日曜日の休日、午後からやっと竿を出せました!

3月18日の今日、休日にも拘らず朝から雨がシトシト降っていました。


休みの日に雨が降ると気が滅入ります。



本日はいろいろと家事を済ませて、午後からいつでも釣りに行くことができるようにしていました。



もちろんポイント築港店に寄ってエサも買いますが、U店長にも御挨拶。



活きカナギのエサで胴付き釣りをさせてくれる船を尋ねましたが、皆無。(涙)



ならば、根魚が上手な船は?との問いには、やはり新生丸を推薦していました。



いろいろとお話をしてボウズ覚悟でアオムシを100グラム買って須崎へ。



いつもの道が右折できなくなっています!!



スロープを下って道なりに右折していたのが右折禁止になっています。




日曜日でクルマがいないので30メートルほど通り過ぎてUターン。



いつもの曲がり角を左折しました。



私が良く竿を出すポイントに釣り人が・・・・!


GEDC2998.JPG



お話をしますと、底付近で小メバルが釣れたそうです。



私が親指と人差し指で、「こんなんでしょう?」として見せますと、そのとおりといった表情。



箱崎埠頭のバナナセンターに向かうことといたしました。



既に、メバル狙いの先客が!!



しかも、かなりの腕利きと思しき老人。



GEDC2999.JPG



筏用のダゴチン竿を改造して、ソリッド穂先をつけているような竿を使っています。



只者ではございません。




案の定、小メバルを次々に釣り上げています。



この方ともいろいろとお話をいたしました。



「メバルの大きいのが釣れました?」と、私が問いかけますと、「今日はコマイのばかり・・・!」と、言ってのけ、おもむろにポケットから写真を出して、「3月3日の日に40センチ、1キロのメバルを釣ったバイ!」と、私に差し出していただきました。



見れば、メバルではなくアイナメでした。(苦笑)



40センチのメバルをバナナセンターでしかも落とし込み釣りで釣られたら、私は呆然自失に陥りすべての釣り道具を叩き折って釣りを辞めるかもしれません。(苦笑)



7〜8年狙っていても尺メバルすら釣れない有様で、40センチ?



嬉しいやら、悲しいやら、歓喜と落胆が交配する不思議な気分でした。



驚くべきことに、齢(よわい)70歳ぐらいの釣り人が、ここで釣れたとバイ!と言う位置は昨年私が39・5センチのアイナメを釣ったポイントとほぼ同じでございます。
50センチのズレもありません。



ここに毎日ウォーキングがてら来られるKさんのお話では、一昨年も同じポイントで40センチほどのアイナメを釣った方がいるとのことでした。



だとしますと、このポイントは40センチ前後の大型のアイナメが年に1匹だけ釣れるポイントと言うことになります。



不思議です。



爺様は写真を見せてくれました。



私のようにサイトを書いているわけでもないので、本当の昔ながらの写真をビニールをかぶせて持参されていました。



よほど、嬉しかったのでしょう!!



その気持ち、・・・・・・・・、なんだか・・・・分かります。



私もソコで竿を出しましたが、釣れるのはこの連中。




GEDC3000.JPGGEDC3002.JPGGEDC3001.JPG




海草の間に隠れているヤツラでございます。




面倒なので釣っては逃がし、釣っては逃がし・・・の、繰り返しで、メバルを6枚、タケノコメバルを3枚釣りました。




でも、今年に入って全く自宅に魚を持って帰っていません。




お持ち帰り出来る魚に遭遇したい昨今でございます。


































posted by ジャズフィッシュ at 21:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!