落とし込みの目印について

すみません。


昨夜はジャズ評論家の後輩達と舞鶴の焼き鳥屋さんで飲んで、帰宅後に「妙なソウシハギの記事」なんか書いてしまいました。(汗)


前回の続きです。


「何故2ヒロぐらいのところケミホタルをつけるのか?」と言うことですが、私の今までの経験上、海面から2ヒロ〜3ヒロぐらいの所でよく釣れた記憶があるからに他なりません。


それが大きな理由であることは、間違いございません。


日中は前回使った既に発光しないケミホタルを針から2ヒロぐらいのところにそのままつけて落とし込むことで、かなり深い防波堤でも凡そのエサのある位置がつかめます。


要は海面からケミホタルが1ヒロぐらい沈んでいる時は3ヒロのタナを探っているということです。


かなり深い須崎埠頭の西側、あるいは中央埠頭の東側などではケミホタルを4ヒロぐらいまでずらすこともありますが、実はこれは大きな問題が生じます。


つまり、ハリから4ヒロのところにケミホタルを付けますと、4ヒロは巻き取れないことに他なりません。


コレは困りモンです。


45センチオーバーのチヌや50センチオーバーのフッコが釣れちゃ時はとにかくモタモタしますし、魚に良いように弄ばれます。


特にフッコ〜スズキはチヌのように空気を吸わせるとたちまち死んだように弱ると言うことは100%ございません。


それどころか、エラ洗いはするし、海面から海底まで一気に潜って行ったりします。


フッコ〜スズキは時間を掛けて取れるのはハリが地獄にかかったときだけで、それ以外は短期決戦の秒殺勝負で臨む方が獲れる確率は高くなります。


4ヒロもイトを巻けないとなりますと、タモが届かないところで暴れた挙句にハリス切れでThe Endと言う経験を私は何度も致しましたので、大体2ヒロ〜3ヒロぐらいにあわせるようにしています。


更にその昔、沖防に半夜釣りで渡っていたころは、アオムシをエサに大体2ヒロぐらいでガンガン30センチ前後のメイタを当てた記憶が染み付いているのかもしれません。


なので夜釣りのときはたいてい2ヒロにケミをつけます。


もちろん夜でも底にいるときもございますが、同じポイントで底から海面1メートルを少しずつ探るやり方は余程食いが悪いときでないと私はなかなかしません。


短気でセッカチですから、そのときのアタリダナが分かると、極力動き回って横に横に同じタナで探る方が確率的には高いような気がするからです。


私のやり方が正しいとも思っていませんが、コレは何十年も染み付いたクセとでも言うべきものですから、なかなかスタイルは変わりません。


更にメバルとなりますと、ケミは必ず1ヒロのところにつけます。


どうかすると水深50センチのところで当たったりもしますから、6Bのオモリをつけて糸を張った状態で落とし込んで行きます。


一番釣り易いパターンが水深1メートルぐらいのところにメバルが点在している時。


このような時は上から下をまんべんなく探るよりも、1メートルのタナでドンドン移動することです。


確実に数が伸びますし、ほぼ入れ食い状態になります。


メイタも同じような時が稀にあります。


私の目印は目印糸の沈むスピードや動きでアタリをとるためのモノではなく、あくまでエサのついたハリが海面からどこの位置にあるのかをイメージするためのモノです。


使い慣れたタックルを使用しますと、目印イトなどに頼らなくても、途中で魚がエサを咥えてじっとしているパターンも分かるようになります。


メバルは特にこの居食いのパターンが多いです。


コレが分かるようになりますと、釣果が伸びます。


逆に言いますと、この居食いが分からないと、食い渋ったポイントではメバルを狙ってもボウズをくらいます。


メバルは体のワリには大きなアタリ方をする魚ですが、いつもそうであるとは限りません。


特に水深1メートル以下の局地戦ではアワセが遅くてもダメですし、早すぎてももちろんダメです。


特に夜は竿先も全く見えませんので、メバルが引いていることすら分からないこともあるようですが、回を重ねますと、コツがわかるようになるモノです。

















posted by ジャズフィッシュ at 16:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 初心者向けの落とし込み釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!