7・2メートルの落とし込み竿のカレイなるデビュー!?

 どのような感覚なのか確かめたいばかりに小雨がパラつく中、ポイントで本虫を30グラムと、小物を買って向かったのはここです。

GEDC3293.JPG

荒津オイルセンター。

やり手の釣り師と思しき方を発見して車を止めますと、足元にはストリンガーが!!

GEDC3295.JPG

40センチほどのキビレがストリンガーに繋がれて泳いでいました。

道具と言い、なんだか昨年の今頃に釣研のテスターの坂本さんを思い出しますと、お知り合いのこと。

サンラインと言う釣り糸のメーカーのテスターをされている吉田さんと言う方でした。

さもあらん。

昨年坂本さんがチヌを爆釣したポイントが空いていましたので、ここで吉田さんと一緒に竿を出すこととなりました。

GEDC3300.JPG

ド干潮近辺で、切り返しの時合いに期待が持てそうです。

私は、早速チヌ用のミチイトをまいたABUのアンバサダーをリールシートにつけて、竿を伸ばしてガイドに糸を通しました。

8本継ぎでガイドがたくさん!!

7・2メートルもあれば止むを得ないが、それだけでかなりウンザリ。(苦笑)

GEDC3297.JPG

竿も片手では到底持てるようなシロモノではございません。

やはり・・・・!!

構造物の際を直撃しましたが、何にもアタリません。

潮は左から右へと流れています。

吉田さんが言うには右から左に流れた方が食いが良いそうです。

折角本虫をつけているのにアタリもないとは!!

目印が左から右に流れていく途中で、長い長い竿先に鮮明なアタリが!!

食い込むまで待って、アワセますと、それなりに引きます。

でも、メイタ〜チヌではなさそうです。

釣れて来たのはこのお方。

GEDC3298.JPG

25センチほどの肉厚のマコガレイ!!

投げ釣りでも1匹も釣れなかったのに・・・。

花見ガレイと言うには時期も遅いし、入梅寸前ガレイ??とでも、命名するべきか?

1匹目の本虫でカレイが釣れてまさに「カレイなるデビュー」をこの竿は飾ったのでありました。(笑)

ですが、その後がいけません。

例によって、ハゼドンが数匹。

GEDC3302.JPG

しかも、荒津オイルセンターにはかなりネコが生息していて、いつもおこぼれを虎視眈々と狙っています。(トラではないのですが!!)

GEDC3303.JPG

ハゼドンはネコに奉納。

暫くして吉田さんの竿が曲がり、35センチほどのメイタが!!

GEDC3299.JPG

やはりここはマキエを撒いて、フカセ釣りが王道の釣り場なのでしょうか?

私の竿にはメイタ〜チヌのアタリは一度もなく、まるで庄内竿を持つように両腕で竿を持って、右腕が筋肉痛になりそうです。(苦笑)


その後、吉田さんにスズキが釣れる有力ポイントを教わりまして、電気ウキで流しましたがアタリなし。

暫く吉田さんとお話をしました。

釣れる釣れない・・・・・・・・、は置いといて、貴重な情報を頂きました。

この場をお借りして、感謝!!





































posted by ジャズフィッシュ at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!