釣りは「仮説と検証のシュミレーションゲーム」なんだよね!

勤務先の後輩に須崎埠頭や荒津のオイルセンターでタチウオを釣った情報を流しました。


仕掛けの詳細から、アワセ方から、ワイヤーハリスの上5センチぐらいのところにケミホタルを付けることまで・・・・・!!


ですが、彼らはボウズだったようで、「クレームの電話らしきもの」が掛かってきました!!


「ウントモ、スントモ・・・・!!」だって・・・。


私は言い訳もしませんし、彼らも心底私を疑っているわけではございません。


私がやったことを100%再現しているとも思えません!!(苦笑)


海は生き物ですから、昨日の海と今日の海は既に違います。


タチウオを釣った日からかれこれ10日は経ちます。


海の状況は同じはずがございません。


ココで皆さんに注意していただきたいのが、釣りの情報


釣りファンであれば、「釣りニュース」をよくコンビニなどで買って読むのでは?


ですが、編集から販売までのタイムラグを考えますと、逆に釣れるほうが不思議ですらあります。


最新情報では決してございません。


コレは釣り人であれば、少なくとも暗黙の了解と加味してください。


「釣れているといったのに、釣れていない。」などと激怒する方が子供じみています。


「釣りニュース」に電話でクレームなんぞするほうが、恥ずかしい!


釣れもしないのにウソばかりを書き立てるのは問題ありですが、たとえ今日釣れても明日釣れないのが釣りの世界です。


特に回遊性の高いサカナなどはテキメン。


セイゴ〜スズキ釣りでは、よほどのことがない限り、私は釣り仲間を誘いません。


コレまで何度も何度も・・・、辛酸を舐めました。


ある日たまたま連玉仕掛でモエビのエサでセイゴ〜スズキを爆釣したからと言って、その2〜3日後にそのとおりになることは私の経験上100%ありえません。


最悪、ボウズを食らいます。


冷静に考えますと、釣り人はこの不確実性が好きなのではないでしょうか?


行けば、必ず釣れる釣りなど年間に数ヶ月の期間のアジゴ釣りかハゼ釣りぐらいでしょう?


しかも期間が限られていますし、時間を間違うと、コレとてボウズになる可能性大です。


釣りには100%絶対は私の経験上ございません。


だから、逆に面白いのでは?


会社の後輩は、「リベンジ戦やります!」と、意気込んでいますが、コレばかりは私も予測不能。


須崎で全員がボウズだったとのコトです。



私なら、そんなことを常に考えて予備にアオムシでも買って、メバルあるいはセイゴ釣りに切り替えます。


釣れないモノに固執するほど空しいコトはございません。


「時期が過ぎたのかな〜!」と、自分に納得させることです。


油山でカブトムシが獲れる情報を聞いて、今頃カブトムシを探しに行きますか?


「すぐに、チェンジ!」するほうが利口なのでは?


釣りをする際にあるサカナを釣りに行ってそれが釣れない!!


「では、・・・・どうするか?」という選択肢は常にかんがえておくべきコトです。


仕事でもそうですよね?


セールスは断られたときがスタート時点です。(だそうです!?)


釣りも釣れないときがスタート時点です。


「釣れないものを釣ってみせる!」と、言う意気込みは大切ですが、私は老練ではないので?すぐに諦めて?他の事をやり始めます。


本質的に不器用なのですが、諦めと言うより判断力を素早くしないと、私のように夕方5時から大体8時までの安近短釣り師は時間がございません。


場所を変える。


エサを変える。


釣りモノそのものを変える。


私にとって当たり前のことをしない方が多いような気がします。


それに固執して得することがあれば、私は是非とも意見を聞きたい。


そういう私も常に仮説でしかございません。


ココに行けば、このサカナが釣れるんじゃ~ないか・・・・と!!


なので、・・・・・釣りは、・・・・・・やはり楽しい。


仮説と検証の繰り返し、マーケティングと言っても大げさではございません。


でも、相当不確実なマーケティング。


いつも、絶対に釣れる釣りが面白いですか?

















posted by ジャズフィッシュ at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!