須崎埠頭でメバル・タケノコメバル乱舞!

前回の記事が「母と弟と 1」だったので、今回の記事は当然「母と弟と 2」の予定だったのですが、私の母や弟の会話など記事にしても読者はアクビしか出ないだろうから、取り止めに致しました。(笑)


週刊誌の連載などでは許されないことかもしれないが、釣りバカが書くおバカなブログなので、いいかげんが良い加減だとも思っています。


「アンタの母親や弟のことなど、どげんでもいいけん、しゃんしゃん釣りに行って記事ば書かなバイ!!」という天の声が聞こえましたので・・・・・、今日も5時過ぎに自宅を出ました。


旧3号線のココを通り過ぎた時刻は5時半過ぎなのに、こんなに薄暗い。
道行く人はコートを着てマフラーを首に巻いて背中を丸めて歩いています。


GEDC3803.JPG


こんな寒い時に釣りに行くのはバカとしか申せません。(笑)



ポイントでお決まりのアオムシ50グラムを購入して、須崎埠頭のいつものマイポイントに着いたときは既に灯りがないと仕掛けを作れない状態。


GEDC3804.JPG


クルマのライトをつけっぱなしで、すぐさま仕掛けを作り、ケミホタルを1ヒロに合わせて実釣開始。


1投目からアタリがあり、釣れ上がったのはこの方。


GEDC3811.JPG


妻の大好物のメバル君?メバルさんかも?でござる。


この方も今日はその後度々登場。


GEDC3809.JPG


釣り場に着いた時間と時合いと天候が良かったのか、私が大好きな同じタナでの拾い釣りが出来ました。


とにかく1ヒロのケミをナビゲーション代わりに暗闇の中でどんどん歩きました。


退屈しない程度に・・・釣れます、釣れます。


GEDC3815.JPG



魚を触り、海水を汲んだりして指先が凍てつく寒さ。


これ以上釣るのは単なる殺戮みたいなので8時ジャストで納竿。
実釣2時間で、これくらい釣りました。


GEDC3817.JPG


GEDC3819.JPG


メバルの色々なアタリを堪能できました。


ある者はいきなり竿先を引き込む。


またある者はアタリもなく、じっと居食いをしている。


魚をいつものクーラーに入れて、須崎埠頭を撤収!!


帰りは自宅まで12分で着きました。


まさに、安近短の極致みたいな釣りでした。


いつもこれくらい釣れると、良いのですが、そうは問屋が卸さないのが釣りの世界。


さすがに須崎埠頭では私以外に釣り人はいませんでしたバイ!!



こんな寒い夜に半夜釣りするのはどこかのバカしかいませんでした。(苦笑)






















posted by ジャズ、フィッシュ at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。