中央埠頭のメバル達は小さなモエビが大好物でしたバイ!

本日も5時半頃に中央埠頭の御笠川沿いのポイントに出向きました。


エサはアオムシ50グラムとモエビ50グラム。


ウキ釣りでセイゴ〜スズキ狙いも兼ねて、もちろんメバル狙い


いつになく、結構気合が入っています。(苦笑)


GEDC3106.JPG


磯竿1・5号はセイゴ〜スズキ狙い。


ハンドメイドの竿はメバル狙い。


今日もモエビの小さいこと、小さいこと。


GEDC3111.JPG


ヤフオクで300本入りのものを買った赤袖9号が大きく見えます。(苦笑)


際スレスレに落とし込んで、浅いタナを探りますと次々に小メバルが!!


GEDC3107.JPG


面白いように次々に釣れます。


ほぼ入れ食い状態で30分後ぐらいにはこの釣果。


GEDC3110.JPG


明るいうちのメバル釣りにはモエビのエサが金科玉条。


まさに鉄板レ−ス。


鈍いアタリがあり、良く引いてくれたのはコヤツでごわす。


GEDC3108.JPGGEDC3109.JPG


防波堤の破壊工作員みたいなタケノコ・メバル。


その後もメバルばかり・・・・・!!


磯竿にはアオムシをつけてウキ下を2ヒロにしたり、3ヒロにしますが、
アタリはゼロ。


セイゴ〜スズキの気配すらいたしません。


薄暗くなって電気ウキに電池を装填しますが、相変わらずアタリなし!!


メバルはこの時点でこれぐらい。


GEDC3113.JPG


数をかぞえていませんが、この時点ですべてリリース。
死なないうちに・・・・・・・・!


その後はタナを深くしたり、エサをアオムシに替えたりしましたが、相変わらず小メバルの入れ食い


釣っては海に戻し、釣っては海に戻すこと・・・・・・・の繰り返し。


おかげで左手の指がいつも濡れっぱなしで、ふやけてしまいました。(苦笑)


これが20センチオーバーのメバルであれば、「言うことなし!!」なのですが、13〜14センチはいかんせん中途半端です。


お決まりの8時納竿


メバル真っ盛りの現在ですが、お持ち帰りできるメバルには今年1匹も遭遇していません。


今日だけで50匹ぐらいは釣ったと思いますが、皆小さくて・・・・・・。


5匹でいいから20センチオーバーが釣れるほうがアリガタイ!


でも、それなりに今日は楽しかった。



どうかすると、水深50センチぐらいのところでハンドメイドの竿をひったくるような小メバル君もいましたし・・・。



















posted by ジャズフィッシュ at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!