秋の味覚と言えば、何を指すのでしょうか?

朝夕が過ごしやすくやすくなりました。

寝るときに扇風機をつけていますと、朝方は寒さで目を覚ますほど。

食欲の秋、味覚の秋、勉強の秋、収穫の秋・・と、秋は実り大き季節です。

皆さんの食卓に、既にサンマ、梨、栗、松茸・・・などが置かれましたか?

と言う言葉がございますが、昨日今日始まった言葉ではございませんし、エネルギーがいっぱい詰まった食べ物が旬の味覚です。

中国では医食同源と言う言葉もありますが、私はこの言葉が大好きです。

食べ物が病気を防ぐと共に、恐ろしいことに病気をも引き起こします。

過日書店で「好きなものさえ食べていれば病気にはならない!」みたいなタイトルの本が置かれていて、妙に気になりました。

どこかのCMのシロクマじゃありませんが、「ほんまかいな?」などと関西弁で思ってしまいます。(笑)


話がいつものごとく核心から離れました。


我が家の秋の味覚の一つがこれです。


GEDC3592.JPG

「モクズガニ」です。

人によってはモズクガニという方もいますが、正式名称は「モクズガニ」というだけで、おかしなことにモズクガニというのもOKみたいです。


妻は高宮や百道にあるスーパー「ボンラパス」のことを今でも「ボンパラス」といいます。(苦笑)


50歳を超えると、「それって、ボンラパスじゃなかと?」などと、不粋なことは申しません。


我が家のスラングだど思っています。(苦笑)


博多では「モクズガニ」のことを「ツガニ」と呼ぶのが一般的です。


このツガニは秋に美味しいとされてます。


GEDC3594.JPG


ふんどしをみれば、これがオスであることは一目瞭然。


この時期のオスのミソが美味しいのです。


GEDC3595.JPG


食事の前に、我が家では台所のシンクの周りに親子3人が揃って、黙々とツガニを堪能しました。


カニミソは美味しいのですが、なにせ小さなカニですから食べる身はほとんどないのですが、旨い


カニを食べるときは、なぜか無口になります。


手はベタベタ、口の周りもなんだか気持ち悪い!!


親族だけにしか見せられぬ汚い食べ方の極致でございます。(笑)


今年もツガニを食べて一安心。


我が家では、秋の味覚はほぼ制覇いたしました。


家内は美味しいものを食べる夢をよく見るそうです。(笑)


私は、そのような夢50年以上も生きて1度も見たことがないのですが・・・。


月日(つきひ)は百代の過客(くわかく)にして、行きかふ年(とし)もまた 釣り人なり??


季節の移り変わりも、日が経つのも本当に早いですね〜!


台風16号それると良いですね〜!!





























posted by ジャズフィッシュ at 00:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの家内も甲殻類が大好きで、ツガニ、シャコ、ワタリガニ、冬にはカキを食わせろと大騒ぎ。私はなんとなくジャズフィッシュさんの奥さんとうちの家内は似たようなところがあります。(基本的に地チヌは持ち帰り禁止です。)ただ、私がかにが苦手です。奥さんとカニを堪能できるジャズフィッシュさんがうらやましいです。
Posted by ドバミミズ at 2012年09月18日 21:21
カニ玉チャーハンもダメですか?

タラバ、ズワイ、毛ガニ、花咲ガニ、ワタリガニ・・、とそれぞれ味覚が違います。


私の亡父もカニが苦手でした。
酒を全く飲まなかったからかもしれませんし、面倒だと言っていました。


ドバミミズさんは、もしかしたら左党ではないのでしょうか?


Posted by ジャズ・フィッシユ at 2012年09月19日 06:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!