雨の日もインドア・フィッシングが原則!

 釣りに行くことを予定した日に雨が降ったら・・・、あなたはどのように過ごします?

少なくとも私は40代前半ぐらいまではムシャクシャして一日中フテ腐っていました!(汗&苦笑)

家人にすれば大迷惑!!

そのような時は、釣具店などに行って、いろいろと空想することが一番心が和みます。
これは私の経験上間違いございません。

釣りは本来「〜かもしれない!?」の連続である遊びです。
つまり「IF〜」の繰り返し

スズキがここにいるかも知れない。

チヌがあそこに付いているかもしれない。

デカメバルがここにいるはず!?

これは釣り人の単なる妄想です。

ですが、この妄想があるからずっと、ず〜っと、釣り人は釣りができるのです。(笑)

たとえ結果が惨憺たるものであったとしても、宝くじが全部スカみたいなもので、どうと言うことはないはず。

どうやら釣りの初心者はこれが許せないようで・・・・・、ございます。(苦笑)

バイオリズムではございませんが、爆釣できるときもあれば、完膚なきまでボウズのときもございます。

良い時もあれば、悪いときもある。

これは釣り場に立って自然と対峙しなければ分かりません。
相手は自然でございます。

大潮だから・・・、スズキが釣れるはずなどという一般論はほぼ通用いたしません。

本を読みすぎると、ろくなことはございません。

ある地域の、ごく一部での釣果を参考に釣り人が書いた本がすべての森羅万象に当てはまることは、まず、ないと言うのが私の持論。


私もそうですが、良い思いをすると・・・、その釣り場、釣り船を褒めたくなります。


たとえそれが、タマタマであったにせよ。


今までは前置きでございます。


入梅して釣りにいけない私は、ゆめタウン博多の道路を挟んですぐ近くにあるタックル・ベリーに行きました。


店内をほぼ、隅から隅まで一巡し、いろいろと竿を伸ばしたり、リールのハンドルをグルグルと回して、結局それは買わない迷惑な客です。(苦笑)


48年もいろいろな釣りをしていますと、理屈抜きで道具の良し悪しが瞬時に理解できます。

良し悪しではなく、値段でございます。


「目の保養」と言いますか「目の肥やし」と言いますか・・・、ここで私はこの竿はいくらぐらい、
このリールはいくらぐらいと自分で予想します。(苦笑)


95%ぐらいは予想どうりです。


ですが、アテが外れた残りのの5%ぐらいが気になります。


何でこんなボロリール(失礼!)やボロ竿(再び失礼!)にこの値段??と、思うことがございます。


少なくとも私の考えでは、単に買い取り価格を誤った所作の末路かと・・・。


こんな時は私は瞬時に「俺を舐めんなよ!!」と思います。(苦笑)


「ここにいる店長や従業員などに比べて俺の方が釣具の歴史も、釣りの歴史も数倍詳しいぜ!」などと、勝手に息巻いている次第・・・。(苦笑)


随分遠まわしな話題ですまん!!


ここで購入したのはこれらでござる。

GEDC3370.JPG

80グラムから120グラムまでのメタルジグ。

信じられないのが、これだけ購入して前回ご紹介したメタルジグの1個分にも達しない。

これは何を隠そう「リセールバリュー」の低さを物語っている。

つまりジギング用のタックルもツールも釣りの全体からすれば・・、それほど需要がないと言うこと。

磯竿、あるいは磯竿に付けるリールなどはそれなりではあるが、ジギングに使うタックルはソルティガなどの有名機種を除けばたいした価値はないと言うこと。

それは兎も角・・。

GEDC3371.JPG

GEDC3372.JPG

GEDC3373.JPG

準備は整いつつあります。


過日ヤフオクで購入したPEラインも届きました。

GEDC3369.JPG

PEラインの2・5号の300メートル巻き2つとPEラインの1・2号300メートル巻き二つをそれぞれ落札。

皆さんご存知のある釣具の量販店では2・5号のPEライン200メートル巻きが1個8000円台で売られていまして、身震いいたしました。(苦笑)


「そんなアホみたいな値段で誰が買うか!!」と、瞬時に思いました。


失礼ですが、石を抱かされて蝋燭の怪しい炎に炙られても、俺は絶対にそんな馬鹿げた値段では買わん!!

「最高でも4分の1以下やろ〜!!」と。


いくら能書と付加価値を並べたところで、見る方が見れば即座に分かるのがモノの値段。
分からない方は世間知らず


今回私が購入したのは300メートル巻きの価格が10分の1ぐらい。


ちなみに私はヤフオクのプレミアム会員とオークファンのプレミアム会員になって月額346円と月額498円を毎月払っています。


毎月の支払いですが、こんな時に役に立ちます。


オークファンでその商品の落札相場が分かるとだいたい落札金額がすぐに理解できます。
ある程度の勘も働きます。(苦笑)


私が納得できなければ、入札しないだけ・・・・!!(苦笑)


実に便利ですよ。


ヤフオクでの落札の仕方にはコツがいります。


これをグダグダ書きますと、話がこの記事の数倍に及びますので、割愛!


知りたい方はコメント下さい。


なんなら特集を組んでお教えいたします。


私自身も、私が釣ったくだらないセイゴやメイタの記事などよりは皆様に有益であると思いますので。(苦笑)







































































posted by ジャズフィッシュ at 00:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジグかなり揃いましたね。
私も、ジャズフィッシュさんの影響で、ジギングを最近検索しています。
ジギングの他、タイラバやインチクも捨てがたく、また道具が増えること間違いなしです。

デカマサ、待ってますよ。
Posted by ドバミミズ at 2012年06月19日 09:39
竿がなかなか決まりません。

ある船の船長から教えていただいた竿の高いのなんの!!

リールもソルティガが良いのでしょうが、糸を巻くだけの道具?に10万も出すぐらいなら、気の利いた電化製品が買えそうでございます。

カミサンに恐ろしくて「ソルティガが欲しい!」なんて言えません。(苦笑)


タイラバも本格的にやると、それなりの道具が要りそうですが、ポイントあたりで竿を購入し、手持ちのABUで対応すれば、ナントカなりそうです。


肝心のタイラバはテンヤと同じで根掛かりなどで1回の釣行で2〜3個はなくなるでしょうから、心臓によろしくございません。





Posted by jazzfish at 2012年06月20日 07:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!