休日のダブル・ヘッダー その2

この記事を書いているのは6月24日の日曜日です。

一日中雨が降りました。


まあ、梅雨だから仕方ない・・・・、と、言ってしまえばそれまで。
自然の摂理でございます。

昨日釣りに行って良かった・・と、勝手に安心しています。(笑)

昨日の続きです。


カニでもカラス貝でも須崎埠頭でメイタ〜チヌをしとめることができなかった私はいつもの場所に行きました。


私がこのブログに書いたせいか、釣り場は満員御礼

GEDC3416.JPG


私も仕方なく皆さんと離れた場所で釣るハメに・・・。

GEDC3422.JPG


ところが・・・・・・・・。


皆さんの竿が曲がっている様子もない中、私は退屈しない程度にアタリがございました。


メイタ〜チヌを諦めてスズキ狙いです。


暫く釣っていない「スズキクラスが釣りたい!!」と、ココに来たのですがその場所しか空いていませんでした。


磯竿を2本出してアタリを待ちます。


すぐ手前の竿1本先のウキがポコポコと沈んでは勝手に潮の流れと逆方向に向かっています。


怪しいアタリ・・です。


更に暫く待ってアワセますと、魚が掛かっているのを確認できるほどの引き具合。


「どうせ、30センチほどのセイゴだろう?」と、タカをくくっいますと、グイグイと引きます。


「・・・・・・・・・・・・・・・・!!」


左側には船を繋ぐロープが張ってあり、右側には大きなハシケのスクリューが見えます。


「どこで取り込むべきか?」を勘案しながら魚を寄せて、エラ洗いをかわしながらタモに収めたのがこの方。

GEDC3417.JPG

なかなかのフッコ。

GEDC3420.JPG

50センチのバッカンに入れると尾びれが曲がっていますので、それなりのサイズです。


もしかして、今日はスズキに出会えるかも!?との予想とは裏腹に30センチ前後のちっせーセイゴが次々に釣れます。

GEDC3421.JPG


釣った魚はカミサンのお友達への予約済み。


周囲はほとんど竿が曲がっていませんでしたが、8時を過ぎましたので納竿。


真夜中の11時半ぐらいが満潮だったはず。(たまたま潮見表を見ていました)


この時間の前後の潮止まり以外が良いはずですが、そんな時間もございません。


私が今回釣ったセイゴ〜フッコはすべて竿1本先ぐらいです。


日によって当るポイントは違って当然です。











































posted by ジャズフィッシュ at 23:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!