釣りバリの結び方

改めてハリの結び方など今更解説しなくても、釣りをされる方であれば、たいていは釣りバリをハリスに結ぶ術は既にご存知なはずです。


ところが、数人と釣行しますと、各自いろいろなハリの結び方をすることに驚かされます。


私は基本的に何も言及することはなく、「へぇ〜!そんな結び方もあるのか〜!」などと思いながらそれぞれの結び方を見ています。


今回たまたまユーチューブを見ていますと「簡単な釣り針の結び方」と称した画像を見まして、またまた驚かされました。





なんだか面倒にも思えるんですが????!!(笑)


私のハリの結び方は祖父から習ったもので、これ以外知りません。(汗!)


ハリの結び方など、何種類も覚える必要もないと思っていますし、1つだけ完璧にできれば良いと思っています。


自分のハリの結び方を改めて考えたことなどなかったのですが、私のハリの結び方はコチラと同じです。




少し違うのは、安近短の近場で釣るときは、ハリにハリスを巻くのは4~5回です。


船に乗って青物やタイ・ヒラメを狙う時はハリも大きいですから画像と同じように8~10回巻きます。


私自身、自分のハリの結び方が「外掛け本結び」などと言う名前があるとは、この年齢になるまで知りませんでした(汗)し、この記事を書いて1日も経てばまた忘れているかもしれません。(笑)


小学校に上がる前からずっとこの結び方です。


おそらく、釣りを辞めるまでこの結び方は不変であると思います。


肝心なことは、この結び方で大きな魚が確実に獲れる、獲った事があると言う結び方を1つで良いから覚えることではないかと思います。


暗闇・強風の中と言う最悪の条件の下でも、ハリとハリスが結べたほうが良いはず。


市販のイト付きのハリは高くつきますし、クセがついていることが多いはずです。


根掛かりやハリをサカナに飲み込まれて失うことは多々あることなので、
すぐにハリを結べないと、チャンスを逃すことも多いのです。


もうそろそろメイタ~チヌセイゴ~スズキが落とし込み釣りでも交通事故のように突然ハリに掛かるようになる季節です。


私は通年1・5号のハリスしか使いませんが、キズがつかない限りは50センチオーバーのチヌはもちろん、
ハリが地獄に掛かれば、80センチオーバーのスズキでも獲れます。


チヌはどんな大物でも、海面に浮かせて空気を吸わせるとおとなしくなりますので、取り込みは簡単です。


ところが、スズキクラスは落とし込み釣りの中では、最も厄介な難敵です。


特にハリを飲み込まれますと、暴れまわって口の中の小さな歯でハリスにキズが付きますから、まず獲れません。


キズが付いたハリスに4~5キロの重みが加わりますからひとたまりもありません。


何度もエラ洗いして、ハリスにキズをつけてくれます。


地獄にハリが掛かれば、何度エラ洗いをしても平気ですが、サカナを掛けた時点でどこにハリが掛かってるかなど瞬時に分かるような神業の持ち主ではありませんから、スズキが獲れる条件は限られます。


・ハリが地獄に掛かっていること。
・ミチイトが最低30メートルくらい巻いてあること。
・エラ洗いしてから一気に海底まで潜る習性がありますので、このときにドラッグをフリーにしていること。


このうちのどれかが欠けてスズキをバラシてしまった時は、海に向かって合掌。(笑)


気を取り直して・・・・・・・釣りを続けましょう。































posted by ジャズフィッシュ at 11:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!