終活を自宅でいそしむ私でありました。

本日の休みも釣りに行かずにクローゼットの掃除をしていました。(汗)


おびただしい釣具に我ながら仰天。


ヤフオクで売っても数百回出品せねばならないぐらい色々とあります。(苦笑)


趣味・道楽とは言え、幼い頃から釣具、エサ、船賃、釣り場までの交通費、その他などを勘案するといったい今までにいくら使ってきたのだろうか?と考えると、恐ろしくなるので・・・・、


そんな「終わってしもうたこと」は考えない方が健全です。(笑)


クローゼットを掃除し終わって、過日購入した【エンディングノート】をパラパラとめくってみました。


003.JPG


大切なことをたくさん書くようになっています。


今流行の終活の本の一部を垣間見ているだけなのですが、なるほど・・・と、心を動かされました。


40代半ばを過ぎた方は、いやそれ以前でも構わないのですが、エンディングノートはおススメです。


縁起の悪いヤツだな〜!などと思うのは構いませんが、色々とハラがくくれると申しますか、何が必要で何が不要なのかを考えさせられます。


つまり、覚悟が出来ます。


覚悟が出来ますと、今後の人生は変わる、いや、変わらねばおかしいはずですよね?


クローゼットを掃除していると、かなり前に沖縄の万座ビーチホテルで買った龍の置物が出てまいりました。


とりあえず、眼鏡用のスプレーをふって綺麗にいたしました。


001.JPG



手に取ると万座ビーチホテルに泊まって、プールで泳いだことや、敷地内の階段を下りて小さな防波堤からワケのわからない熱帯魚みたいな魚を釣ったことが思い出されました。


万座ビーチホテルの入り口から左折すると、200メートルぐらいに道路の反対側に釣具屋さんがありましたが、エサは冷凍のオキアミしか売っていませんでした。


「こんな釣具屋あって言い訳がない!」と、当時は思いましたが、沖縄と言う地の利を考えますと、そうなのかもしれません。


来年の干支は辰です。


002.JPG


思い出深い置物を机に置いて、粛々と新年を迎えることといたします。


釣りの状況を皆様に提供できずに申し訳ございません。


年を重ねるにつれ、寒さが嫌になるものです。


寒さを耐えて我慢するほどの釣果も近年の博多湾では期待すべくもございません。


依然は竿の数だけカレイやアイナメが釣れ盛っていましたが、今は幻でございます。


博多湾今昔物語の生き証人としても、竿を出す気にすらなかなかなれません。


私は幼い頃から冬が大嫌いです。


動植物も死んではいないのですが、まるで死んだようです。


なので私もそのような気分になる傾向があります。
















posted by ジャズフィッシュ at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福岡近郊の釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
いつまで、嫌われるタバコ吸ってるんですか? 禁煙治療薬チャンピックスが一番安く・早く手に入ります!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。