落とし込み釣り〜私の場合〜 その2

落とし込み釣りの竿のお話の続きです。


私は落とし込み釣りは「点の釣り」であると思っています。


小さな防波堤ですと、釣れるポイントは魚種によってだいたい決まっていますよね?
埠頭でもだいたい決まっています。


つまり、ピンポイントで釣れないときは、「移動を余儀なくされる釣り」でもあります。


こんなときにイチイチ仕掛けを切って竿をクルマに放り込むことの空しさ!!


コレこそが、近場釣り師の最大の難点。


私は同じ埠頭内であれば、運転席の後ろの窓ガラスをあけて、そこに竿尻を入れて、竿を伸ばしたまま移動しています。


なので迅速に竿がしまえて、迅速に竿が出せる竿が昔から欲しいのですが、残念ながらいまだにございません。


私の知人が自慢げに、磯竿を改良して、「コレならすぐに竿を縮めたり、伸ばしたりできる!」と言うシロモノを見ましたが、100%使いたくないようなゴツイ竿でした。(苦笑)


普通の磯竿のトップを白いソリッド穂先に替えただけのシロモノでした。
ガイドはそのまんま。


「1本作ってやろう!」と、私の磯竿を改造してくれたのですが、1度使ってクローゼットの中に封印いたしました。(苦笑)


振り出し式のまま収納するにはどうしても可動式のUガイド、可動式のミニクロガイドが必要です。


磯竿のような大きなガイドでは先絡みして使いづらいですし、2〜4番のガイドがずれて気が散るばかり。


あるいは通常の落とし込みの竿の穂先の細さの中通し竿が出来ても良さそうなものです。


あまり細くすると穴が塩で詰まったり、強度に問題がありそうなことは誰でも理解できます。


そこをどうにかしてクリアーできないのでしょうか?


私は落とし込み釣りの竿が基本的に好きです。


あまりやりませんが、小型のスピニングリールをつけて小型の電気ウキをつけてウキ釣りするのも磯竿よりも楽しいものです。


ウキ釣りの楽しさと落とし込み竿の柔らかさで引き味を数倍楽しめます。



ですが、予め仕掛けを作ることが出来ません。


すぐにしまうことも出来ません。


この厄介さが釣り人を遠ざけている原因の一つではないでしょうか?


「簡便な落とし込み竿の出現」を期待したい!!


JAZZのスタンダードナンバーにも、「Somday My Prince Well Come」(いつか王子様が)と言うのもあるんだよ。


メーカーの方、お頼みしますバイ!!


















posted by ジャズフィッシュ at 01:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!