フグの70倍の毒をもつ「ソウシハギ』に、ご用心!!

カワハギの仲間は旨い!


本カワハギだろうと、ウマヅラろうと、「ハゴイタ」と、呼ばれるウスバハギだろうと・・・。


だが!・・・・コヤツには絶対注意して食べないで、おくんなさいマシ。


019454.jpg


コヤツの名は「ソウシハギ」と言います。


基本的には博多湾の湾奥などにいないサカナですが、マンボウが多々良川で発見される昨今ですから、
いてもおかしくはございません。


今まで須崎埠頭で釣れたことがないタチウオまで入ってくる昨今。



どんなサカナがいても不思議ではございません。



「ソウシハギ」はふぐ毒の70倍の毒をもっているそうでございます。



興味本位で食べますと、一家は「あの世行き・・・!」で、ございます。



テトロドドキシンの70倍??


私は、テトロドドキシンを食べたことがないので良くわかりませんが、必ず死に至りそうです。


面白半分に食べたり・・・・せんこと・・・です。



こんなサカナを食べて、亡くなっても、葬式に出るかどうかすら、考えてしまいます。



海は危険がいっぱい!に、なりつつあります。


ヒョウモンダコといい、クラゲといい・・・!!


そのうち毒のあるイモガイが福岡近郊で発見されるのは時間の問題ではないかとも思います。


触ると大変!


危険な海生き物が増えています。



迂闊に触ったり、食べたりしないように!



僅かながらの警鐘です。
























posted by ジャズフィッシュ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!