私にとっては久しぶりの安近短の釣りに出かけました!

 昨日今日と連休で本当は昨日の夕方から近場で竿を出そうと思っていましたが、夕方からの稲妻&突風&ゲリラ豪雨で断念しました。

妻とベランダ越しに二人で稲光と雷鳴を見聞していました。

張り裂けるような音がして、地響きが鳴った後に、テレビでは落雷が南区の老司に落ちて民家が火事になっているとのことでした。

本当に落雷は恐ろしい!!

今日は急激な気圧の変化がなかったのか、終始晴れていました。

なので、私は夕方6時過ぎに家を出て、散歩がてらのいつもの釣り

妻にメバルを釣ってやろうと・・・、アソコに行きました。

1投目からアタリがあり、釣れたのはこの方です。

GEDC3519.JPG

20センチちょいのタケノコメバル。

更にこの方達が次々と。

GEDC3523.JPG

GEDC3524.JPG


合わせが遅いのか、私がノンビリ屋さんなのか、すべて喉の奥にハリが刺さっていまして、外すのが大変。


そうしていますと、アワセた後に強い引きでハリスを飛ばされました。

GEDC3520.JPG

私の経験則から、50センチを超えるようなチヌや80センチを超えるようなスズキでは100&ございません。

たいしたことがないのに・・・、なぜかハリスが飛ばされました。


恐らくタケノコメバルの喉深くに刺さったハリを外すときにキズでも付いたのでしょう。


ハリを結び直して、同じポイントにエサのついたハリを落とし込みまして、ゆっくりとタナを上げますと妙なアタリが・・・!!

「カツーン! カツーン!」というような感じです。

私には犯人がなんであるか・・・・すぐに分かりましたので、竿先に神経を集中させてアワセますと、結構引いてくれます。(笑)

水面に浮かんで、ミチイトを持って抜き上げたのがこの方です。

GEDC3522.JPG

23センチほどのクロ

丸々としています。

それまで釣った魚はすべて湾内にリリース、このクロも、もちろんリリースです。

写真では上手く撮影できませんが、水銀灯周りに集まっているボラの稚魚を狙って、スズキ(フッコ)の群れがウジャウジャしています。

GEDC3525.JPG

ハリスやミチイトに触れるほどウジャウジャいるんです。

ですが、アオムシには反応しません。

そうしているうちに妙なアタリが!

釣れたのは、なんとこの方。

GEDC3529.JPG

妻の大好物のメバルちゃんですが、クーラーも持参していませんでしたので、その場でリリース。

7月8月でも、いるところにはいるんですね〜!!


その後にもあの方のアタリがありまして、楽しめました。

GEDC3528.JPG

例年、この時期にはメイタ〜チヌがここでアオムシでも釣れるのですが、今年はアタリすらありません

まあ、どうでも良いのですが・・・。

帰り際カラカラに乾いた喉を潤すためにコレを買いました。

GEDC3534.JPG

どこで竿を出したか、バレバレですね!

今回は使い慣れたハンドメイドの竿とレアなダイワのコロネットの組み合わせでいつもの連中と遊んでいただきました。

帰宅後妻が「なんも釣れんやったと〜!?」と、苦笑いしていました。


「・・・・・」無言の私。

でも、楽しかった!!

小魚との戯れ。

安近短釣り師のお散歩釣りなんで、参考にしないで下さいマシ。














































posted by ジャズフィッシュ at 00:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!