安近短釣り師の不言律の鉄則

今日も良い天気でした。

ポイント築港店でU店長からモエビを50グラム買わせて頂きましたが、このサイズ!


GEDC3088.JPG


たかが50グラムで100匹はいるんじゃないかと・・・思うほど、ちっちぇ〜!!(苦笑)


とりあえず、須崎埠頭の東側に行きました。


が!


今日も北西の風が強くて、白波が立ち、天気は兎も角釣りのコンディションはお世辞にも良いとは申せません。


いつもの仕掛けで、ハリに小さなモエビを刺しますと、ベタ底でアタリが!!


上がって来たのはこの方。


GEDC3089.JPG


元気いっぱいの14センチほどのメバル。


その場でリリース。


その後も数匹同じサイズのメバルが釣れましたが、面倒ですし、手がヌルヌルしてデジカメを触る気になれませんでしたので、割愛。


やや大きめなモエビでポイントを探っていますと、大きなアタリがございましたが、いかんせん風が強く竿をしっかりホールドするだけで精一杯。


アタリも取りづらく、竿先を見ても、いっちょん分かりません・・・バイ。


合わせても、不発!!


モエビだけが3分の2ぐらいなくなっています。


底ですので、恐らくメイタの仕業ではないかと・・・・!


気を取り直して、竿先に集中していますと、妙な船が岸壁に近づいてまいります。


GEDC3090.JPG


大きなショベルを搭載した浚渫船。


オイ!オイ!



人が折角良い気分で釣りをしているのに・・・・。


それからアタリはゼロ!


まっ、仕方ございません。


場所を移動して須崎の西側へ。


GEDC3091.JPG


1ヒロぐらいで小メバル君が釣れ上がってきます。


その場でポイ!!


面倒なので写真撮影なしでございます。


そうしているうちに8時近くなりました。


納竿です。


この時間より、タナを3ヒロ以上に合わせて探るとセイゴ〜フッコがアタルかもしれませんが、ココで見切り千両


安近短釣り師は潔く撤収いたします。


使ったモエビは10匹ほど。90匹ぐらいは不要でした。


残りを海にばら撒いて、撤収。


海沿いは寒かったですバイ!


ルアー、エサ釣りに拘わらず、夜釣りで遅くまで釣る方はまだまだ防寒対策をしっかりと!


今日も散歩がてらの釣りになってしまいました。


8時になると辞める。


大して釣れないと、すぐに竿をたたんで辞める。




これが私の不言律の掟でございます。
































posted by ジャズフィッシュ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!