寒波の後は博多湾貸切状態!!

今日は4時半ぐらいに須崎埠頭に着くように自宅を出ました。


先週は寒波到来で海水温が急激に下がって釣れる魚も釣れないのか、須崎埠頭は貸切状態でした。


GEDC3886.JPG


つまり、釣り人は私以外誰もいないと言うこと。


鉄人の爺ちゃん達もいません。


彼らは情報を共有して「集団移動」をしますので、博多湾の湾奥のどこかに群れているはずです。(苦笑)


海釣り公園は寒波が来る前まではアジの25センチオーバーがサビキで釣れていたようで、もしかしますと海釣り公園にでも行ったのかも?などと、勝手な憶測。


ド干潮からの満ち込みで、時間も潮も良いはずなのですが、いつものポイントではアタリすらありません。


予想通りと言えば、予想通りです。


海水温の急激な低下で鉄人の爺ちゃん達も移動しましたが、メバルも移動したようです。(苦笑)



なので、私も場所を移動しました。


GEDC3890.JPG


この眺めを見れば、私がどこに移動したかお分かりですよね?


海面にはカモ?が飛来して、多くの鳥達が浮かんでいました。


探ってもアタリがない中、底で唯一アタリがあって釣れたのはこの方です。


GEDC3892.JPG

23センチほどのレギュラーサイズのタケノコメバル。


更に底を狙いますと、今だに要るのがこの方々。


GEDC3893.JPG


たくさん釣って「正月用の焼きハゼ」を作るのも面倒なので、即リリース。


ココはダメです!!


更に場所を移動すると、メバルらしきアタリが・・・。


慌てることなく、十分に送り込んで釣れたのがこの方です。


GEDC3895.JPG


ようやく私のお目当ての主役が登場しましたが、底付近(3ヒロ)で僅かなアタリ。


その後3匹メバルを追加。


ですが、アタリは続きません。


ココからまた須崎埠頭の先端中央部分に移動。


底から1ヒロぐらいを探りますと、2ヒロ半ぐらいで妙なアタリ。


これも竿先を送り込んで慎重に合わせますと、結構引いてくれるのですが、上がってきてガッカリ!


GEDC3897.JPG


30センチほどのセイゴ。


このポイントでは更にそれより小さなセイゴ2匹とメバル1匹を追加。


竿を持つ左手が寒さでかじかんで思い通りになりません。


右手もポケットに入れてはいますが、冷たい。
最高気温8度、最低気温4度ですから・・・・。


8時前ですが、風が出てきて波が荒れてきましたので納竿。


GEDC3900.JPG


妻が職場の「魚好きの方」に差し上げるから今日はお持ち帰り。



さすがにチビメバルはリリースして、これだけを妻の知人に上げることと致しました。


GEDC3901.JPG


暗がりの中で道具を片付ける時に鼻水が出ました。


こんな寒い日にまで釣りに行く、バカの書いた記事など真剣に読んでマネをしないことをおススメいたします。


ロクなことはございませんバイ!!


帰宅後の入浴は極楽でしたバイ!

































posted by ジャズフィッシュ at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!