博多の釣りバカは「釣りアホ」になってしまった!

お久しぶりでございます。


雪が降ったかと思えば、今度は雨で釣りのことなどすっかり眼中にありませんでした。


更にこの時期は晴天だろうと、湾奥釣り師の私にとっては受難の季節です。


糸島や志賀島、新宮漁港まで足をのばせば、それなりのサカナが釣れるかも?しれませんが、あくまでそこいらの湾奥での釣りしかしたくありません。


年をとるとますます偏屈になりつつあります。(苦笑)



今日は久々の晴天でした。



私にはラッキーな休日。



当然、海へのお散歩なのですが、釣果など期待すべきでもございません。


まずはココへ寄ってを高めました。


GEDC2941.JPG



ゆめタウンは方の近くのタックルベリーです。


中古のがまかつのインテッサなどを扱い散らして、小物を少し購入いたしました。


その足で築港のポイントへエサを買いに行き、アオムシを100グラム買いましたが、この時期の100グラムはかなり重荷です。


まずは、中央埠頭の先端に行きましたが、なぜかしら竿を出す気にはなれません。


GEDC2943.JPG


理由は不明ですが、釣れる気がしない!(大笑)


GEDC2942.JPG


クルマに乗って箱崎埠頭へと向かいました。


バナナ埠頭で竿を出すことといたしました。


ココもあまり釣れるような気がいたしません。


胴付き3本バリの仕掛けを付けて、際狙い。


GEDC2945.JPG



竿先にスズも付けずに車の中から竿先を凝視。



1本の竿がお辞儀しているので素早くドアを開けて竿のところに向かいアワセますと、
何ら手ごたえのない引き。



ハリについていたのはこの方。


GEDC2944.JPG


ストラップサイズのミニ・メバル


とりあえず、ビニールバケツに海水を汲んで生かしておくことにいたしました。



更にもう1匹を追加しましたが、面倒なので写真撮影なし


あたりが薄暗くなってきて、いよいよこれからか?と思いきや。


ウントモ、スントモ・・・アタリなし。


かろうじてもう1匹のメバルが勝手に釣れていました。


GEDC2947.JPG


「面白くねぇ〜!!」と、独り事を言いつつ納竿。


まっ、湾奥の不漁にあえて甘んじる覚悟は出来ていますので、グダグダ言うつもりもございません。


こんなもんでございます。


はなから貧果にうなだれたり、絶望することなどございません。



久振りに竿を出せただけでも、良かった。
















































posted by ジャズ、フィッシュ at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。