54年生きて初めて実物を見たオオニベに驚嘆!!

今日は出勤前にいつものリヤカー部隊のNさんが昼の1時まで待機している場所に向かうと、Nさんは不在でした。


良い魚が入手できないときは勝手に?休むNさんなので、苦笑いしながらその場を去って、西新商店街の魚屋さんの前を通りかかると、私の目は釘付け!!


雑誌やモノの本では読んだことのある「オオニベ」が魚屋さんの搬入口に無造作に置かれているのを見て、そこのご主人に「このオオニベ、写真撮らせてもらっていいですか?」と、言いますと、


「あんた、よ〜、その魚の名前ば知っと〜ね〜!!」「よかばい!!」とのご返事を頂きました。


これがあのオオニベか〜!と、思いつつデジカメのシャッターを押しました。


GEDC3838.JPG

写真じゃ分かりづらいのですが、
釣り歴48年目のメンツにかけて、体長は130センチくらい。
重さは20キロはあると思います。


GEDC3839.JPG


はっきり言いますと、グチが1メートル30センチになったようなシロモノです。


「これがオオニベか〜!!」などと、独りで喜んでシャッターを押していますと、「この魚ば、知っとう人など博多にはそげん、おらんバイ!!」と、ご主人。


私が「このオオニベ、宮崎からですか?」と、尋ねると、「何で、そぎゃんことまで分かるとね〜!!」と、まるで犯罪者を見るような目で見つめられました。(苦笑)


ルアー、特にシーバス狙いの方にとっては宮崎のアカメとオオニベは釣りたい魚ですよね?


私も以前ルアーに、はまっていた時は雑誌で何度も見て驚嘆した魚です。


それがこんな形で出会えるとは?


まさか、西新の魚屋さんでオオニベの1本モノに出会えるとは夢にも思いませんでした。



ルアーマンが憧れるに相応しい威風堂々とした魚でした。


もっと詳しいことを知りたい方はこちらをご覧下さい。






温暖化で那珂川や御笠川の河口にも来て欲しい魚です。


ほとんどの方がお持ちのタックルは通用しません。


釣ってみたいですよね?


おかっぱりから、20キロオーバーのサカナなんて!!


温暖化で得体の知れぬこそワルな生き物は北上してくるのですが、来て欲しい生き物はなかなかやってきません。


那珂川河口の巨大魚伝説!!

仕掛けを着られた方は一様にエイではないと言います。


アジゴの生きエサでものすごいスピードで仕掛けを切っていくソヤツの正体は?


今年の流行語大賞の「ワイルドだろぉ」より、ワイルドでしょう?






















posted by ジャズフィッシュ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!