週刊現代の記事と面白いブログ

今日も雪が時折舞って寒い、寒い一日でしたね。


通勤時の地下鉄に乗る前にコンビニで「週刊現代」を購入いたしました。


内容を見て愕然とする記事がありました。


「僅か20年後に始まる一気に4000万にが消える!人口減少社会日本、コレがあなたの子と孫の未来だ」と言う内容。


骨子だけを書きますと、


* 年金ゼロ
* 医療費は全額自己負担
* 税収半減
* 学校、警察、病院、消防署は空っぽ
* 電気、ガス、水道、下水はメンテナンス不能
* 不動産は暴落
* 新幹線はたまにしか走らない
* 消費税は40%


と言う内容でした。


内容の詳細は割愛させていただきますが、どれも納得できそうな内容ばかりでした。


ロジカルでない私が読んでもロジカル。(笑)


整合性の観点からは非の打ち所なし。


更にいろいろなことが書かれていますが、興味ある方は「週刊現代」を買って読まれてください。


昼飯の時も食事をしながらずっと読んでいて、苦笑いするものを見つけました。


本にもなったこのブログ。


http://blog.goo.ne.jp/gontarou14


「飯の為ならなんでもするズラ!」というタイトル。


「捨て犬から鉄工所の警備主任になったゴン太郎の自由気ままな日常を綴った人気ブログ!!待望の書籍化!!」とありました。


untitled.bmp


タイトルだけで笑えます。


帰宅後に私も早速ブログを見ました。


「こいつがゴン太郎か〜!」などと感心、感心。


暗い話ばかりの昨今、笑えるヤツでございます。


本日週刊現代を買ったのは「ゴン太を知るための神の啓示」かも。


ところで20年後の博多湾はどうなっているのでしょうか?


皆貧しくなって釣りなんてしている場合ではなくなっているかも?


それも辛いお話です。


よしんば落とし込み釣りをしている方の傍に寄って来て、エサを落としたところに「石をドボン!!と投げ込む大バカな老人」がいるとしたら私かも知れません。(苦笑)


その時はボケてると思って勘弁しておくんなさいまし。


仕掛けの付いていないジェット天秤を投げまわっているかもしれません。


福ビルのビアホールから地上目がけて仕掛を投入しているかもしれません。


20年後など考えられません。










posted by ジャズフィッシュ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!