ロンドン・オリンピックに夢中ですか?

股関節が痛くて家の中でも杖をついて歩いている妻とロンドンオリンピックのハイライトシーンを観ています。

「参加することに意義がある」と、言う言葉はオリンピックの言葉であることは周知の事実ですが、意味を履き違えている方が多いようです。

例えば、町内会の運動会などで普段走ってもいないお父さんがリレーに出て、トラックをヨロヨロしながら走る時の「参加することに意義がある」と、いう意味ではございません。


つまりオリンピック選考委員に選ばれる実績をそれまでに作ってきたアスリートだから参加することに意義があるという意味なのですね〜!


要は、普段何も精進も努力もしない方が突然参加したところで、全く無意味であると言うことです。


参加すらできません。


読者の方がいくら懇願したところでオリンピックには出れません!!


だから「参加することが、参加できることが凄くて意味がある」と、いうことなのです。


連日熱中症になりそうな日々が続いています。


私は過日の記事にも書きましたが、妻がまともに歩けない分、できるだけ自宅にいて妻のサポートをしています。

心底妻への恩返しと感謝の気持ちを込めて・・・。


今日の休みもずっと家にいました。


妻が「釣りにでも行きなさい!」と、言わない限りできるだけ家にいるつもりでございます。


我が家は相変わらず朝早くからクマゼミ騒音で目覚めます。
蝉時雨などと言う風流なものではございません。
断じて。


妻がキッチンからベランダに出入りするドアを見て、私に救援要請をよこしてきました。


何のことはない。


コイツです。

GEDC3488.JPG

GEDC3489.JPG

クマゼミ君(雄)でした。

他のところにはクマゼミさん(雌)もいました。

GEDC3464.JPG

いかに近隣にクマゼミドモが跋扈しているかがお分かりいただけるかと思います。(苦笑)


こんなたわいもないクマゼミごときを恐れる妻が笑えます。(苦笑)


夕方になっても何故か釣りに行く気もいたしません。


近隣を少し散歩しました。


GEDC3482.JPG


博多湾の夕暮れはまぶたに焼きつくほど何回も、いやいや何百回も眺めていますが、ありふれた景色の夕暮れもまた美しいものです。


朝の来ない夜はない。


都会の夕暮れ時にソコに身を置く自分が信じられませんでしたバイ。(苦笑)


たった2週間足らず博多湾に行かないだけで、随分と古(いにしえ)の過去のような気がします。




























posted by ジャズフィッシュ at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!