も角地から15メートル程の突き出た堤防が加わり、付け根の外側にはテトラがいつの間にやら入れられていることは過日書きましたが、すっかり魚がいなくなりました。(涙)


大潮で満潮が21時ぐらいだったので、基本的に浅いこのポイントではコレからがゴールデンタイムなはずですが、どこに落としてもウントモスントモ魚信なし・・・。


そうしていますと、私のこのブログを読んでくださっているSさんが登場し、
竿を置きっぱなしのそっちのけで釣り談義


今回お会いするのは3回目だと記憶しています。


全く釣れる気がしませんので、暫くお話をしていて気が付くと9時半!!


慌ててエサを付け替えて、際を落とし込み、掛かったのはこの方。

GEDC4350.JPG


今年は数も型も良い手長ダコ


「タコ類は雨が少ない年には大量発生する」と言うことを随分昔ご年配の方からうかがった事がありますが、
今年は手長ダコの当たり年かも??


最後の最後にSさんがメバルを釣ったと言うポイントに、前打ちをしますと・・・らしきアタリが!!


GEDC4351.JPG


際には付いていなくて、離れたポイントに点在しているようです。



前打ちでメバル釣り??


長い間釣りをしていますが、こんなことは初めてです。


例年箱崎漁港には7月中旬ぐらいからメイタ~チヌが付きますが、
メバルがこんなにいないのでは、ソレすらも不安です。


更に、タケノコメバルの宝庫なんですが、1匹もいません!!


箱崎漁港は死んでしまったのか??・・・、そんなことを考えながら帰宅。




























posted by ジャズフィッシュ at 08:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!