マキエ釣りが嫌いな私は暫く荒津オイルセンターを回避!

マキエを撒いてのフカセ釣りが主流の荒津オイルセンター周りは暫くパスでございます。

先端の長〜い波止は満ち込みの際にメイタ〜チヌが出るのですが、要所要所でフカセ釣りの釣り人がいますのでここもパスです。

暫くはメイタ〜チヌは棚上げしておいてセイゴ〜スズキ釣りに専念いたします。(アーメン)


前々回行きました長浜の魚市場の対面です。


クルマ横付けのお気楽・お手軽ポイントです。


私は基本的にこのようなお手軽・お気軽ポイントが好きです。


不思議なもので、自転車やスーパーカブでしか行くことが出来ないポイントは良いポイントが多いものです。

理由は場荒れしないから・・・・に、尽きます。

クルマ横付けのポイントは入れ替わり立ち代わりいろいろな釣り人がやってきて、
ある人はサビキ釣り、
ある人はコウイカをスッテで狙ったり、
ある人はエギを投げまくったり、
ある人はルアーを投げまくったり、
・・・・エトセトラ・・・etc.

だいたいが、このような場所にはメイタ〜チヌは付きません!!

人が行かない、行きにくいポイントを探すことが一番なのですが、年を重ねますと、「そこまでして釣らんでもよかろう!!」と言う気持ちが先立ちます。(苦笑)

基本的にクルマ横付けが好きで、マキエを撒くのが嫌いなグータラ釣り師なのかもしれません。


今日は磯竿を2本出してタナを2ヒロ、2ヒロ半に合わせてセイゴ〜スズキのウキ釣り開始!!


GEDC3310.JPG

例によって須崎の鉄人の黒のニッサン・セレナがございました。(苦笑)

潮は動かずに下げ潮みたいです。

ウキがピクリともしませんので、ハンドメイドの落とし込み竿で周囲を探りました。

最近湾奥名物になっているアラカブをゲット!

GEDC3311.JPG

夕方になっても下げ潮なのか、アタリがまるでチイチイフグのような小ささ。

2〜3センチのチ●コハゼかと思いましたバイ!

すぐその後に明確なアタリ。

このアタリこそ私が好きなヤツラのアタリです。

GEDC3312.JPG

17〜8センチですが、かなり肥えていてなかなかの引き。


メインのウキ釣りはウキが流れに乗って移動するだけで、ウントモ、スントモ・・・!!


そうしているうちにハンドメイドの竿の穂先に今までとは違ったアタリが・・。

ガサツに引くので小物であることは間違いございません。

釣れたのはこの方。

GEDC3313.JPG

30センチほどのちっせーセイゴ

メバルはキープしましたが、この方は、謹んで海にお帰りねがいました。

その後は、先ほど程度のアラカブとメバルを1匹ずつ追加。

下げ潮でド干潮近辺のためか、ウキには何ら変化なし。

足元の下が空洞になっているようなのでソコを探りますと、今までにないモゾ〜っとしたアタリ。

時間を掛けて、ゆっくりと竿先を送り込みますと、更に竿先を押えるようなアタリが!!

エサを咥えているのは分かるのですが、ハリを飲み込んだのかどうか・・・。

そうしていると、竿先にガクンという引きが・・・。

ヤツが走り始めました。

スプールから親指を離して、止まったところで応戦。

目の前でエラ洗い2回!!

まあ、たいしたことではないサイズです。

しかし、使っているのが2・7メートルの極細のハンドメイドの竿ですから、グイグイ引いてくれます。

浮かせた瞬間に速攻タモ入れ!!

タモを握ってこいつを掬うまでに恐らく2〜3秒!?

GEDC3314.JPG

47〜8センチのセイゴ。

GEDC3315.JPG

GEDC3316.JPG

丁度8時になりましたので、ここで納竿。

まだまだ、数は望めませんし、型もイマイチどころかイマサンぐらいですが、クルマ横付けのグータラ釣り師はこんなもんでございます。

今年はここで80オーバーのスズキを落とし込みで釣りたいと思っています。

次回の休みもここです!!(苦笑)










































posted by ジャズフィッシュ at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。