南海トラフグではない!南海トラフの政府発表

いや〜、参りました!!

この時期に南海トラフの件を政府が発表するなんて!

消費税増税法案も国民の皆さんがロンドンオリンピックにウツツを抜かしている最中に、あれ?!と、言うタイミングで可決してしまいましたが、

今回も問責決議を可決し、衆院解散を10月以降にするとした矢先の南海トラフの発表。


ニュースも新聞もこぞって南海トラフの報道をしていますよね?


外交は全く下手だが、国民の目を欺く戦術に長けたお方が内閣府にいるのではないか??と、勘ぐりたくもなります。


私が「南海トラフが起きたらこりゃ凄いことになるよな?・・・」などと、西日本新聞を読みながら呟いていると、
妻が「南海トラフグち・・・何?」と、まさかの質問。


神よ、許したまえ!


南海トラフの最悪被害想定として、地震・津波死者32万人、九州最大59000人と、書かれていました。


福岡での死者は10人との予想。


どうして10人なのか?


釣り人が津波にさらわれる?


私はこの記事を読みつつ、だから公共事業で海岸線の護岸工事が必要みたいな思惑も考えてしまった。


明日起こるか、100年後に起こるかもわからない南海トラフに莫大な税金を投入して、公共事業をやる?


衆院解散後の自民党のバラマキ政治の布石を匂わせるようなタイミングでの内閣の発表。


国民不在の空転ばかりし続ける国会のなかで、とっくに次の動きは始まっているのかも??


それにしても、妙なタイミングだ。


今の時期に政府が発表し、マスコミのすべてが我先に報道するべき内容なのか?


10日後でも良かったのではないか?


国民の関心をそらすための情報操作にしか思えないのは私だけ??

















posted by ジャズフィッシュ at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!