超安近短のメバルバカ!!

今日は珍しくクルマの中を夕方から整理整頓


大きな福岡市の有料の燃えるゴミ専用の袋にいっぱいになるほど、クルマの中の不要なモノを片っ端から捨てました。(汗)


と、言うわけで出陣はいつもより1時間半も遅い6時半


更に、旧三号線の堅粕付近で道路の補修工事があっていて、かなりの渋滞


前回のアオムシの残りがあるので、中央埠頭に直行!!


GEDC4285.JPG


ルアーマンと思しき釣り人が数人いました。


GEDC4284.JPG


しかし、いつものポイントに先客が!!


正々堂々と海上保安庁の巡視艇の横をドンドン奥に奥に釣り進んでいます。(苦笑)


遠目で見ますと、4・5メートルぐらいの磯竿にスピニングを付けて、際狙いでメバルを狙っている様子。


この時点で、私はここを諦めて他のポイントに行くこととしました。


GEDC4286.JPG


第1投目から竿先に重みを感じながら上がってきたのはジャスト20センチほどのメバル


それから凡そ1時間、黙々とエサをつけては魚を釣り、釣り上げてはエサを付けて際を狙い、いろいろなアタリを感じながら次々と魚を釣りました。


あるものは、海面から30センチ程度のタナでエサを咥えて一気に底に向かって走るようなアタリ。


またあるものは、1ヒロぐらいのタナでじっと居食いをして竿先に変化の出ないアタリ。


更に、波で堤防に打ち当てられたエサを追い掛け回して、カツ・・カツ・・、というアタリ。



1匹1匹アタリが違います



8時を10分ほど過ぎたところで、1メートルほどのタナでメバルとは明らかに違うアタリが!!


かなり引くのですが、竿を上げても全く浮いてきません。


仕方なくリールを巻きますと、釣れあがったのはこの方。


GEDC4288.JPG


30センチほどのタケノコメバル


ナイスファイト!でしたが、ハリを喉の奥まで飲み込んで、外そうとしたらハリス切れ。



この時点で潔く今日は納竿。


9時〜10時〜11時までとずっと釣れそうな気配ですが、ソコソコで良いのです。


ビニールバケツを引っくり返しますと、


GEDC4290.JPG


ソコソコ釣れています。


GEDC4294.JPG


20センチほどのアラカブも釣れました。


GEDC4293.JPG


正味1時間の釣りにしては、退屈しない程度にアタリがありました。


深ダナを探れば、セイゴやメイタも釣れるのかも知れませんが、
そんなチンタラチンタラした釣りはやってられません。


今日は満ち込みと言うこともあってか、1メートル以内のタナで80%以上アタッてきました。


私が一番好きなパターンです


もちろん竿先を絞り込んだ挙句、ポイ!とエサを外す連中もたくさんいました。


その連中を執拗にタナを変えて狙うよりも、ドンドン歩くのが私の釣り方。


時間があれば、アタリがあったポイントは時間を空けると、必ずまたアタリます。


今日はそんな時間もありませんでした。


でも、メバル釣りは最高に楽しい!!!









































posted by ジャズフィッシュ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!