本虫の残りでメイタ〜チヌ探査

 一昨日の本虫の残りでメイタ〜チヌの探査。

中央埠頭の御笠川沿いのポイントへ向かうことといたしました。

釣り場では、アジゴ狙いの先客がおられまして、次々にコノシロとボラを釣り上げていました。

GEDC3255.JPGGEDC3256.JPG

子供さん達は大喜びでございます。

人の笑顔は見ているだけで、こちらも目を細めますよね?

本日は「もしかしたら・・・」とのことで、がまかつの3・9メートルの落とし込みの竿を使うことといたしました。

GEDC3258.JPG

硬い調子の竿ですので、大物が来ても楽に獲れそうな竿です。

問答無用で底から引き離すポテンシャルがあるはず!?

私は恐らく10年以上も前に製造されたであろう・・・がまかつの竿が好きです。

落とし込みの竿に限らず、磯竿や船竿も・・・。

竿の塗装も良いですし、細部が丁寧に作られているような気がするのは私だけ?

それは兎も角、がまの竿に本虫をつけて小さなアタリで釣れあがってきたのはこの方。

GEDC3257.JPG

タックルとエサが泣いています!!(苦笑)

ズ〜っと、歩きながら底付近を探りましたが、アタリらしきものは例の小メバルだけ。

小一時間ここで探りましたが、パス!!

次に向かったのはいつもの須崎の東側のポイント

GEDC3260.JPG

私が到着した時は日曜日にも拘わらず誰もいなかったのに後から3人ほどのルアーマンが登場。


GEDC3259.JPGGEDC3262.JPG


大変失礼ながら、私はここでルアーを投げて何かをゲットした方を今まで一度も見たことがございません。

なのに、よくルアーマンが訪れるポイントです。


下の写真の方はアジングとのこと。

私にはイマイチ意味が分かりません。

メバリングであれば理解しうるのですが、アジング?

25年近く博多湾の湾奥で釣りをしていますが、湾奥では20センチを超えるアジを釣ったこともございませんし、釣れたところでアジゴ、今の時期ですとそれすら難しいような気がするのは私だけ?

それも、まあ良いとして・・・、この船がこの場所に停泊している時は良くないような気がいたします。

GEDC3261.JPG

浚渫船でしょうが、どこを浚渫しているのやら??

ここも結局小メバル2匹の釣果のみで移動することいたしました。

須崎の西側に。

船が4隻も停泊して釣る場所がございません。(汗)

一番奥の角地を探っていますと、アタリらしきものがございますが、ハリに掛かりません。

恐らく、用心深い小メバル。

2ヒロほどのタナで妙なアタリ。

釣れあがってきたのはこのお方。

GEDC3264.JPG

25センチほどのちっせぇ〜セイゴ

もちろん、すぐさま、リリース。

周囲には例のコウイカの墨だらけ!!

GEDC3266.JPG

荒津大橋の下付近では3人の釣り人がコウイカを狙っていましたので、竿も出さずに様子を見ていました。

1人の釣り人がこちらをすぐに釣り上げました。

GEDC3269.JPG

ここで、しばしお話をして納竿。

メイタ〜チヌ探査は今回もそれらしきアタリすらございませんでした。

サカナがいないところで竿を出す空しさ・・・。

今年は例年になく、釣れなさに慣れてしまっています。

あな、おそろし!!

















































posted by ジャズフィッシュ at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!