ハンドメイドの落とし込みの竿を更に進化させる作業

市販の落とし込み竿の多くは、リールシートから一番最初にミチイトを通すガイドまでの距離が、凡そ60センチ近くあることをご存知でしょうか?


GEDC4231.JPG


この長さは意味ある長さで、前打ちの際に予めミチイトを出すのに都合の良い弛みができるからと、私なりに勝手に推察しています。


ですが、私はこの気になる距離の弛みを解消するためにハンドメイドの竿はリールから20センチぐらいの距離にガイドを付けるようにしています。


少なくともこの2・7メートルの竿では前打ちはまず、しませんから。


GEDC4229.JPG


富士工業のミニクロガイドは私にとっての常備薬?で、ガイドの距離が気になるとすぐに瞬間強力接着剤とミシンイトでガイドを取り付けるようにしています。


ハンドメイドの竿の良いところは、自分勝手な竿が作れるところにあります。


一般的な通説や常識や既成概念など、全く無視して構いません。


自分にとって使い勝手の良い竿を作ればよいのです。


他人が使うわけでもないので、見てくれも基本的には気にせずに構わないと思っています。


GEDC4226.JPG


慣れますと簡単ですが、老眼と近眼と乱視が入った年齢ともなりますと、丸い竿の表面にミニクロガイドをピンセットで置いて、瞬間強力接着剤で止めていくだけの作業が面倒になります。


予め竿に瞬間強力接着剤を垂らしておいて、ピンセットでそっと置くのがコツです。


指先でミニクロガイドをつまんで置いたりしますと、必ず指先に瞬間強力接着剤が付着して、その後の作業が厄介になります。


そんな経験を何度も何度も致しました。(苦笑)


GEDC4227.JPG


ある程度乾燥して、さらに瞬間強力接着剤を垂らしでミシンイトで巻いていきます。


余分にはみ出たミシンイトはハサミで切ります。


最近ではリールも超小型のリールを使うようにしています。


GEDC4232.JPG


ダイワのコロネット・ミニと言うリールですが、本当にオモチャみたいです。(笑)


おそらく国内で最小・最軽量の小型リールではないかと思われます。


スプールの口径が1cmぐらいしかないので、チヌ専用のナイロン系のミチイトを巻いていたら、グルグルのパーマ状態になり、使いモノになりませんので、止むを得ずPEラインの0・8号を20メートルぐらい巻いています。


基本的にPEラインは好きではありませんが、このような超小型リールに巻いても巻きグセは付きません。


大物が居そうな気配の時はこのタックルでは心もとないのですが、竿が折れそうなスリルを味わうには楽しい竿だと思います。


40センチぐらいまでのメイタやセイゴであれば、壁面がフラットであれば、100%獲れそうですが、
オーバーハングのポイントではメイタに弄ばれた挙句に、ハリスが擦れて飛ばされるのがオチだと思います。


この竿の一番のターゲットは言うまでもなくメバルですが、アタリがなくてタナを変えて探っているときに
タケノコメバルやセイゴ、これからの時期はメイタ~チヌが当ってくるはず。


デカいチヌがハリに掛からないことを祈るのみです。


たった1つ2つのミニクロガイドで随分と釣趣が変わります。


この世にオンリーワンの釣竿でイメージどおりの釣りができると、
釣りはもっと楽しくなります。






















































posted by ジャズフィッシュ at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!