今年の私の釣り戦略

釣りに行くことができない勤務の日には、ほぼここに顔を出します。

西新のリヤカー部隊のNさんのところ。

Nさんも釣りをするそうで、話が合います。(合わせてくれているだけかもしれません)(苦笑)

店頭を見ますと、季節感のあるお魚が並んでいました。

GEDC3229.JPG

25センチほどの立派なキスがズラリ。

GEDC3230.JPG

30センチあるかないかのちっせ〜アコウ!!(キジハタ)

船釣りでよく釣ったサイズです。

GEDC3231.JPG

50センチ弱のマゴチ

そう言えば、これからの季節はヒラメよりも確実に旨い魚の一つです。

俗にいう「照りゴチ」と言われるシーズンのコチ。

釣り歴48年の私でも、50センチオーバーのマゴチは生涯3匹しか釣ったことがございません。

しかも、すべて九十九島でのエビ餌での筏からの掛かり釣り

ミテクレはワニを叩き潰したような魚ですが、味はこの時期ピカイチでございます。

刺身にすれば、鯛も、ヒラメも、スズキも比肩する相手ではございません。

釣りの話をNさんとしながら、かねてより思っていたことを本日実行いたしました。

それは、この竿を購入することで私自身の釣りのスタイルに変化をもたらすことでございます。

今までは落とし込みの竿と言えば、3・6〜4・2メートルがまあ、常識の範疇でございました。

あえて私は自作のハンドメイドの2・7メートルの竿を使うことが多いのですが、それは基本的にはロープが張り巡らされた漁港内のメバルをゲットするために自分自身で短く改造したモノです。

これが案外いろいろな場所で活躍していますが、当初はそんなことも考えませんでした。

まさかこの竿でチヌやスズキが釣れるとも思ってみませんでしたが、これが釣れました。(苦笑)

今回私が購入するのはこの落とし込み竿。

600x450-2011060200005.jpg

「宇崎  プロスクエア マルチクロダイ UG 7.2m 」と、いうモノでございます。

もちろん、釣具のポイントやフィッシング・ワールドには売られているはずもございません。

一般には売られていません。

そこは蛇の道はナントカでございます。

「求めよ、されば、与えられん!!」なのでございます。

欲を言いますと10メートルぐらいの鮎竿よりも長い竿が欲しかった・・・。(そんな竿あるか!!)

つまり、7・2メートルの落とし込み竿!!

これでどこを狙うかは近場の落とし込み釣り師であれば、想像できますよね?

今までは、ノーマルな落とし込み釣り師でしたが、今年からはアブノーマルに!!

私をご存知の方は昔からアブノーマルなヤツだと思っているかもしれませんが・・・!

私なりに少し変わったおバカな釣りをするためにはこの7・2メートルの落とし込み竿が必要なのです。

ガイドにミチイトを通すのに倍の時間がかかることを思いますと、少しブルーでございます。(苦笑)

この竿が自宅に届きましてから、そのアホな釣りの全貌がお分かりいただけるかと・・・。

あまり、期待はしないで下さいマシ。

あくまで、バカの実験的な釣りと、お考え下されば結構でございます。





















posted by ジャズフィッシュ at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!